※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

155 名前: 幸福な結末 [sage] 投稿日: 2007/12/23(日) 07:18:37 ID:IZ90gEj4  中天にぽつんと浮かぶ月を窓越しに見上げながら、彼は本棚をずらした。  壁には闇色の何かが渦巻いていて、しかし彼は慣れた様子でそこに歩み入った。

「あによ、今日はずいぶん遅かったじゃないの」  闇を潜り抜けて、すぐ目の前にはベッド。  そこに座っていた桃髪の少女は彼をみるなり唇を尖らせ、すねた声をだす。  彼はやや大股でベッドに近づいて、少女のすぐ横に座った。 「ごめんな。今日は忘年会が……ってルイズはそれじゃわかんねぇよな。  えっと……つまりだな、今向こうの世界は聖誕祭みたいな時期で、宴会とかすんの」 「……ふぅん。で?また女の子に色目でも使ってたんじゃないでしょうね」  じろじろと見る疑いの視線にも今ではもう慣れてしまった。 「使ってねぇよ。……まったくこのご主人様は何年たってもやきもち焼きで」 「べ、べつにやいてないもん。サイトのこと信じてるもん…………たぶん」  諭すように囁けば、出会った頃より少し大人びた美少女顔がそっぽを向いた。 「たぶんかよ」  照れ隠しが見え見えだから腹は立たない。  むしろ、昔を思い出してサイトは思わず笑ってしまった。  それでも顔を近づければ自然に目を伏せて、ルイズは唇を寄せてくる。  飽くほど繰り返した口付けは、今日もまたその回数と深さを増していく。  そして口付けを続けるままに、サイトはふと窓の外を見上げる。  そこには、いつしか見慣れてしまった、天高く重なる双月があった。


妄想未来エンドが浮かんでしまったので書く。エロ抜きの上短くてすまん。

−サイトの部屋の壁に某ネコ型ロボットの映画的ゲートが発生している −サイトは両世界の行き来可能、現在大学生

これなら八方上手く行くかなと思いながら書いたんだが、 これじゃ遠からずオカンが嫁探しに躍起になってしまう悪寒……。