※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

429 名前:1/4[sage] 投稿日:2007/02/11(日) 16:26:41 ID:3kP3mLCP  緊迫した空気の中、マリコルヌとギーシュは無言で睨みあっていた。 「ギーシュ、引いてくれ……頼む」 「いいや、マリコルヌ。そんな事は出来ない」  何度か繰り返された決して交わることの無い議論。

「ならば……決闘だ」 「ああ……そうだね」

 元よりそのつもりだった二人は、手早く杖を懐から取り出すと詠唱を始める。

「『ワルキューレ』!」  ギーシュのゴーレムがマリコルヌに迫るが、マリコルヌは動じる様子も無く詠唱を続けた。 「ゴーレムは確かに優秀だね、ギーシュ……だけど、メイジの相手にはっ」  勝利を確信していたギーシュの姿が霞み、一瞬の後に宿の壁に勢いよく叩きつけられていた。  一切ワルキューレを相手にせず、ギーシュのみを狙った一撃だった。    ギーシュと共に動きの止まったワルキューレの間を抜け、マリコルヌがギーシュを見下ろしながら杖を振り上げた。 「ギーシュ……僕の勝ちだ」  勝利を確信していたマリコルヌが、何かに気付き慌てて詠唱を始める。 「遅いよ、マリコルヌ」  ギーシュが目を開くと、ワルキューレ達が一斉に動き出した。  対するマリコルヌも、普段の数倍のスピードで魔法を織り上げていた。

「「これでっ……終わりだぁぁ」」

 後に残ったのは、気絶したドットメイジ二人だった。

430 名前:2/4[sage] 投稿日:2007/02/11(日) 16:27:14 ID:3kP3mLCP 「……なんでこーなるのよ?」  モンモランシーは呆然と倒れた二人を見つめていた。 「ちょっと……頼み事しただけなのに」

 注意深く耳を傾ければ、気絶したままのギーシュとマリコルヌが、 「「手取り、足取り、腰取り……」」  と、壊れたように呟いているのが分かった。

「なにこれ?」  物音を聞きつけて、ルイズが宿屋から飛び出してきた。 「何で二人が倒れてるの? 何か有ったのモンモランシー?」  とても言いづらくは有ったが、モンモランシーが重い口を開いた。

「折角の宿だから……タバサのお母さんをお風呂に入れてあげようと思ったんだけど……  持ち上げたりするの大変だから、男の子の手を借りようと思ったのよ」  そう、ギーシュとマリコルヌはどちらが手伝うか?  その座を賭けて戦っていたのだ。

 色々早熟なオルレアン公の妻は、十六歳のタバサが居るのに未だ二十台だった。

「水着だって着せるのに、何でここまで熾烈に戦ったのかしら?」  既婚とはいえ年上のおねえさんとのお風呂! を逃す気の無いマリコルヌと、  おまけ付きとはいえモンモランシーとお風呂! を譲れないギーシュ。  モンモランシーには理解できなかったが、必死になるには十分な理由。

「……馬鹿よね?」  ばっさりと切り捨てるルイズと、 「馬鹿ねー」  躊躇無く納得するモンモランシー

 哀れな二人の上を、冷たい風が通り過ぎた。

「あんな、おばさんのっ……」  ガスッ!  そこまで言ったルイズの後頭部を、大きな杖が直撃する。  タバサだった。 「母さまの悪口?」 「……確認する前に殴ってたじゃない」 「きゅう」  妙な声を出して、ルイズはその場で気絶していた。

431 名前:3/4[sage] 投稿日:2007/02/11(日) 16:27:46 ID:3kP3mLCP 「あーもうっ、どんどん人手が減っていくわねー、タバサあんた手伝いなさいよ」  もう誰でもいい、そう思ったモンモランシーがタバサの手を掴むが、 「無理……、母さまに近寄れない」  実の娘を見ると取り乱すため、側に居るのにタバサはまったく近寄れなかった。 「あ……、ごめん」 「いい」  寂しそうに笑うタバサが、事あるごとに母親の居る部屋を見つめていることを知っているモンモランシーは、  自分の迂闊な一言が気になって、何も言えなくなった。

 しばらくの間、気まずい沈黙が辺りを満たす。

 宿の中から聞こえる足音を、飼い猫のように敏感に察したタバサが、  慌ててモンモランシーの陰に隠れた。  小柄なタバサなら、すっかり隠れることも出来そうだが、微妙な位置で自分がそこに居ることを主張していた。 「あれ? 何事?」  いつまでも戻ってこないルイズを気にして表に出てきたサイトは、  点々と転がる友人達を不思議そうに眺めている。

 そんなサイトを見てモンモランシーが気付いた。 「あんたで良いわ」 「は?」  ルイズが聞くとうるさいと思って声を掛けなかったが、ルイズが気絶している今気にする必要も無い。 「ちょ〜っと、手を借りたいんだけど?」

 自分の母親の話にモジモジするタバサと背中に感じながら、モンモランシーはサイトに説明を済ませた。

「で、どう?」 「んー、いいよ」  簡単な返事が返ってきた時、モンモランシーの服の裾が、タバサによって握りしめられる。 「おねがい」  おずおずとサイトの前に立ったタバサが、ペコリと頭を下げた。  その場に居る誰も気が付かなかったが、伏せられた顔は赤く染まっていた。

「ちょっとは興味有るし、いいよ」 「……あんたまでか?」  苦りきったモンモランシーに、サイトが補足した。

「未来予想図に、ちょっと興味有るし」

 サイトの視線が注がれていたのは、タバサの胸元。

「っっ……ん……」

 視線に気付いたタバサが、自分より大きい杖を振り上げて……当たると痛そうな杖を捨てる。

 モンモランシーとサイトが見つめる中、タバサは緩く握ったコブシで、ポカポカとサイトを叩き始めた。 「ちょっ……タバサっ、ごめんっ、ごめんって」 「……っ…………」  可愛らしい……だが男の子には回避不能の攻撃は、サイトが逃げ出しても止まる事は無かった。

432 名前:4/4[sage] 投稿日:2007/02/11(日) 16:28:31 ID:3kP3mLCP 「……どーすんのよ?」  一人乗り残されたモンモランシーは途方に暮れていた。

「きゅい?」 「あーもう、あんたでいいわ、手伝いなさい」  たまたま通りかかったシルフィードに説明して、引っ張っていこうとするが、 「魔法使っちゃだめなの、だめなの? きゅいきゅい」 「あ」

 倒れている三人をこそこそと手当てしたモンモランシーが逃げるように立ち去った。