※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

901 名前:鬼畜系[sage] 投稿日:2006/08/17(木) 16:22:30 ID:ukhy4eYJ 漆黒の暗闇。そこでルイズは目が覚めた。 「う....ん?」 あまりよい寝覚めではない。その理由を確認し直す。 「....!」 昨日の寮への帰宅。 そこは覚えている。 記憶が暗転したのは部屋の扉を開けた時。本来なら「犬」が出迎える手はずだった筈だ。 しかし、記憶を辿れば明らかに部屋の扉を開けたときに意識が無くなっている。 これは一体....?

「漸く目覚めたかね、お前さん。」 「あんたは....」 背中から聞こえるのはあの生意気な「自称」伝説の剣の声。 視界には捉えられないが近くにいるようだ。 「全く....そんなにされて気づかないとはね...。」 「そんなに....?」 暗闇に目が慣れ、若干の視界が戻って来たようなので確認する。 天井から吊された手錠のような腕輪で拘束された手首。 両脚についている拘束具は、ルイズの股を閉じる事を許さない。 「何なの....コレ...」 「さあな。後はあんたが聞いてくれ。」 「聞くって...誰に?」 「俺だよ....。」 暗闇に新たな気配。手に持っているカンテラに火を灯すと、その正体を明らかにする。 「なんで....アンタ何してんのよ。」 「趣味の飼育。鳩を調教しにきたんだよ。ご主人様。」

902 名前:鬼畜系[sage] 投稿日:2006/08/17(木) 16:25:09 ID:ukhy4eYJ 「鳩?....調教?」 「今回は本気なんだ。立場逆転。」 「.....!」 漸く立場を理解したらしい。 あろう事か、この「犬」は下克上をねらうつもりなのだ。 今回のこの状況は、そのためのステップ。 自分をこの状況に置いた首謀者に、気丈な態度は崩すわけにはいかなかった。 「なんで私がアンタに調教されないといけないの!」 「...」 「アンタは私の犬でしょ!言うことを聞きなさい!」 「....」 「何か言いなさいよ!」 「ルイズ」 「?」 「立場?わかるだろ?」 「何を言って....痛ぁっ!」 サイトはルイズの胸に手をいれ、その桃色の突起をしっかり摘んでいる。 「わかるだろ?」 サイトがもう一度呟くと同時に、そこは引っ張られ、ギリギリと痛みを帯びる。 「痛いぃ....痛いよぅ...」 手を放すと、その乳房の延びは戻り、また平面の形を戻す。「立場。わかるよな。」 「なんでアンタ何かに....」 「そうだな。胸は飽きたし。次は....」 「!!」 「ココだな。」 いきなり、白絹の中に手を突っ込むとその中の桃色の茂みを鷲掴みにする。 「な...何考えてんの....」 「何も。それっ。」 ブチッ。 「痛ぁぁぁっ!」 「いちいちうるさい。もう一回やるぞ。」 手に絡みついた桃色の縮れ毛を見て言う。

903 名前:鬼畜系[sage] 投稿日:2006/08/17(木) 16:28:31 ID:ukhy4eYJ 「へぇ。やっぱし髪とおんなじ色なんだな....。」 「ど....どうしちゃったのよう....サイト...」 確かに、昨日までのサイトとは違う。 そもそもココはどこなのだろう。それに、周りに気づかれずルイズを気絶させた方法は? 恐らく何者かがこのバカ犬を操っている。 サイトの豹変はそれが原因である筈だ。 ルイズはそう思った。いや、それを望んでいた。

「えーと。確かこれを着ければ良かったんだよな。」 そういってパーカーのポケットから出したのは青白く輝くリングである。 指輪にするにもまだ小さな直径だが、この色は魔法がかけられたオブジェの一つなのは間違いないだろう。 「まずは...と」 ルイズは既に意気消沈していた。桃色の前髪に隠れた瞳は深い落胆を示している。 それを気にした様子もなくサイトは胸の突起の左側を摘み、軽く引っ張る。 それに反応したルイズが見たもの。それは、サイトの片手に握られる銀色の線。 「え....?」 「後は一気に....」 「ち、ちょっと!」 プツッ 「ぎゃぁぁぁ!」 桃色の突起を、 銀色の線が貫いた。 「ヒグッ....痛い....」 「出来上がりっ....と」 輝くリングはその穴に通され、輝きを増した。桃色の乳首には、リングがぶら下げれた。 「何なのよう....コレ....」 「ある意味....エンゲージリング。」 「....ひどい....」