※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

631 :性欲をもてあます ◆mQKcT9WQPM :2007/12/16(日) 21:29:40 ID:igvepAZv …なんか変なカンジ。

ルイズは心の声でそう感想を漏らした。 まあ、正直俺も最初は変な感じだと思ったけど。 印を刻まれる痛みに堪えたルイズは、俺と心の声を交わした瞬間、そう返してきた。 あんまり驚いてない?

「…驚いてるわよ…十分」

言って、俺の腕の中にいることに気付いて顔を赤らめる。

「…ば、ばか、どさくさに紛れてなにしてんのよ…」

…あのーう?口で言ってる事と心で想ってる事ぜんぜん正反対なんすけど? 口ではそう言っているルイズから伝わってくるのは、嬉しくて嬉しくて浮かび上がりそうな感情。 ほんっきで素直じゃないのな、ルイズは。

「ちょ、何人の心勝手にっ…!」

あのさー、これって伝えようと想わないと伝わらないのよ? そう心で伝えると、やっと気付いたのか、ルイズは俺の腕の中で更に真っ赤になった。

「ばばばばばばばば、ばかーーー!」

どん!

ルイズは思いっきり俺を突き飛ばして、部屋から逃げ出していった。 それっきり今まで筒抜けだったルイズの心は一切伝わってこなくなる。 いてててて…本気で突き飛ばすことないじゃんかよ…。 そう伝えてみるものの、返事はない。 あっちゃー、こりゃ本気で繋がり切ってるな。 この心の繋がりは、お互い任意に切る事ができる。 まだ無理やり繋ぐのはやったことないけど、基本的にシャルロットとシエスタとは、用事がない限り心の繋がりは切ってある。 だってお互いプライバシーとかあるしね。感情がだだもれだとゴタゴタも起き易くなるだろうし。 だから、強制的に繋ぐ事は…。 って…なんだこりゃ。 不意に俺の中に感情が流れ込んでくる。 それは、最近俺がよく感じているもの。 女の子に迫られた時の、あのガマンできない感じ。 具体的に言うと、シたくてたまりません、なカンジ。 俺は別にムラムラきてるわけではない…てことは。 …ま しゃ か。 振り向くと、ベッドの上で今まで寝ていたシャルロットが、上半身を起こしてこっちを向いていた。 真っ赤な顔で、思い切り潤んだ瞳で、こっちを見てる。

「…あ、あの?シャルロットさん…?」

俺は直接シャルロットに語りかけてみたけど、反応がない。 ていうか、目がやばいって目が。 完全にアレだ。 獲 物 を 見 る 目 ってやつです。 なんでこんなんなってんだ?俺シャルロットになんもしてないぞ?

632 :性欲をもてあます ◆mQKcT9WQPM :2007/12/16(日) 21:30:14 ID:igvepAZv なんて俺が疑問に思ってる隙に。 シャルロットはベッドの上でもぞもぞと何かしはじめた。 シーツの中に潜り込んで…?なにしてんだ…? 俺の心の疑問に応えたのは、シーツの中から飛び出してきた何か。どうやらシャルロットがシーツの中から放り投げてきたらしい。

べちょ。

俺の手の中で、その何かはそんな音を立てる。 …ましゃか。この手の中のぬちょぬちょした布きれは…。 指でつまんで広げてみると、それはやっぱり。 何かぬめぬめした液体でぐっしょり濡れた、白い小さなおぱんつでした。

「サイトぉ…」

俺がその白い布きれに意識を奪われていると。 不意に、ものすごく甘えたシャルロットの声が聞こえた。 俺はその声のほう、ベッドの方を向く。 そこにあったのは、M字に開かれた細い脚。 その間には、発情しきったシャルロットの真っ赤な顔と、はだけられた制服から覗く、薄い胸と、その上にのっかっている桜色のぽっち。 そして、シャルロットの細い指は、愛液でべちょべちょの小さなシャルロットの割れ目を、ぎりぎりまで開いていた。 俺の喉がごくりと鳴る。

「サイトぉ、たすけてぇ…。おちんちん、ほしいのぉ…」

いや、いきなりンな事言われましても。 正直、性欲を持て余す。 ていうか、さっきから送られて来るシャルロットの『ヤりたい電波』のせいで、俺の下半身は既にビンビンなわけで。 気づいた時には、俺はズボンを脱ぎ去って、シャルロットに覆いかぶさっていた。

633 :性欲をもてあます ◆mQKcT9WQPM :2007/12/16(日) 21:32:09 ID:igvepAZv 「っひ────────────!」

既に愛液でぬるぬるに滑っているタバサのそこを、才人は前戯もなしに貫いた。 その一撃は内から沸きあがる欲望によって解されたタバサの肉の隙間をあっさりと貫通し、最奥まで届く。 既に高められていたタバサは、一瞬で絶頂に達する。 タバサの腕が才人の首に絡みつき、その華奢な柔らかい発情した身体を才人の身体に密着させる。 タバサの脚が無意識に才人の腰に絡みつき、才人の腰を咥え込む。 タバサの肉襞が絶頂の痙攣でぐにぐにと蠢き、まるで何十本もの指でしごくような動きで才人の竿に容赦なく絡みつく。 タバサの全身が与えられた快感に震え、才人の牡から精を搾り取ろうと動いていた。 最初の一撃を与えた才人は、タバサの逆襲に堪え、そして、才人を咥え込んで離さない小さな牝の器官から、乱暴に己を引き抜く。

「っふわぁぁ─────────────────────────っ!」

肉襞を肉槍の返しで暴力的に削られる快感が、虹色の刺激となってタバサの全神経を乱暴に跳ね回る。 脚の指先がぎゅうっ、っとすぼまり、才人の首に回された腕がさらにきつく絞められる。 タバサの牝はまるで唇のようにすぼまり、周りの肉を巻き込んで逃げ出そうとする才人の竿に絡みつく。 しかし、才人は逃げるために腰を引いたのではない。 さらに深くタバサを犯すため、さらに長くタバサを削るため、腰を引いたのだ。 そしてすぐに、牡の本能によるピストン運動が、理性を屈服させる徹底的な陵辱が始まる。

ぐちゅ!ぐちゅっ!ぐちゅっ!

卑猥に響く、牝の蜜の攪拌される音。

「ひぃ!?やあぁ────っ、あぁぁぁぁ──────────────っ!あ、ああぁっ────!」

長く響く、獣のようなタバサの啼き声。

ごっ!ごつっ!ごりゅっ!

そして、タバサの耳の奥にだけ響く、牝の城門を叩く、牡の破砕槌の音。 この上なく下品な和音が、タバサの中に響き渡る。 その和音はタバサの神経を灼き切り、意識を剥離させる。

…わたし…なにして…。

タバサの中の冷静な部分が、快楽に狂う獣と分離していた。

「いぁっ、いひっ、もっとぉ!もっといっぱいぃぃ、あぁぁぁ!あぁぁぁぁ─────っっ!」 「シャル、ロットっ、シャルロットぉっ!」

何度も吐き出される欲望によがり狂う自分を、タバサの冷めた部分が見つめる。

…これ…一体…?

634 :性欲をもてあます ◆mQKcT9WQPM :2007/12/16(日) 21:34:36 ID:igvepAZv その答えはしかし、自分自身によって、導き出される。

…サイトと…融合、して…。

その際使った力を、よく覚えている。 あの力は、あきらかに人間の出せる魔力の限界を超えている。 ならば、その力はどこから出るのか。 タバサにそんな力がない事は、本人が一番知っている。 だとすれば、あれは。 才人と融合する事により、無理やり力を引き出していたのだ。 そして、今のこの行為。 何度も才人が奥で弾けるたび、感じるこの充足感。 それは、いつもの行為で感じているそれとはあからさまに違っていた。 そう、これは魔力の補填だ。 才人との融合で疲弊した力を、才人から精を受けて、直接的に補充しているのだ。 そう、タバサの冷静な部分は結論付けた。 そして。

それ、なら…。 楽しまなきゃ…損…。

再び、獣欲に溺れていった。

635 :性欲をもてあます ◆mQKcT9WQPM :2007/12/16(日) 21:35:46 ID:igvepAZv …あーもう、つい本気で逃げちゃった。 …さ、サイトが悪いんだかんね、あんな恥ずかしいこと言うから…。 でもまさか、この心のつながり、自分で切る事ができるなんてね。 今まで使い魔の経験ないから知らなかったわ。…って当たり前か。 まあいいわ、任意に切れるなら普段は切っておいて、必要な時だけ使えばいいのよね。 廊下を、タバサの部屋に戻りながらそう結論付けた私は、さっきの謝罪も兼ねて、サイトに心の声で語りかけてみた。

サイト?さっきはごめんね?

しーん。

あら? 反応がない。寝てるのかしら? 私にほっていかれていじけてフテ寝でもしちゃったのかしら? …かわいーとこあるじゃない。 も、もぉ、しょうがないわねえ、この世界一可愛い使い魔兼ご主人様が、なぐさめてあげますかあ! なんて考えながら、私はタバサの部屋のドアを思い切りよく開けた。

「あぁぁぁぁーっ!」

…ご、ごゆっくりーっ!

ばたん!

じゃなくてっ!

「ちょ、ちょっとサイト!呼んでも反応ないと思ったらっ!  なにやってんのよこの破廉恥犬ぅーっ!」

ベッドの上ではサイトとタバサがコトの真っ最中で、半裸のタバサがのけぞっていっちゃうところだった。 私の突っ込みに、サイトはようやくこっちに気付いたのか、慌てて手を振って言い訳する。

「いやあのルイズ!これは!違って!」

636 :性欲をもてあます ◆mQKcT9WQPM :2007/12/16(日) 21:36:44 ID:igvepAZv …何が?一体?違うのかしら? ていうかー!タバサから股間のモノを抜いてから言え────────っ! そう心の声で叫んだ私の心に、サイトとは違う声が響いた。

…ルイズも…一緒に…しよ…。

その声は、タバサの声だった。 …って…なんて…イヤらしい…なにこれ…。 タバサの感情も一緒に流れてきて…

きゅんっ…。

私のアソコが、容赦なく疼く。 そ、そういえば一月近くゴブサタなのよね…。 私は後ろ手に扉を閉じると、念のため『ロック』をかけて。 そして、制服のマントを脱いで、ブラウスのボタンを上から外しながら、ベッドに寄って行く。 ベッドによじ登る前に、すでに染みができているショーツを脱いで…。ベッドによじ登る。 動きを止めているサイトに、私は絡みつく。 そして。

「…ちゃんと、私も面倒みなさいよ…。私はアンタの、使い魔なんだからね…」

…あ、あのー…。これからなさるおつもりで?

サイトは心の声で反論してきた。 その心の声から察するに、結構しんどいみたい。でもね。

…だぁめ。一月ぶん、たっぷり搾り取っちゃうんだから…。 そう心の声で言ってサイトを押し倒す。すると。

ちゅぽんっ…。

「あっ…」

濡れた音をたてて、タバサからサイトが抜ける。その刺激で、タバサが可愛い声を出す。 …なによ、まだ、ビンビンじゃないの…。 私は押し倒したサイトのソレを、一月ぶりのサイトを、口に含んだ。 さて、覚悟なさいよサイト…。 その心の声に、サイトの戦慄にも似た諦めの感情が伝わってくる。 そして。

私も…もうちょっと、欲しい…。

タバサの声も一緒に流れてくる。 その声から、タバサもなんだかすっごくえっちな気分になってるのが伝わってくる。 …じゃあ。 同じことを考え、私たち二人は同時に、サイトに伝えた。

…今夜は、寝かさないんだから。

私は口の中のサイトの生臭い臭いに、たまらない愛おしさを感じながら、舌を動かし始めた…。