※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

605 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2007/03/14(水) 18:56:22 ID:6TGX8Ax8 サイト「ああ〜〜」 ルイズ「ちょっと!変な声出さないでよねッ!かかか、勘違いされたらどど、どうすんのよッ」 もみもみ 何故かルイズが俺をマッサージしてくれている。 もちろん性的な意味で。ではなく、普通のマッサージだが。 ルイズ「ずいぶん凝ってるわね〜」 サイト「毎日誰かさんのパンツを洗ってるせいだな」 ごき サイト「ぐあああッ!!!!」 ルイズ「せせ、せっかくご主人様がマッサージしてあげてるのにッなんて言いぐさよッ!!」 ごきき サイト「いぎぃ」 ルイズ「そんな犬には罰を与えるわ」 (ま、まさか・・・またご飯抜き・・・?) ルイズ「ば、罰として、ごごご主人様にマッサージをすることッ」 サイト「へ?」

606 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2007/03/14(水) 18:57:12 ID:6TGX8Ax8 サイト「ま、マッサージって」 言うやいなや、ルイズはベッドに寝ころんでしまった。 ルイズ「は、早くしなさいよ」 ベッドでマッサージ・・・ま、まさか・・・そっちのマッサージをご所望か! サイト「よよよ、喜んでえ〜〜!!」 居酒屋の店員が如き雄叫びを上げ、俺はルイズの上に飛びかかった。 ルイズ「あぐ。ちょ、ちょっと犬!何してんのよお!!」 サイト「マッサージだよ。ほら」 そう言いながら、ルイズの平たい胸に手を伸ばす。

607 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2007/03/14(水) 19:06:19 ID:6TGX8Ax8 ルイズ「ちょッ犬っ」 こりこり サイト「ずいぶん凝ってますね〜ご主人様あ。カチカチじゃないですかあ〜」 せっかく俺が凝りをほぐしてあげようと思っても、揉めば揉むほど硬くなってしまふ。 サイト「ふーむ困った」 ルイズ「いいい、いい加減にッはぐぅッ!」 サイト「乳首だけじゃなくて身体全体が凝ってるようですな。どんどん背中が反ってきてる」 ルイズ「それはッ・・・あんたがッ・・・あんッ」 フヒヒ。面白くなってきた。さあて、そろそろ下のほうに・・・って サイト「る、ルイズ何やってんだよ」 ルイズ「あんたも・・・カチンコチンに凝ってるじゃない・・・」 ルイズが俺のナニを足で挟み込んでいた。

608 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2007/03/14(水) 19:14:52 ID:6TGX8Ax8 ルイズ「ごご主人様がほぐしてあげるんだからッ、感謝しなさい!」 そう言うとルイズは足先で俺の何を擦ってきた。 サイト「あッ・・・ルイズッ・・・ハァハァそれ、刺激強すぎッ・・・」 どぴゅ 結局、瞬く間に逝かされてしまう俺。 それを見て、ルイズが勝ち誇ったように笑う。 ルイズ「どうやらマッサージは私のほうが上手かったみたいねッ」 サイト「いや・・・まだ凝ってるみたいだ・・・」 ルイズ「へ?」 言って、ルイズの両足を持ち上げる。 ルイズ「きゃッちょっとサイト!」 サイト「だから・・・」 サイト「今度はルイズの中で、ほぐしてほしいなあ」 ルイズ「う〜」

おわり なんじゃこりゃ