略称集 > その他


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



数字

確1・・・・確定1発の略。ダメージ計算上、1発で確実に相手を倒せる技を指す。確2,確3も同様。又、乱数により1発で落ちるか2発で落ちるかわからない時は乱1(乱数1)。乱数1発の略。乱2や乱3も同様。乱1だが1発で落ちる可能性が高い場合は高乱数1などと表現される。高乱数2、高乱数3も同様。またその逆で低乱数1、低乱数2と表現されることもある。
130(族)抜き・・こだわりスカーフやカムラのみを利用し、素早さ種族値130のサンダース・プテラ・クロバットを抜くように調整する事。詳細はすばやさ種族値表を参照。
1F・・・・個体値31(最高)。16進数での31の表記。16進数でのデータ入力に慣れている人や、下記の32進数に抵抗がある人が用いる。
3タテ・・・自分のポケモン1匹で相手のポケモン3匹を倒すこと。主に3on3で1匹で相手を全滅させた際に用いる。
3犬・・・・ライコウ、エンテイ、スイクンの総称。
3鳥・・・・フリーザー、サンダー、ファイヤーの総称。
3on3・・・あらかじめお互い手持ちの6匹を見せ合いし、その中から戦わせる3匹を選ぶルール。
4n調整・・・みがわり3回→カムラのみ等発動のコンボ(みがカム)のために、最大HPを4の倍数に調整する事。また、ステルスロック対策として4の倍数+1(4n+1)にする方法もある。
○○(タイプ名、技名)4倍,4倍・・・そのタイプの攻撃技やその技に対して、通常の4倍のダメージを受けてしまうタイプ耐性を持っている事。
4倍弱点・・・通常の4倍のダメージを受けてしまう弱点の事。
○○(タイプ名、技名)1/4,1/4・・・そのタイプの攻撃技やその技に対して、通常の1/4倍に軽減させるタイプ耐性を持っている事。
6タテ・・・自分のポケモン1匹で相手のポケモン6匹を倒すこと。3タテと同様、主に6on6で用いられる。
6on6・・・・あらかじめお互い手持ちの6匹を見せ合い後、先発のポケモンだけを事前に決めて、6匹全員を戦闘に出すルール。
600族・・・カイリュー、バンギラス、ボーマンダ、メタグロス、ガブリアスの総称。これらの種族値の合計が600であることに由来。(なお、伝説のポケモンにも何匹か種族値合計が600のポケモンがいるが、それらを指して600族と呼ぶことはほとんどない。)

アルファベット

AT・・・・アタッカー、攻撃要員。物理AT、特殊ATという呼び方で使われる。
BT・・・・バトルタワー
DP・・・・DSのポケットモンスター ダイヤモンド・パールの略。
DPt・・・上記にプラチナを加えた略称。元はポケモンカードゲームDPtから。
FR・LG・・・GBAのポケットモンスター ファイアレッド(FR)・リーフグリーン(LG)の略。
HG・SS・・・DSのポケットモンスター ハートゴールド(HG)・ソウルシルバー(SS)の略。
XD・・・ゲームキューブの「ポケモンXD 闇の旋風ダーク・ルギア」
PBR・・・Wiiのポケモンバトルレボリューション
PT・・・・パーティ
Pt・・・・DSのポケットモンスター プラチナの略。(主に教え技の所にある)
RSE・・・GBAのポケットモンスター ルビー・サファイア・エメラルドの略。
TR(トリル、トム、トリクル)・・・トリックルーム
V(個体値)・・・個体値31(最高)。32進法で31を表すVに由来。
U(個体値)・・・個体値30 32進法で30を表すUに由来。

H・・・・HP
A・・・・攻撃
B・・・・防御
C・・・・特攻
D・・・・特防
S・・・・素早さ

その他

@・・・「もちもの」や追加効果を表す。(例:ボーマンダ@ひかりのこな、チャージビーム@特攻UP)
余談だが、PBRにて名前の先頭、もしくは最後に@をつけると対戦の撮影許可という意味合いが主に2ちゃんねるを中心にある。