※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

時宮 遅過 / ときのみや ちか


【性別】 【所属】 【所持武器】 【部活動】 【委員会】
女/貧乳 高等部1年 自作の腕時計(アナログ) 工芸部 風紀委員会
【攻撃】 【防御】 【体力】 【精神】 【FS:積極性】
17 2 7 4 0

【PS】 【評価点数】
武芸 350×2.5=875

特殊能力:スロー・ザ・タイム
効果1:通常攻撃×2
範囲+対象:同マス一人
対象付属:対象変更可能
時間:一瞬

効果2:能力休み解除
範囲+対象:自分
時間:一瞬

制約:なし

GK注:
通常の対象変更可能と違い、武芸の2回攻撃を別々の対象に割り振ることもできる。
つまり、武芸込みで4回攻撃を最大4人に割り振れる。
能力原理
周囲の時間を遅くする能力。遅くなった時間の中で彼女だけは普通に動ける。
つまり相対的に他者より早く動けるようになるのだ。

たとえ囲まれたとしても、相手に反撃の隙を与えず、連続して周囲の攻撃を仕掛ける。
発動率 成功率
80% 100%

キャラクター説明
時間操作能力者の一族時宮家の一人。風紀委員。

どことなく儚げな雰囲気の雪のような白い髪と空色の瞳を持った少女。髪はお尻まで伸びている。
ロシア帽をかぶり、ナイロールのメガネをかけている。

手先が器用で時計作りが趣味。いつか、ブレゲのマリー・アントワネットのような時計を作りたいと思っている。
身につけている腕時計は自作のもの。

同性愛者。同じ風紀委員の黒姫音遠を愛している、それを表には出さない。
むしろ、風紀委員会の活動への消極性から彼女には嫌われてるのではないかとさえ思っている。

風紀委員会のメンバーではあるが、過度の干渉を嫌う一族の方針を尊重して彼らの活動からは一歩引いていた。
だが、仲間の死や、今回の事件の手がかりを追う音遠の姿を見て、戦いに参戦することを決める。


エピソード
流血少女エピソード-時宮遅過-