エーフィ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

サン・ムーンの情報は 第七世代のWiki を参照してください。
No.196 タイプ:エスパー
特性:シンクロ:どく、まひ、やけど状態になった時、相手も同じ状態にする(ただし、どくどくだまやかえんだまによる発生は移せない)。
入手可能ソフト:コロシアム/XD(たいようのかけら選択時)/ダイヤモンド/パール/プラチナ/HG/SS
HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早
エーフィ 65 65 60 130 95 110
フーディン 55 50 45 135 85 120
サーナイト 68 65 65 125 115 80


ばつぐん(4倍) ---
ばつぐん(2倍) むし/ゴースト/あく
いまひとつ(1/2) かくとう/エスパー
いまひとつ(1/4) ---
こうかなし ---

ブイズの中ではとにかく特攻が高いが一致技の威力は90と並。
HPと特防以外はゲンガーと同じだが、タイプや技の関係上ゲンガーとは全く違う戦いができる。
ゲンガーは催眠がメインだが、こいつは壁が張れる。
普通のフルアタではフーディンという壁がいるため
欠伸、嘘泣き、甘える、バトンタッチ等豊富な補助技を上手く活用してフーディンとの差別化を図っていきたいところ。

プラチナでシグナルビームを習得。これで悪に一矢報いることができるが、やはりそのまま返り討ちにするのは難しい。
というか悪の1/3位が虫等倍なので交代読みで撃っても全然倒しきれない場合の方が多い。無いよりマシだが。
悪にも打てるようになった代わりに威力の下がったシャドボ、くらいに思っておくのが良いだろう。(エスパーも仮想敵に持てるため)
↑たしかにダークライを除くと丁度1/3が虫等倍なんだよね
でも、悪対策として使われていためざパ格闘も弱点突けるのが2/3だから大差がない
なのでシャドボと比べるというより、めざパ格闘で対悪鋼かシグナルビームで対悪超かという選択じゃないかな
まぁ格闘は無効タイプがある点や、威力と効果、粘りやすさからシグナルビームのほうが使いやすいと思う
アタッカーにする上で、攻撃技を三つ持たせるならばサイキネシャドボに+めざパ格闘だろうか

シグナルビームの他にはトリックを習得。拘り型で一考の余地あり。
ただ、フーディンでもできる。

ちなみに非伝説エスパーでは3位の素早さ。コイツより遅いエスパーは猿が抜けない。

HGSSにて教え技でマジックコート・癒しの鈴、卵技で見切りを新たに獲得。
どれもいらないけどな・・エーフィに状態異常うってくるのはラム持ちくらいだし。
↑癒しの鈴は6on6なら使える
願い事型やバトン型に入れればサポート要素が強くなる
むしろシンクロだからこそエーフィ自体が機能停止に陥りにくく、使いやすいというのもあるかも


よく劣化フーディンと呼ばれる件について

エーフィはフーディンと比べても特攻も素早さも劣っているし、攻撃技も相手の方が優秀だ。

フーディンが使えてエーフィに使えない主な技
エナジーボール、きあいだま、チャージビーム、アンコール、カウンター、ちょうはつ他

エーフィが使えてフーディンに使えない主な技
でんこうせっか、あまえる、バトンタッチ、うそなき、ねがいごと、あくび他

フーディンに比べればエーフィは相当硬い。
ならばリフレクターや光の壁を扱うのはエーフィの方が適しているのだ。
実際、先手で壁を張れれば何とかなる場合も多い。
↑壁使うならアグノムも意識した方が良いと思うけどね。
殴りながら壁使うにしても向こうのが早くて技豊富で、粘土持たせて壁張りに専念させても壁→爆発or蜻蛉で楽に引けるからね。
総合的な耐久も殆ど同じくらい。

そしてフーディンはめいそうバトンも甘えるも使えない。
めいそうバトンなんて他でやれという奴もいるが他に使えるのはこいつら+スリーパー、ソルロック、ルナトーン等
コチラは最速のめいそうバトン使い
↑特攻無振りでも2回積めればサイキネも十分な火力になるので、状況に応じてそのまま戦えるのがいい。
めいそうバトン使いとしては申し分のないの性能だと思う。

同じ技構成ならば上位下位は存在するのは当たり前。
だからこそ、それを意識して、そのポケモンでしかやれない戦法を、
他のポケモンよりも適している戦法を取らせているんだろう。
↑でも実際わざわざ差別化して無理やり型作るよりも、劣化だろうが同じ型を使った方が良かったりもする
エーフィの場合は種族値のおかげでかならず劣化にはならないからいいってものあるけど

問題は技構成丸被りの劣化しがちな型(フルアタや居座り型)を基本形とする場合。
フルアタや積みの場合、意識しなければならないのは主にフーディン。
特にフルアタだとフーディンとの差別化が難しく
基本耐久の差(それでも低い)くらいでしか差が持てない。
また、単純な積み型や少々器用にした程度ではアグノムとの差別化も難しい。
居座り型(めいそう/あまえるorリフレクター/サイキネ/何か)では完全にラティアスに遅れをとるどころか
そもそもこの耐久とエスパータイプで居座ろうとする行為自体に欠陥があって、劣化以前の問題。
ラティアスを意識するかどうかはルール次第だがそういう話ではないように思える。
↑居座り型なんて下にないんだが……以前はあったのか?
エーフィだけの特徴としては積むだけじゃなくバトンできるという所がある。
もともと高めの火力を強化するために積んで、相手が流しにきても
先手バトンで逃げられるというのはなかなか優秀だと思うんだが。
↑特攻素早さ同じで他全種族値で負けてる上に
撃ち逃げの威力が桁違いのラティオスの方を意識した方がいいと思うが…
↑バトンで積み技が無駄にならないって話してるのになんで撃ち逃げの話になるの?
特攻種族値高いとは言え、狭い攻撃範囲&技の威力が低めなこいつで撃ち逃げなんて戦法やらないよ

基本型

性格:おくびょうorひかえめ
努力値:特攻252 素早さ252 特防6
持ち物:ラムのみ
確定技:サイコキネシス
選択攻撃技:シャドーボール/めざめるパワー(格闘)or(地面)or(炎)/くさむすび/でんこうせっか/シグナルビーム
選択補助技:めいそう/バトンタッチ/あまえる/リフレクター/うそなき

相手が
物理アタッカーの場合はリフレクターorあまえる。
特殊アタッカーの場合はめいそうで安定。
特攻種族値が130なのでサイコキネシスの威力は申し分ない。
素早さは110組で微妙なところ。
バトンタッチ型は防御がないため繋げるのに苦労するかもしれない。