イルミーゼ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

サン・ムーンの情報は 第七世代のWiki を参照してください。
No.314 タイプ:むし
特性:どんかん(「メロメロ」状態にならない)
   いろめがね(「いまひとつ」の時のダメージ量が2倍、つまり1/2なら等倍、1/4なら1/2になる)
入手可能ソフト:ルビー/サファイア/エメラルド/ダイヤモンド/パール/プラチナ/HG/SS
HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早 合計 特性
イルミーゼ 65 47 55 73 75 85 400 いろめがね/どんかん
バルビート 65 73 55 47 75 85 400 はっこう/むしのしらせ
メガヤンマ 86 76 86 116 56 95 515 いろめがね/かそく
モルフォン 70 65 60 90 75 90 450 いろめがね/りんぷん

ばつぐん(4倍) ---
ばつぐん(2倍) ほのお/ひこう/いわ
いまひとつ(1/2) くさ/かくとう/じめん
いまひとつ(1/4) ---
こうかなし ---

泣けるほど低い種族値。

特性は色眼鏡。同じ色眼鏡のメガヤンマ、モルフォンとは別の使い道を見つけ出せるか。
タイプは単虫。弱点3つ、抵抗3つとそこそこ。
補助技はアンコール、ひかりのかべ、でんじは、あまえる等と中々よさげ。

特殊電気技を覚える虫はイルミーゼ・バルビート夫妻だけ。
物理電気技を覚える虫はイルミーゼ・バルビート・レディアンだけ。(かみなりパンチ)
しびれ粉を使える虫は多々あれど、電磁波を使える虫はイルミーゼ・バルビート夫妻だけ。
範囲はしびれ粉に比べて限定されるが命中100は強い。また、電磁波無効の地面は鈍足が多いため(スカーフドダイトス等もいるから過信は禁物だが)後続へのサポートという点で、地面への電磁波無効はあまり気にする必要はないかもしれない。

特攻を自力で上げられる虫はイルミーゼ(せいちょう)、バルビート(ほたるび)、パラセクト(せいちょう)、ミノマダム草(せいちょう)だけ。

アンコールが使える虫はイルミーゼ・バルビート・ツボツボ・レディアン(レディバ時のみ習得)だけ。
レディアンとイルミーゼ・バルビートは素早さの種族値が同じだが、弱点の少なさからこちらの方が有効に使えるかもしれない。

いろめがね込みの虫技と電気技で、(倒せるかどうかは別として)実質等倍を取れないのはヌケニンだけ。

こいつ種族値といい技といいプラマイに似てるな。
すばやさで劣るのが痛いが、特性を活かせるのが救いか。

技は豊富なんだが・・・
攻撃技:シャドーボール/10まんボルト/むしのさざめき/かみなり/ソーラービーム
補助技:アンコール/でんじは/はねやすめ/ひかりのかべ
使えそうな技:どろぼう/にほんばれ/あまごい/おだてる/みがわり



補助型

特性:いろめがね
性格:おくびょう
努力値:HP252 素早さ252
持ち物;オボンのみ
確定技:むしのさざめき/アンコール
選択技:とんぼがえり/ひかりのかべ/でんじは/あまえる/おだてるorいばる/ねがいごと

こいつの生き残る道。
アンコールをうまく使っていきたい。