※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

53 名前: おめざのキス〜サイト編(1/2) ◆LoUisePksU [sage] 投稿日: 2007/09/17(月) 21:37:25 ID:SbdsU7Eq


サイトはとても幸せな夢から覚めた。

ルイズがあのルイズが自分に夢中に口付けてくる夢。

はぁぁぁ。なんてしあわせなんだ〜。心の中でニンマリしつつ、 傍らにいるはずのルイズに目をやった。

んんん〜。おはよ。ルイズ〜。顔半分を毛布で覆っている ご主人さまに朝のご挨拶をした。

なぜがルイズは頬を真っ赤にして頷くだけだった。

まいっか、でもいい夢だったなぁ。サイトが夢の回想をしていると、

「ね、ねぇサイト、おはよーの代わりにしてほしいことがあるの」

朝っぱらからご主人さまからのお願いだ。 一体なんだろ。

「なんでしょーか。ごしゅじんさま」 わざとらしくサイトは言った。

「あああのね。きききキス。して」 あまりのストレートの剛速球にサイトはくらっときた。 ゆ夢の続きですか。そうかまだ俺、夢の中だったのか。

試しに自分の頬を抓ってみた。 ってぇ〜。痛い。夢なのに痛い・・・待て、夢・・・じゃない?!

現実だと認識して思わず、ルイズに聞きなおそうかと思ったが、 やめた。ここはご主人さまの命令に従うべきなのだ。 しかし、顔半分が毛布で埋まっているため。口にはできない。 ・・・とすると、おでこなのか。

サイトはルイズに顔を近づけて、額にそっとキスをした。

「おはよ。ルイズ」

54 名前: おめざのキス〜サイト編(2/2) ◆LoUisePksU [sage] 投稿日: 2007/09/17(月) 21:38:13 ID:SbdsU7Eq しかと期待に答えたと思っていたのだが、ご主人さまルイズの 反応はイマイチだった。

「・・・ち違うの。ソコじゃないの」

じゃぁ、ドコなんだ。使い魔サイトは困ってしまった。

「では、ドコがよろしいのでしょうか。ご主人さま」 「『ご主人さま』は嫌なの。ちゃんと『ルイズ』でいいんだから。」

あまのじゃくなご主人さま、もといルイズなのであった。

「では、ドコがいいのでしょうか。ルイズ」 「・・・・・・・・ちがいいの」 毛布にかくれてもごもご言うので聞こえない。

「ち?ってドコのこと?」 サイトが聞き返すとルイズは耳まで真っ赤になった。

「お口・・・・・・・がいいの」 「毛布が邪魔で無理なんですが・・・」 そういわれたルイズはそろそろと毛布をあごの辺りまで下げた。

準備が整ったのを見計らって、サイトはゆっくりと顔を近づけて そっとルイズと唇を重ねた。

「おはよ。ルイズ・・・」