※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

695 :戦場のメリー・クリスマス ◆mQKcT9WQPM :2007/11/19(月) 22:39:55 ID:IcP1OiS2 才人は現代日本人である。 だから、雪のちらつく空を見上げて、ついこんな鼻歌が出てしまうのも仕方のない事で。

「ふっふっふ〜ん、ふっふっふ〜ん♪」

寒空に似合わない明るいジングル・ベルを聞きつけたのは、洗濯物を運んでいたメイドだった。

「サイトさん、その曲なんですか?」

シエスタの質問に、才人は応える。

「ジングル・ベルって言ってね。俺のもといた世界の、そうだな、冬のお祭りの曲」 「冬のお祭り…銀の降臨祭みたいなものですか?」 「んー。ありゃお正月に近いんじゃないかな。クリスマスはまた別モンだよ」 「くりすます?」

シエスタは才人の言っている事がよく分からなかったが、その『くりすます』とやらが、楽しいイベントであることは、楽しげな『ジングル・ベル』の曲調から感じ取れた。 たしかに才人の言うとおりであった。西欧ではクリスマス=新年だが、現代日本はそうではない。

「よくわかりませんけど、楽しそうなお祭りですね」 「そうだな、日本じゃ一年のうちで一番楽しい祭りの一つだよ」

盆に正月、クリスマス。日本の三大お祭りイベントと言えばこれだろう。 才人は彼女が仕事の途中である事を思い出すまで、シエスタと『クリスマス』の話題で盛り上がったのだった。

697 :戦場のメリー・クリスマス ◆mQKcT9WQPM :2007/11/19(月) 22:40:58 ID:IcP1OiS2 「おお、ちょうどよい所にいてくれた!」

シエスタと別れ、水精霊騎士団のたまり場、ゼロ戦の格納庫に向かうと、そこには眩く輝くハゲ面がいた。 コルベールは満面の笑顔で、才人に向かってこぶし大の二つの水晶球を差し出す。 片方は薄い青色、片方は薄い赤色をしていた。

「なんすかこれ」

才人の質問に、よくぞ聞いてくれた、という顔になって、コルベールは応える。

「これはだな、『夢見の水晶球』といって、一対の水晶を持った人間に、同じ夢を見させられるというものなんだよ!  学院の宝物庫で、文献とともに発見したんだ!」 「へえ」

才人の関心が水晶球に向いたのを確認したコルベールは、興奮したように続けた。

「さらにだな!この水晶球のすごいところは、青い球を持った方の人間が、夢を自在にコントロールできるところにあるんだ!」

才人は、コルベールの言う『すごいところ』の意味が分からない。 さらに、なんでこのコッパゲがこんなに興奮しているのか理解できない。

「それがそんなすごいことなんですか?」 「当然じゃないか!いいかね!  この水晶球を使えば、たとえばだね、私と君がこの水晶球を使って、君の居た『ニホン』を私がハルケギニアにいながらにして体験できる、ということなんだよ!」

つまり、この水晶球は、夢を媒介にしたヴァーチャル・リアリティを作り出すマジック・アイテムらしい。 コルベールは、この水晶球で、才人に日本を疑似体験させてもらうつもりなのである。 彼が興奮するのもむべなるかな。 しかし。 それが大いなる誤算であった。 才人は、別の事を思いついてしまったのである。

「先生、この水晶球貸してくれません?先生には今度とっておきの日本の夢見させてあげますから」

コルベールは一瞬うーむ、と考え込んだが。

「分かった、貸して上げよう。私も他の研究があるしな。  『とっておき』、楽しみにしているよ」

言ってコルベールは、才人にその水晶球を手渡す。

「で、どう使えばいいんです?」 「なに、簡単だよ。お互いにその水晶球を持って、同じ部屋で寝ればいい」

才人は一瞬、コルベールと同じベッドに眠る自分を想像して吹き出しそうになったが。

「わかりました。ありがとうございます」

なんとかこらえ、格納庫を後にした。

才人は二つの水晶球を手の中で転がしながら、考えた。 どうせ、日本を見せるのなら。 仲のいい女の子に、日本のクリスマスを、見せてあげたい。 あのイルミネーションの街を、二人で歩けたら、どんなに楽しいだろう。 才人はわくわくしながら、誘うべき女の子に思いを馳せたのだった。

24-39戦場のメリー・クリスマス〜ルイズの見た夢 24-126戦場のメリー・クリスマス〜テファの見た夢 24-364戦場のメリー・クリスマス〜シエスタの見た夢