※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

213 名前: 29Q [sage] 投稿日: 2007/09/21(金) 01:03:48 ID:FITj371Q  晴れ晴れとした気持ちのいい日。透き通るような大空に、気持ちのいい日差しを降り注いでくれている太陽の下、マリコルヌは隠れていた。 「ああ、ルイズかわいいよ」  ハァハァと気持ちの悪い息を吐きながら、マリコルヌはルイズを見つめている。ルイズはその視線に気づかずに、楽しそうにサイトと談笑している。 「サイト。僕は君が羨ましくない。なぜなら僕には僕だけのルイズがいるからね」  寂しい発言である。そのルイズというのも、結局は脳内での妄想にすぎず、さらにマリコルヌを寂しい存在にしている。  だが、マリコルヌはそんなことには気にしない。なぜなら、彼には脳内ルイズがいるのだから。 「ああ、ルイズかわいいよルイズ。どうして君はそんなにかわいいんだい。タバサもいいけど、やはりルイズが一番だ!」  木の陰に隠れながら怪しいことを呟いているマリコルヌ。何処からどう見ても怪しい人である。通りかかる人も『うわなにこいつ死ねばいいんじゃね?』という素敵な感想を持ちながら、マリコルヌを見ないようにして足早に通り過ぎていく。  哀れなマリコルヌであるが、彼はそんなこと気にしない。なぜなら、彼には脳内ルイズがいるのだから。  脳内ルイズは彼にとって最高の存在である。彼を優しく包み、彼を激しく罵倒し、彼を優しく導き、彼を激しく責め立てる。そんなギャップを彼はたまらなく恋し、ますます脳内ルイズへの思いを深めていくことになる。 『信じられない! わたしを見てハァハァしてるなんて! 生きる価値無いわね! 死になさい!』 「ああ、もっとだ! 僕をもっと罵倒してくれ!」  このドMが! と思ったのは、偶然通りかかったギーシュである。同じ水精霊騎士隊として、これほどの屈辱を感じたことは無かった。  僕は自分が恥ずかしい。  そう思ったギーシュは、本気で水精霊騎士隊を抜けようかと考えながら、自分の部屋へと去っていった。  当の本人であるマリコルヌは、そんなギーシュのことなどお構いなしにルイズの観察を続けている。  笑うルイズ。怒るルイズ。眠そうなルイズ。拗ねるルイズ。様々なルイズの表情が彼の記憶に残っている。  しかし、彼は思う。記憶だけではなく、この芸術を実際に残したいと。  そして、彼は思い出す。サイトが言っていた言葉を。 『俺の世界にはカメラってのがあってな。風景を残すことが出来るんだ』  どうして風景を残すことが出来るのだろう。もしもそんなものが実在したら、いつまでもルイズの表情を残すことが出来るのに。 『自分で作れば?』  脳内ルイズがマリコルヌに語りかける。 『ありがとう、僕のルイズ。目が覚めたよ。そうだよ! 作ればいいんだよ! 本当に君は素敵だ!』 『素敵だなんて……褒めても何も出ないわよ!』  あはははは、とお花畑の中(空想)で笑うマリコルヌ。突然響いてきた笑い声を、ルイズ(本人)は気持ち悪そうに見ていたが、既に旅立っているマリコルヌは気づきもしなかった。  そして、人間は時にとてつもない力を発揮するものである。そう、マリコルヌはとてつもない偉業をやってのけたのである。  その時のことを、友人の一人であるヒラガサイトはこう語る。 「マリコルヌが一晩でやってくれました(事実)」  その日、ハルケギニアにカメラというものが誕生した。

 追記。  カメラが作られた夜、学院には『待っててねルイズたん!』という怪しい声と怪しい笑い声が響いていたという。