※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

559 名前:1/8[sage] 投稿日:2007/02/16(金) 03:13:26 ID:KAnTPUI4  些細な変化に気がついたのはキュルケだけだった。  少しづつ笑うようになっていたタバサが、昨日から少し塞いでいる。

 誰も気付かない変化。  それでもキュルケに目にはタバサの変化が見て取れた。 「どうしたのよ?」 「?」  キュルケを見つめ返す瞳に誤魔化す色は無い。  本人も気付いていないようだ。

 それでも昨日から確かにタバサの様子はおかしい。 「昨日何か有った?」  そこまで聞くと、はっとした様子でタバサはうつむく。  『何か』は有ったらしいが、態度に出ている自覚が無かったのだろう。  浅く唇をかみ締め、何かに耐えるように、 「なんでもない」  それだけしか答えない。

   触れると壊れそうに見えるタバサを、キュルケはそれ以上問い詰めることが出来なかった。

560 名前:2/8[sage] 投稿日:2007/02/16(金) 03:14:02 ID:KAnTPUI4  キュルケは鋭い。  自分でも気付いてなかったのに。

 考えないようにしようと思っても、自覚したら止まらなくなる。

 綺麗だったな。

 目を閉じて思い出す。  着替えやお風呂、皆で一緒に行動していると、ふとした機会に目に付いてしまう。

 いつもなら気にすることの無い、ほんの些細な事。  

 どうしてだろう?  あの人はルイズが一番大切。  そう思うと、自分とルイズを比べずにはいられない。

 小さな胸も柔らかい身体も、キュルケに劣っていても気にならないのに。    母さまの為に、父さまの敵を討つために。  何度も何度も戦って、傷ついても、馬鹿にされても平気だったのに。

 怪我なんか平気。  痛いのなんて怖くない。

 そう……思っていたのに。  あちらこちらにうっすらと残る傷跡に、自分がこんなに傷つくとは思わなかった。

 大事に大事に守られてきたに違いないルイズの傷一つ無い身体。  誰がそれを守ったのか考える。

 わたしはわたし

 分かってるのに。  比べても意味なんて無いのに。

 ふと気がつくと、自分とルイズの違いを必死に考えている。

「こんな事……考えちゃダメ」  貴族の地位を捨ててまで、こんな地の果てまでわたしを助けに来てくれたのに。

 あの人がルイズに優しくしているのを見るたびに、  ルイズがあの人を目で追うたびに、  大切に守られているのを思い知らされるたびに、

 わたしの心が軋みを上げる。

561 名前:3/8[sage] 投稿日:2007/02/16(金) 03:14:36 ID:KAnTPUI4  迷走を始めるわたしの心は、キュルケにさえ牙をむく。    ずっと前に、キュルケはあの人を追いかけていた。  大きな胸を見せ付けて、あの人も嬉しそうだった。

『……ふん、あんた、きちんと食べてるの?』  意地悪な従兄妹の声が脳裏に響いて、聞いたときには平気だった言葉に思わず耳を塞いでしまう。

 ペタペタな自分の身体。  ルイズだって、少しは有るのに。

 キュルケを見ていたあの人の嬉しそうな顔。    今は別の人が好きなくせに…… 「ち……が……ぅ……こんなの……ダメ」  ごめんね。ごめんねキュルケ。

 綺麗なルイズ。  優しいキュルケ。

 ……大切な……あの人。

 考えちゃダメ、考えちゃダメ。  なにも辛い事なんか無い。

 そう……おも……

『ほんとにガーゴイルみたいな子ね』 「っ……!」  昔かけられた言葉がわたしの心をまた穿つ。

 ルイズみたいに、キュルケみたいに……  笑えないわたしを、あの人は……つまらない子だって……

 思ってるのかな?

 平気な筈なのに。  こんなの……どうって事無い……その筈なのに。

 ひとりになりたい……  そう思ったタバサはとぼとぼと歩き出した。

562 名前:4/8[sage] 投稿日:2007/02/16(金) 03:15:12 ID:KAnTPUI4 「お? どうしたんだタバサ」    ……会いたくて……会いたくない人。  わたしの勇者さま。

「なんでもない」  うれしい。

 気にしてくれてるんだ。  それだけで……いい。

「うそつけ、なんでも無いって顔じゃないぞ? また一人で無茶する気じゃないだろうな?」 「……顔?」  わたしの顔?  キュルケなら……ともかく。

「どこか痛いのか?」  ……胸が……痛い……よ? 「しんどそうだぞ?」 「平気」  視線から逃れるように顔を伏せる。  嬉しい。嬉しいの。どうしよう。顔……笑ってないかな?

 気にしてくれた。  気付いてくれた。

 喜んでいるわたしの頭に、ポンって大きな手が乗せられて、髪をくしゃって撫でてくれた。 「ならいいけど……何か有ったら言えよ? 追いかけるのも大変なんだから」 「ごめんなさい」  エルフと戦ってこの人は怪我をした。  わたしのせいだ。

「いや、いいけどさ。可愛い子追い掛けるのも悪くないし」  え……と? 「可愛い?」

 ……どうしよう……幸せ。

563 名前:5/8[sage] 投稿日:2007/02/16(金) 03:15:52 ID:KAnTPUI4  なんでここで目を丸くするんだ?  歯の浮きそうな言葉はギーシュに任せた方が良かったかな?  少し照れながらサイトは冷や汗をかいていた。

「……あー、似合わないこと言ったかな?」  笑ってるのか?  俯いたままフルフルと首を振るタバサの表情が、非常に気になる。

 無言でしゃがみ込むと、勢い良く顔をそらされた……  軽くショックだ。 「わ、笑ってる?」 「違う」

 ……なら何で顔そらすかな?

 なんかルイズに怒られるのより、タバサ……ってか小さい子に避けられるのって…… 「……ショックだ……」  廊下の隅っこで丸くなると、タバサがパタパタ近寄ってくれる。

「笑ってない」  真面目な顔で俺を見つめるタバサが、ちょっと困ってるのが分かる。

 タバサなんだか俺に表情隠すの苦手っぽいな。男に慣れてないのかな?

「はいはい、もーいいですよ。可愛いとかもう言わないから」 「……うん……可愛くないから」

 は? それは……ちょっとまて。 「いや、タバサ可愛いだろ?」 「可愛くない」

 ……強情な。

「可愛い!!」 「か、可愛くない」

 こ、このっ…… 「ほーら、ちっちゃくて、白くて、お人形さんみたいっ!! おおきいお兄さん垂涎!!  これが可愛くなきゃ何がかわいいのかっ?」

 あ、フリーズした。 「か……か、わいくな……い」  おぉ、真っ赤なタバサ。レアだ。  嬉しくなって眺めていると、もそもそと腕まくりを始めた。

564 名前:6/8[sage] 投稿日:2007/02/16(金) 03:16:27 ID:KAnTPUI4 「こことか」  なんだ? 「なに?」  無言でタバサの指先を見る。  きめの細かい肌にちょっと、ドキドキ。  って、小さい子相手にへんたいさんが俺は。  ……そんなに歳は離れてないはずなのに、妙に罪悪感があるな。

 緊張しながら目を凝らすと……うっすらと…… 「けがの痕?」  あるのか無いのか分からないような……  でも、正解だったらしく、コクリと頷くタバサ。

「ん〜? 気にするほどの事か?」  まぁ、地球に居た頃からだけど女の子が気にすることはよく分からない。  多分本人には重要なんだろう。

「……ここも」 「って……ス、ストップ!! ストップ、タバサっ!!」  今度は上着を脱ぎ捨てる。    だ、誰かに見つかったらっっ!!

「ここにも……これも……」  なんだか泣きそうな顔で、あちこち指差してるけど……  俺にはわかりません。

 さて、ここで問題です。  目の前で美少女が自らストリップ。  自分のあちこちを指差して『見ろ』と……

「あぁぁぁぁ、もうっ、気にするほどの事じゃないだろうがっ、  良いからコレ着ろぉぉぉ」

 っ……スゲー惜しい気もするけど……理性が勝ちましたよ皆さん。

「……きに……しない?」  上目遣いに恐る恐る俺を見上げるタバサは、正直やたらと可愛く見えた。 「あ、あぁ……良く分からないし……」  少し躊躇。  ……でも……言った方がいい気がする。

「綺麗だったし……何か言う奴が居たら俺が怒るよ」

565 名前:7/8[sage] 投稿日:2007/02/16(金) 03:17:48 ID:KAnTPUI4  どう……しよう。 「サ……イト……」  うれしくて、つい……名前を呼んでしまう。  我慢してたのに。  この人の事を考えるだけで、  サイトの名前を想うだけで、    こんなに優しい気持ちになれる。

 わたしの奥の方で何かスイッチが入る。 「サイト……」 「お、おう」

 サイト……サイト……サイト……  赤くなって可愛い。  エルフに負けないくらい強いのに、こんなに優しい。

 サイトはルイズの大切な人だから。 「我慢……してたのに」 「は?」

 少しづつで良いから…… 「お話」 「……え?」  ん、びっくりした顔も…… 「して」

 もうすこし……わがままに成ろう。

「えーと、な、何……喋る?」

 大好きな人の側で、  大好きな人の声で、

 ……母さま、シャルロットは今楽しいです。

566 名前:8/8[sage] 投稿日:2007/02/16(金) 03:18:23 ID:KAnTPUI4 「ちょっ、キュルケ……落ち着きなさいってばっ」  物陰でモンモランシーが、必死にキュルケを取り押さえていた。

「タバサァァ、安売りしすぎっ!! だめよぉぉ」 「あんたが、けしかけたんでしょうがっ」

 元気の無いタバサの様子を確かめろ……  サイトにそう指示したキュルケは、物陰でずっと様子を伺っていた。

「あぁぁぁぁ、あの子ならもっと良い人がっ」 「……どこの保護者よ、あんた」  偶然行き会ったとはいえ、自分が立ち会ってよかった。  モンモランシーは胸を撫で下ろしていた。 「……何回飛び出そうとしてるのよ?」 「タバサぁぁぁぁ」

 号泣するキュルケの気をそらす為、 「キュルケ……ギーシュを探すわよ?」 「そんな暇ないわよ、監視しないとっ!!」  顔に『手を出したら殺す』って書いてあるのが読めた。

「いいからっ、どばどばミミズでも採るわよ」 「なんでよぅ?」  笑うタバサから視線逸らさずに答えるキュルケに、モンモランシーが答えた。

「美容液が欲しいのよ……間違って沢山作っちゃったら、分けてあげるわよ?」  ふ、と何かに気付いたキュルケがモンモランシーに向き直る。

「3人分?」 「間違ってそれくらい作っちゃうかもね? 肌もつるっつるになるような効果抜群の薬」  クラスメイトの可愛い想いを応援するつもりのモンモランシーと、  タバサに喜んで貰いたいキュルケは、

 ギーシュと言う名の生贄を探し……

 この日ギーシュは休む事無く働かされた。