※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

加藤 佐藤


【性別】 【所属】 【所持武器】 【部活動】 【委員会】
女/貧乳 1年 氷菓子のステッキ 探偵部 無所属
【攻撃】 【防御】 【体力】 【精神】 【FS:辛味】
20 1 4 3 2

【PS】 【評価点数】
慧眼 150+150=300

特殊能力:思量のコンフェイト
効果1:精神力ダメージ1軽減
タイプ: 付与型
範囲+対象:同マス味方全員
時間: 3ターン
時間付属: 1ターン遅延(時限型)
非消費制約1:術者が被害を肩代わりする(2倍)

効果2:攻撃精神入れ替え
タイプ: 付与型
範囲+対象:自分自身
時間: 3ターン
時間付属: 1ターン遅延(時限型)
消費制約:一度しかつかえない

GK補足:
発動すると自分の攻撃力と精神力を入れ替え、
発動時点で同マスにいた味方全員に、
精神ダメ1軽減のバステ付与。
効果1、2共に効果時間3ターン。1ターン遅延。
軽減したダメージの2倍の値をこのキャラクターが肩代わりする。
能力原理
●『精神力』を糖分に変え物質化する能力。
●色とりどりのこんぺいとうを作り出し、仲間がそれを摂取することで、加藤の精神力を仲間に譲ることもできる。その際、精神も共有される。
●探偵としては、余計な記憶を砂糖に込める事で一時的に忘却し、雑念を取っ払い論理立った推理をする事が可能。
●精神力を圧縮することで硬い氷砂糖を創りだすこともできる。杖状にすることで、得意な『バリツ』で敵を攻撃する。自らの精神で創りだした武器が身体になじみ、実力以上の力を発揮する。
発動率 成功率
80% 100%

キャラクター説明
●妃芽園学園探偵部所属。1年生。一人称は「わたくし」。おてんばだが、実は結構お嬢様。
●普段は精神20の鉄人。有事の際は精神を武器に変換するため、精神が脆弱になる。

●探偵なので推理格闘術『バリツ』が使える。ステッキを武器にした戦いが得意。明るくサバサバした性格。
●推理には脳に糖分が必要だと言っては、砂糖菓子を摂取する。単に甘いモノが好きなだけらしい。
●探偵特有の観察眼『慧眼』の持ち主。

●情にもろいのが欠点だが、それを補える強靭な精神力が有り、危機敵状況下であるほど冷静に対処行動できる。血や虫やその他ありとあらゆるグロいものに耐性があり、そのせいで女の子らしくないと言われるのが悩み。
●戦闘時は、武器精製によって攻撃力と引き換えに精神力が脆弱になりがちで、ちょっとした事でビクついたりショックを受ける。


エピソード
流血少女エピソード-加藤佐藤-