※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 ハルケギニアの友人達が、地球にやって来てから数日ほど。  分からなければいろいろ不便だろうと考え、才人は友人たちに日本語の読み書きを教えることにした。

「きゅいきゅい。シルフィはお利口さんだから、すぐに覚えちゃうのね!」

 そう言っていたシルフィードには、小学生向けの読み書きドリルをプレゼントした。  彼女は二週間で日本語をマスターした。

「この世界で出来る限りたくさんの書物を読み、その知識をハルケギニアに持って帰りますぞ!」

 そう意気込んでいたコルベールには、基本的なものから専門的なものまで、様々な技術書や教科書をプレゼントした。  彼は一週間で日本語をマスターした。

「……日本語が読めないと、こちらの世界での本が読めない」

 困っていたタバサには、流行のものから古典的な文学作品まで、多種多様な物語をプレゼントした。  彼女は三日で日本語をマスターした。

「なによ。本ぐらい、あんたがわたしに読み聞かせればいいでしょ?」

 不満げだったルイズには、豊胸に関する本を十冊ほどプレゼントした。  彼女は一日で日本語をマスターした。

「こっちに来てまで勉強したくなんかないなあ。ところでサイト、その女の子が描かれた箱はなんだい?」

 やる気なさげだったマリコルヌには、魔界天使ジブリールと私立アキハバラ学園とグリーングリーンをプレゼントした。  彼は三十分で日本語をマスターした。