※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

382 :室内留学 ◆yJjGBLHXE6 :2007/06/11(月) 17:31:15 ID:uHH+G4ua  …コンコン。  ルイズもシエスタもいない少々寂しくも感じられる部屋で、才人がぼっとしていると 急に部屋の木製のドアがノックされた。 「はいはい、開いてるよっと」  なんだろうと思い声をかけてみるが、ノックされたきり全く反応が無い。 「……………?」  流石に才人も不振に思ったのか訝しげな顔をして、ゆっくりとドアに近づく。  が、すぐに向こうにいる相手が分かった。 「…わたし」 「あぁ、なんだタバサか」  才人は顔から険の表情を消すと、すぐにドアを開けてやる。  すると、やはり廊下には才人の口元まで届くかどうか、というほどの身長しかない女の 子、タバサが立っていた。  相変わらずのスッとした身体のラインとさらさらの青い髪、そしてふわっとした女の子 独特の香りに才人は少しドキッとする。  何より、先日の出来事が才人の中のタバサのイメージを少なからず変化させていた。

「どうしたんだ? 今はルイズもシエスタもいないけど…」  才人が何気なさを装い、問いかけるとタバサはマントの中から数冊の本を取りだした。 「これ」 「ん? 本?」 「この前の続き」  それだけを言うとタバサはスタスタとルイズの部屋へと入っていく。  そして、手に持っていた本を机の上に置くと、いすに座って才人の方を向いた。 「座って」 「いやでも、俺も結構読めるように…」 「だめ、まだ半分ぐらいしか教えてない」  才人は何かを言おうと口を開いたが、有無を言わせないタバサの圧力を感じて二の句を 継げないでいた。  あ〜。 と何かを言おうとする才人と黙って才人を見つめるタバサとの間にシン、とした 空気が流れる。 「……わかったよ」  好意で来てくれてるんだしな。 と才人はいつも通りにタバサの横に座る。 「それじゃあ、まずはこれ」  座ったのを確認すると、タバサは一番上にあった薄めの本を開いた。  そうして、タバサの授業が始まった。

383 :室内留学 ◆yJjGBLHXE6 :2007/06/11(月) 17:32:07 ID:uHH+G4ua

 …。  ……。  ………。 「…によるものである。 っとこんな感じか?」 「うん、これはもう大丈夫」  一時間半ほどをかけて二人は二冊を読破していた。  以前に比べて明らかに才人の読むペースは速くなっている。 「じゃあ、これ」 「へいへい… えっと?『女主人のいけな…』」  バタンッ。  才人がタイトルを読もうとすると、タバサがバッと本をひったくってページを開く。 「ここから読む」 「あ、でもその前にタイトルを…」 「必要ない」  それきり黙りこむと、タバサはずいっと本を才人の方へと押しやる。 「早く…読む」

384 :室内留学 ◆yJjGBLHXE6 :2007/06/11(月) 17:33:08 ID:uHH+G4ua 「…………………………」  え? なに? なんですかこれ?  才人は広げられた本を前にして硬直していた。 「……えっと…」 「―――っ!!」  どういうことかタバサに尋ねようとしたら、タバサはビクッと身体を震わせる。  タバサは先ほどからうつむいたまま顔を上げようとしない。  よくよく顔を覗き込んでみると、いつもの白い顔とはうって変わって真っ赤になってい た。  やっぱり、これは…『アレ』だよなぁ…。  才人の前には一部で大人気の女主人シリーズの一冊が開かれていた。  ある程度、文字が読めるようになっている才人はその内容がはっきりと分かっている。  これをどうしろというのだ。と才人は半ばパニックのまま固まっているのだった。 「……づき」 「…え?」  独り言のような小ささで呟かれた言葉に、思わず才人は聞き返した。  そして、この時、聞き取ろうと顔を寄せたのがいけなかった。 「この前の…続き…」 「――――――!?」  タバサが才人の唇に自分のそれを重ね合わせたのだ。  それはぎゅっと押し付けてすぐに離すだけの軽いキス。  実際には数秒だったのだが、才人には何分、何時間もの長さに感じられた。 「お願いが…ある…」

385 :室内留学 ◆yJjGBLHXE6 :2007/06/11(月) 17:33:52 ID:uHH+G4ua  タバサが出してきた『お願い』とは、「女主人ごっこ」だった。 「サイトがそれを読む…で、私が…」 「わたしが?」 「…その通りに行動する」  そう言うとタバサは机の下に潜り込んでしまう。 「ちょ、タバサ?!」  才人は、落ち着け。と反論しようとしたが、タバサの潤んだ瞳に見つめられて、何も言 えなくなってしまった。 「…いや?」 「え?」  じっと見つめ上げていたタバサが、もぞもぞと机の下から才人の方へと這い出してきた。 「サイトは、こういうの…いや?」  嫌なわけが、あぁありまっっせぇぇええんん!!!  ですが! 友達同士でこういう事するのはアレなワケでしてっ。  本の内容って言ったら当然ナニをするわけでありましてっ。  そもそもご主人様が帰ってきたら…。  と、才人が脳みそをフル回転させていると、タバサがぎゅっと抱きついてきた。 「私は…サイトと、こういう事…したい」  才人の頭の中で、今何かが切れた…。

 と、いうわけで… 「んっ…サイト…おっき…ん、じゅぷ、ちゅっ…ふあ」 「お、女主人、はっ、くうっ…み、みだ、みだ、淫らに舌でっ、おうっ」  才人がいすに座って本を読み、タバサが下に潜って才人の竿竹を口に含んでいる。  才人は実際に与えられる刺激と、朗読する、という五感に直接働きかける行為のせいで、 既に限界ギリギリまで達しかけていた。  只、はたから見るとエロ本を朗読するただのへんたいにしか見えないのだが…。  既に才人にはそこまで考えられる余裕は無くなっていた。 「ご、ごめっ、タバサ…そろそろ、ヤバイ」 「れほう?」  タバサは才人のモノおを咥えたままもごもごと喋る。  それが更なる刺激となり、才人はこくこくと頷くことしかできなくなる。  それを見つめていたタバサも頷くと本を無視してペースを速めた。

「んっ、ちゅっ、じゃあ…出して、いい」  止めとばかりにタバサは才人を強く吸い込む。 「う、うああぁああ!! ご、ごめん、も、もうっ!」  才人はおもむろにタバサの頭を掴むと、ぎゅっと腰に押し付けた。  そして、電気が通ったように痙攣すると、タバサの小さい空洞にどくどくと白濁液を放 出していった。

386 :室内留学 ◆yJjGBLHXE6 :2007/06/11(月) 17:34:36 ID:uHH+G4ua

「――っ! …っはぁっ、はぁっ…タ、タバサ、大丈夫か?」  タバサはしばらく才人を咥えていたが、やがてゆっくりと口から引き抜いていった。  完全に離れるとタバサの口と才人の先端にてらてらとした白い橋がかかった。 「…んんっ…ん、こくっ、んんっ…ふうっ……大丈夫」  ぐしぐしとタバサは自分のマントで口を拭う。  拭き終わるとするすると机の下から出て才人の上に馬乗りになるように座った。  それはちょうど向かい合うような向きになった。  タバサは才人をぎゅっと抱きしめるとぼそぼそと耳打ちする。 「もっと…サイトと…いろいろ…してみたい…」  それを聞くと、才人はタバサをお姫様抱っこしてベッドへと瞬間移動した。 「タ、タバサっ!」 「サイト…」  こうして、タバサの指導は第二ラウンドに入った…

 ただ二人ともここがルイズの部屋だってこと忘れてるわけで…。  出かけてるだけってことは、帰ってくるわけで…。  そんな中で二人でベッドの中に裸でいるって言うのは… 「ご、ごごご、ご、ご、ご主人様のベッドの上で…な、なな、何してんのよバカ犬ぅぅぅ うう!!」 「ま、待てルイズっ!! こ、これは…」 「 問 答 無 用ぉ〜〜〜!!!」 「ぐへぁあああやyうぇうふぁいpbヴぁっっ……あ」  …こうなるわけで…。

「…サイト…可哀想」  あれ? タバサさん?                             <おしまい>