※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

34 名前: 雪風の誘い [sage] 投稿日: 2007/10/09(火) 23:50:01 ID:JvrfybVF  はああぁぁぁぁぁ〜……………………。  朝の魔法学院。その部屋の主であるタバサの口から、今日何度目かわからないため息が飛び出す。  考えているのは、昨日の大失態。サイトを癒していたところ、自分でもわからぬままにサイトに魔法で攻撃していた。  何であんなことしたんだろう……。  よ〜く考えてみた結果、原因は自分の欲だとわかった。自制しなきゃならなかったのに、欲が暴走した結果、あんなことになってしまった。  幸いサイトの怪我はたいしたことなくて、サイトの悲鳴を聞いて駆けつけたルイズにモンモランシーを呼んでもらって、事なきを得た。その後の言い訳は大変だったけど……。  言い訳の結果、サイトの悲鳴は私が起こした事故のせいということになった。モンモランシーは『タバサが失敗するなんて珍しいわね』と言ってた。個人的には、そっちのほうが助かる。欲が暴走したなんて、恥ずかしすぎて誰にも言えない。  サイトが怪我をしたのは、事故のせい。私たちの間では、そういうことになった。だったら、事故を起こした張本人である私が謝りにいっても、別に不思議なことじゃない。  そう考えたのは、三十秒前のこと。気がついたら、私は部屋から出てルイズの部屋に向かって歩いていた。  事故を起こした張本人の私が、被害者のサイトに謝りにいっても不思議じゃない。そして、謝罪の際にお詫びとして謝罪の品を買いに行くことを提案しても、不思議じゃない。  ……謝罪の印であって、決してサイトと出かけたいっていうわけじゃない……はず……だけど……。  その場面を想像すると、どうにも口元が緩んでしまう。  いけないいけない。自制しなきゃ。また暴走したら大変。  考えているうちに、ルイズの部屋の前に到着。深呼吸を一つして、気持ちを落ち着かせた後に、ノックをする。  返事はない。  もう一度ノック。  やっぱり返事がない。扉に手をかけると、鍵はかかってなかった。  何処に行ったんだろう。とりあえず部屋の中を見回すけど、誰もいない。わかりきってることだけど。  部屋に入って窓から外を眺めても、ルイズとサイトの姿は見えない。いったい、何処にいるんだろう。 「ん? 何してんだ、タバサ?」  心臓が飛び出るかと思った。  私の背後――扉のほうから聞こえてきた彼の声。私が慕い、守ると誓った彼がそこにいた。手には、大量の洗濯物の入ったかごを抱えている。  洗濯してたんだ。だから、部屋にいなかったんだ。 「何か用か?」 「謝りに来た」  なるべくいつも通りに。淡々とした口調で。サイトに会えたのは嬉しいけど、それは隠して。怪しまれるから。 「謝りにって、あれは事故だったんだろ? その時に俺に謝ってくれたからいいよ」 「駄目。私が納得できない」  押して押す。サイトはこれに弱い。優しいから。あと、優柔不断だから。 「でもな……」 「だから、お詫びに何かあげたい」  サイトが困惑した表情を見せる。でも、気にしない。 「それでタバサが納得できるって言うなら……」 「そうしないと納得できない」  まだ悩んでいるみたいだけど、ここまできたらあと一押し。もう少しで私の勝ち。サイトとのらぶらぶでぇと……じゃなくて、お詫びのお買い物が待ってる。  でも、いつまで悩むつもりだろう。うんうんと唸るばかりで、サイトは返事をしてくれない。

35 名前: 雪風の誘い [sage] 投稿日: 2007/10/09(火) 23:51:18 ID:JvrfybVF 「……私と行くのが嫌なら、無理に来なくてもいい」 「あ、いや、行くよ!」  勝った。 「じゃあすぐに用意して」  心の中で勝利の雄叫びをあげる。でも、やっぱりそれは顔に出さないし、実行しない。いきなり雄叫びなんて上げたら、ただの変な人。  サイトはあ〜、とかう〜、とか唸ってたけど、観念したのか洗濯物の入ったかごを床に置いた。 「帰ってきたら何か言われるかもな」  ため息をついて、サイトは頭を掻いてる。 「これしまったら行くからさ、ちょっと待っててくれよ」  私は素直に頷いた。早く行きたいけど、サイトにもサイトの仕事があるから、ここは我慢。それにしても、サイトの手際は異常なほどいい。使い魔としての生活が長いからだと思うけど、下手なメイドよりも手際がいいと思う。  うん、やっぱり手際がいい。仕事の効率がいい。これだったら、どこの貴族の世話も出来ると思う。 『よっと……終わったぞ、タバサ。洗濯物しまうからな』 『……』 『しかしタバサも可愛い下着はいてるよな』 『余計なこと言わなくていい』 「終わったぞ、タバサ」  その声で、私は強制的に現実に引き戻された。  いけないいけない。サイトに変な子だって思われちゃう。サイトの仕事ぶりを見て、自分の世話をすることになったらなんてことを妄想するなんて、私はどうかしてる。 「ついてきて」  サイトの顔を見ないで、私は歩き出した。今サイトの顔を見たら、絶対に頬が緩む自信がある。そんなみっともない顔、サイトには見せたくない。  前を歩く私の後を、サイトは黙ってついてくる。黙ってるだけで、何も話しかけてこない。私が無口だからかな? だったら、もうちょっと話すようにしたほうがいいかな。サイトともっとお話したいから。  でも、そう思っても私は何も行動できない。というよりも、話題が思いつかない。  必死に考えても、思いつくのは本のことばかり。あまり人と話さないで、本ばかり読んできたから、こんなところで影響してくる。 「サイトは本を読まないの?」  とりあえず聞いてみるけれど、答えはわかってる。 「あっちだとあんまり興味なかったから読まなかったな。こっちの本は読んでみたいな。でも無理だ。文字読めねえもん」  やっぱり……。サイトはこっちの文字が読めないから、本を読めるはずがない。せめて、サイトが文字を読めたら私のお勧めの本も……。  ……サイトが文字を読めたら? 「じゃあ、私が文字を教える」 「はい?」 「損はないはず。文字が読めないと、色々不便」  サイトが悩んでる。嫌なのかな? 私に文字を習うの、嫌なのかな? 私が嫌いだから、習いたくないのかな?  不安が生まれてくる。不安がどんどん増殖する。その不安に潰されてしまいそう。  どうしてだろう。サイトに拒否されるのを、私は凄く恐れてる。別にこんなことを断られても、たいしたことないのに。サイトと一緒にいたいからかな。だから、私はこんなに怖いのかな。サイトと、離れたくないから……。 「迷惑じゃないか?」 「迷惑じゃない」 「じゃあ、お願いしようかな」  その言葉で、私の不安は一気に消えた。その代わり、心の中は歓喜でいっぱいになる。  こんな単純なことで一喜一憂するなんて、私も結構単純……。でも、それも仕方ない。前から薄々思ってたけど、確信できた。私は、サイトを……。  塔から外に出て、シルフィードを呼ぶ。呼ぶとすぐに来てくれるあたり、なかなか便利。でも、結構うるさいのが玉に瑕。  私がシルフィードに乗った後、サイトも続く。その後に私が合図をして、王都に出発。 「でも、何を買うつもりなんだ?」 「サイトが望むものなら何でも」 「そう言われると決めにくいな」 「なら私が決める」  それだとただのプレゼントみたいになっちゃう。でも、お詫びの品ってそういうものかな。……そうだ、今度サイトに何かプレゼントしようかな。例えば、サイトが剣を持つときに滑らないような何かとか。……今度考えておこう。 「それじゃあ、そうしてくれよ。急には思いつかないからさ」  コクリと私は頷いた。  ……お詫びの品物……何にしようかな?  そう考える私の心はとても弾んでいて……これ以上ないほど、楽しみな気分になっていた。