※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「ぅわ、耳に息吹きかけないで…あ、そんな…シエスタが右から、テファが左から…  おおう、そんな…耳舐められたら…あう、み、耳の穴に舌入れるなんて…  ちょ、アニエスさん…そんな、俺の膝にブルマこすり付けて…え、なに…  ゆ、ゆび、そんな舐められたら…  ルイズまで…お、おい、それは…タワシ洗いってやつ…  あ、まだタワシじゃないか……  み、みんな濡れて…服が透けて…おお…  あ、だめ、そんな…シエスタ、そんな胸クリクリしないで…  わ、テファ、そんなに押し付けられたら…桃りんごが当って…あうぅぅ  せ、背中に当るこの感覚は…テファ…先っちょが…  あう、ちょっと姫さま、何を…ルイズもアニエスさんも協力しなさいって…  え、な、何?俺の腰を浮かせて…ぉおう、こ、これは噂に聞く潜望鏡ってやつですか!  姫さまの口の中、温かくって…きゃふ、舌でそんな…  そ、それ刺激強すぎ…だ、だめですってば…  あ、あれ?タバサは…ぎゃふ…な、なんだ…尻に…  え?シルフィードの先住魔法でローションと一体化してって…あう…や、やめろ、おい  タバサ…ぅきゃう!し、尻の…穴に指…ああああああ、そんな、中で指グリグリしないで…  な、なんすか姫さま、その笑みは…な!なんで跨ぐんですか!そんな…跨ぐ瞬間に赤貝がぱっくりと…  え、ええもん見れたー…じゃなくて…  そう、そのまま腰を…って、下ろしたら入っちゃ…ぅううう、そんな締め付けないで…  あっだだだめだ!出る!」































「……はっ!ゆ、夢かぁ。  それにしても、何か股間の辺りが…スウスウするような…って、ええええええええ!」


「あら、おはよう御座います、サイト殿」


「……」 「……」 「……」 「……」


「あのー…」 (冒頭へ戻る)






当初、保管庫に置く予定の無かったSSですが、当時のスレ上での皆様の反応が思ったより良かったので 置く事にしました。


ツンデレ王子