※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

174 名前: 名無しさん@ピンキー [sage] 投稿日: 2007/09/05(水) 23:40:06 ID:1dr58efj 「ここってさ、ハルケギニアだよな」

あの胸みたいな何かとそれを取り巻く周囲のゴタゴタが片付き、ここしばらくご無沙汰な「部屋で二人っきり」の状況にご満悦なルイズだったが、 椅子に腰掛けた才人は何やら思案顔。 ようやく顔をあげて何を言い出すかと思えば、これである。

「ボケるには早いわよ、犬」 「いや俺さ、ハルケギニアってどっかで聞いたことあると思ってたんだよ」

何を言ってるのかしらこのバカ犬は……

「だからそれは、」 「俺の世界でさ」 「は?」 「でもどっか微妙に違うなってずっと思ってたんだ。そーだそーだ、『ハルキゲニア』だ!」

椅子から立ち上がり何やら納得した様子で犬が叫んでるが、まったく理解不能。 かろうじてわかるのは、

「えと……サイトの世界で、『ハルケギニア』って言葉があるってこと?」 「『ハルキゲニア』、だけどな」 「本当!?」

なんとなく、彼の世界にその単語があるのが嬉しかった。

「何ていう意味?」 「意味ってゆーか、名前なんだ、生物の」 「へぇ、大層な生物もいたもんね……」

少しばかりの違いはあれど、自分達の世界の名を冠する生物だ。おそらくは神獣に位置するような存在なのだろう。 175 名前: 名無しさん@ピンキー [sage] 投稿日: 2007/09/05(水) 23:41:06 ID:1dr58efj 「どんな生物なの?」 「あー、口で説明するのは実に難しいな。ちょっと待ってろ、絵を描く」

口で説明するのが難しいとはどういうことだろうか。1分も経たない内に才人が

「出来た! これが『ハルキゲニア』だっ!!」 「随分早いわね……って、は? え? 何コレ?」 「いやぁ俺、勉強はからっきしだったんだけどさ、生物だけは割りと好きだったんだ。で、教科書とか資料集とか眺めてたら大古の生物って欄にこいつがいてさ、やけにインスピレーションが(ry」

ドラゴンやら何やら、とにかく見ただけで神性を感じるような生物を期待してたルイズは、もう全力で脳が停止していた。犬が熱のこもった目で何か言ってるが、まったく頭に入らない。 そもそも、生物? ハァ? みたいな。なんかトゲトゲしてウネウネしてるそれは、サイトの世界にいるらしい。OK、ここまでは理解した。 「……あんたってさ……前にドラゴンとかサラマンダーなんか見たことないって言ってたわよね……」 「ああ、そもそもそんなヤツらは俺の世界じゃおとぎ話の中でしか出てこないっての」

私的にはそんな気色悪い生物、おとぎ話の中でだって見たことないっての……。

「サイトの世界じゃそんなのがいっぱいいるの……?」 「いや、さすがに俺がいた時代にはこんなファンタスティックでファナティックな生き物はいないよ」 「どういうこと?」 「今言ったろ、それは俺が生きてた時代……いや、死んでねぇよ俺。ああつまりだ、俺の世界の遥か昔の時代、まだ人間なんかがいなかった時代に住んでた生き物なんだ」

またルイズの脳が停まる。なんかさっきよりも酷い。 176 名前: 名無しさん@ピンキー [sage] 投稿日: 2007/09/05(水) 23:42:12 ID:1dr58efj 「……人間がいなかった時代? サイトの世界にはそんな時代があるの?」

今度は才人が固まる番である。

「……つかぬことをお聞きしますがルイズさん……人間はどうやって生まれたのでしょう……?」

ルイズは数秒聞かれた事の意味を頭の中で咀嚼し(ここら辺でよく分からないフィルターがかかった)、段々首元から赤くなって、てっぺんで爆発した。

「なななななななななっ、何て事言わそうとするのよ!! このバカ犬!!」 「おちちゅ、落ち着けルイズ!! 多分物凄く勘違いしてる!! 人間って生き物はどうやって生まれたかってことだよ!!」 「そんなの神様が創ったからに決まってんじゃない!!」

まぁ、ある程度は予想してましたけどね。あんまりはっきり言うもんだからこっちではそうなのかな? とか思っちゃったじゃんか。 「それは――」

違う、と言いかけたところで才人は急ブレーキ。 知らぬが仏と言うよりは言わぬが花と言ったところか。いつの時代も異端は弾かれる。それは世界が違っても同じ。 地球史に刻まれた偉人達に感謝しつつ、才人は新たに名言を残す。

「確かに地球は回っている。しかし、沈黙は金なり」

脳内で「時代を追い越した天才・平賀才人」劇場を展開して「やべ、俺また一つ賢くなっちゃった!!」とか考えてた才人だが、

「サイトの世界の人間は違うの?」 「え?」 「さっき言ってたじゃない。人間がいなかった時代って。でもそれっておかしいわよね。時代とか歴史っていうのは人間が作るものでしょ?」 「それは……そうだけどさ」 「人間がいなかった時のことを人間が語れるはずないわ」

あれ? もしかして俺がおかしいのか? 177 名前: 『ハル○○ニア』 [sage] 投稿日: 2007/09/05(水) 23:43:04 ID:1dr58efj 「よって、このトゲトゲしてウネウネした何かも存在しないのよ」 「回り回ってそれが言いたかったのかよ……」 「だって気に入らないじゃない! 何でこんな変なのが『ハルケギニア』なわけ!?」 「ハルキゲニアな」 「どっちでもいいわよそんなの!!」 「んでも、ルイズはあんまりこーゆー話には興味ないみたいだな。生き物とか」

なんとなく、それは面白くない。