※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

534 :名無しさん@ピンキー:2007/07/25(水) 00:51:14 ID:IQdtDOXC …時々不安になるの。犬、犬って皆の前で馬鹿にしてるのに、サイトは怒らない。謝らなきゃ…なんて思ってるのに。私はロクにサイトに謝った事が無かった。 貴族の誇り、貴族の風格、そう易々と、それも使い魔なんかに謝れる筈ないじゃない。私の名誉の為に…サイトは…

「犬!何してるのよ!」 「私の側に居ないなんて、とんだ使い魔だわ!」 「もう少し立場をわきまえなさい。アンタの出番はな・い・の・よ」

元々この世界の人間じゃなかったんだから、あの時に怒っても不思議じゃないのに…苦笑いして、さっとその場を離れてくれたりした。

「わかった…」

こう言って、その後私の見えない所で落ち込んで。 私もサイトも、心を傷付けてる。原因は私なのに、サイトも傷付く。

だから埋め合わせは…私から。 部屋に帰って、二人きりになってから色々お礼をするの。言葉遣いは変わって無いけど…

「…今日も良く耐えたわね」 「慣れたよ。それに貴族様だしな」 「…あんまり言わないでよ。私だって…本当は…」 「わかってるから。気にすんなって」

ここまで尽くしてくれると抱き締めたくなる。それを止める理由も無いから…私はサイトを抱き締めてやる。 「これでもう少し胸が大きかったら…」 「うるさいわね」 これ位は言ってくれないと張り合いが無い。

「ご褒美。なにがいい?」 「えーっと…」 結局この後は好きなだけキスして、指とか絡めて、私の頭がぼーっとして…

私はブラウスのボタンを外す。 今日はサイト、頑張ってたから。 私は沢山ご褒美をあげる事にした。一番とびっきりのご褒美を。

「あ、あげるわよ?…でも」 「ルイズ」 「…」 「好き。可愛い…俺のご主人様…」

「…うん。優しくしなさい…よね」

ルイズ甘ふっか(ry