※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「お茶が入りましたよー、サイトさん、ミス・ヴァリエール」 「お、ありがとう、シエスタ」 「ちょうど喉が渇いてたのよねえ」 「熱いから気をつけてくだ」

 シエスタがティーカップを渡そうとしたところ、才人が受け取り損ねて落としてしまう。

「うおっ、熱っ……!」 「あ、だ、大丈夫ですか、サイトさ」 「サイトォォォォォォォォッ!」

 シエスタを押しのけて、ルイズが泣きながら才人に縋りつく。

「だ、大丈夫、サイト!? 痛いでしょ、痛いわよね!? ああ、すぐに治さないと、サイトが死んじゃう……!」 「おいおい大袈裟だなあルイズ。この程度、なんともないって」 「でも、でも……」 「……お前って、本当に心配性だよな。でも、そんなところも最高に愛しいぜ……」 「サイト……」 「あのー……とりあえず、こぼれた紅茶拭きましょうか?」 「ほら、涙拭けよ。可愛い顔が台無しだぜ?」 「グスッ……だ、ダメ。これが原因でサイトが死んじゃったらって考えると、悲しくって悲しくって涙が止まんない……」 「ホント大袈裟だなあ。大丈夫だよ、七万の大軍に突撃しても死ななかった俺が、こんなもんで死ぬかよ」 「その話はしないで! あのときサイトがいなくなっちゃって、わたし、本当に……」 「……すまねえ。嫌なこと、思い出させちまったな」 「ううん、いいの。でも、もう二度と、わたしのこと一人にしないでね……」 「……ミス・モンモランシーから火傷の薬もらってきた方がいいですか? ねえ、二人とも」 「ああ、約束するよ。これからも、俺達二人はずっと一緒さ」 「本当? 嬉しいけど……不安だわ。サイト、わたしのためにってすぐ無理するから……」 「大丈夫、大丈夫だよ。そんなに心配するなよ」 「でも……サイト、すぐにわたしの前から消えてしまいそうで……」 「なら、こうやって抱きしめててやるよ。こうすりゃ、俺が確かにここにいるって実感できるだろ?」 「ああ、サイトの体……とっても温かい……」 「あ、そう言えば、そろそろお昼の時間ですね! 二人とも、お腹すいてませんか?」 「お前って、こんなにちっちゃかったんだな……こんなちっちゃいのに、今までよく一人で頑張ってきたよ」 「一人じゃなかったわ。だって、わたしのそばには、いつだってサイトがいてくれたもの」 「ルイズ……」 「サイト……」 「……」

「あのー、わたし、あの二人のお付きのメイド辞めたいんですけど」 「女王の勅命だから無理。それとも断頭台行ってみる?」 「タハー。どっちにしろ地獄ですかー?」