※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

285 名前: えむえむあ〜る 1/7 [sage] 投稿日: 2007/12/26(水) 00:17:50 ID:kN8yWABH  なんてこったい。  意識を取り戻したサイトは途方にくれていた。

 着の身着のまま放り出される方がまだマシだったかも知れない。

『野良魔獣に襲われた時の為に』

 多分ルイズが気を回したのだろう。

(……ど、どこまでも不器用な奴)

 秋葉原にシャヴァリエのマントを装備した少年が、『AK小銃』装備

(捕まるって……)

 人通りの無い路地裏で、しばらく悩んでいたサイトだったが、気を取り直して堂々と道を歩き出す。

(警察がそんなにうろうろしているもんでも無いし、何とかなるだろ)

 ――サイトは知らない、昨今の秋葉原の状態を。  元警察庁長官であろうと、任意同行を強制される恐ろしい世界。

 ……サイトが異世界に行った頃は、そんなことは無かった。

「君……ちょっと、良いかね?」 「……げ」

 サイトが反射的に逃げようとするが、あっという間に数名の制服警官に囲まれた。

(な、なんだこのマドハンド)

「どうして逃げようとするんだい?」

 目が笑ってない。

「ちょ、ちょっと急いでて……」 「時間は取らせないから、ちょっと持ち物を見せてもらえるかな?」

 警官の視線は、サイトの抱える銃に向けられていた。

「いや……その……えっと……」

 しばらく悩んだサイトだが、おとなしく持ち物を見せることにした。

(本物だとは思わないだろう)

 ――サイトは知らない。  ここ最近、日本国内でも銃器の絡んだ事件が起こっているのを。

「ほ、本物ぉぉぉぉ!!」 (げぇぇぇっ、バレたっ……)

 それでもサイトにはあまり危機感が無かった。

(まさか、乱射すると思われる筈も……)

 ――サイトは知らない。  アメリカで起きた事件のことを。 286 名前: えむえむあ〜る 2/7 [sage] 投稿日: 2007/12/26(水) 00:18:26 ID:kN8yWABH  やたらと目つきの鋭い男が、トントンを調書をボールペンの尻で叩きながら、部下の報告を聞いていた。

「それで、彼は何処から銃を手に入れたのかね?」 「ジュリオ……と、言う男から貰ったらしいのですが……」 「外国人か、厄介な」

 自分たちの管理していない『凶器』が、今どれほどこの街にあるのか想像して、男は苛ついていた。

「その男の職業や、年齢は?」 「……年齢は彼と同じ程度で……『坊さん』だそうです」

 『坊さん』の一言を聞いた瞬間、部屋の空気が止まった。

「……宗教関係……カルトかっ!」 「えぇ……」

 男は頭を抱える。  信教の自由は良い、この国の特色だし、すばらしい理念だ。  しかし……

「くそっ、今度は何処の馬鹿だ!」 「平賀君……件の少年ですが、細かいことについては一切教えてくれません」

 ハルケギニアだの、ルイズだの、鍵になりそうな言葉を断片的に漏らす他は、  彼の身に何があったのか、一切不明のままだった。

「保護者が……面会を求めております」 「許可できるかっ!」

 そうですね。  年若い男の部下は、平賀容疑者に同情的だった。

「真面目な……良い少年なのですが……」 「良い少年が、銃を持って街中をうろうろするかっ!」

 とはいえ、未成年。  しかも長期間の行方不明の後と成れば、そう長く保護者と引き離しておくわけにも……

「おい!」 「はっ」 「できるだけ早く、調書取ってやれ」

 随分と分かりにくい優しさに、それでも男の部下は気づいた。

「はいっ」

 急いで駆け去る部下の背中を見ながら、男は次の案件の書類を手に取った。 287 名前: えむえむあ〜る 3/7 [sage] 投稿日: 2007/12/26(水) 00:19:09 ID:kN8yWABH 「……どーゆーことだ?」 「……分かりません」

 調書を取る最中に、平賀少年にふと聞いてみた一言が始まりだった。

『あんな銃持ってても、そうそう使えるものじゃないしね』

 使えない。  持っているだけ。

 その一言を引き出そうとした、善意の誘導だった。

『いや、多分使えるはずですよ』

 最悪の返答だった。

 ――平賀少年の言葉は、シューティングレンジで証明された。  それどころか、

「なんだこの成績、奴はオリンピック選手か何かか?」

 優秀すぎた。

「分かりません」

 こうなってしまっては、簡単に釈放するわけにはいかない。

『他の銃でも、出来ますよ』

 平賀少年は得意げに言った。  嘘だと証明するために、幾つかの銃で試射して貰った。

 ――本当だった。

「しばらく……ここで暮らしてもらうことに成るな」 「……はい」

 毎日通う保護者に、なんと伝えるべきか。  男は黙って、ロビーへと向かった。 288 名前: えむえむあ〜る 4/7 [sage] 投稿日: 2007/12/26(水) 00:19:54 ID:kN8yWABH 「これ……を」

 部下は日に日にやつれて行く。  調書は既に、実験の結果報告書に近づいていた。

「五ヶ国語……六ヶ国語か?」 「いえ……今回試せたもので、それだけですので……底がまだ見えません」

 外国人に拉致されていた可能性がある。  その国を特定するために、幾つかの国の言葉を理解するのか試してみた結果は恐るべきものだった。

「どの国の言葉も、最初は分からないようなのですが」 「フリだろうがっ、結果を見れば分かる!」

 どの国の言葉も、見事に理解して見せた。

「工作員としての教育を受けているのか? ……拉致したのは『北』か?」 「……いえ……にしては、教育水準が高すぎます」

 サイトが扱って見せた銃器の中には、流通の限られているものも随分有った。  それどころかつてを辿って乗せてみた、自衛隊の最新鋭のヘリもコクピットに座るだけでの操縦法まで説明してのけたのだ。

 魔法のような技術に、平賀少年を調べている関係者は悪夢を見せられている気分だ。

「どれだけ聞いても、『空白の一年』については口にしないのだな?」 「……『洗脳』の線も考えられます」

 最悪だった。

 一年。  たった一年だ。

 一年でありえないレベルの言語教育と、銃器、ナイフどころか、弓矢、ボウガン、スリング、吹き矢。  何に使うんだ? そんな技能にまで習熟していた。  格闘については未熟に見えたが、それも何処まで信用していいのやら……

「彼に何が有ったんだ?」

 体に残る傷が、彼の一年を想像させる。  その治療だけでも一年以上掛かりそうな物なのに、彼のスキルはその考えを否定する。

「治療すら禄に受けられずに……訓練を……」 「そうとしか考えられんな……」

 痛ましい話だった。 289 名前: えむえむあ〜る 5/7 [sage] 投稿日: 2007/12/26(水) 00:20:31 ID:kN8yWABH 「彼に何が有ったのでしょうか?」

 部下の目が潤んでいた。

 ――情に流されるのは愚かな事だと、何度も教えたはずだが。

 自分の教育もまだまだだという事だな。  男は反省しながら、考えをまとめた。

「国内で発見された点から考えるに、拠点若しくは目標が日本に有ると見るべきだろう」

 平賀少年と同程度のスキルの持ち主が……

「彼の手の刺青は見たか?」 「はい……あれは、何なのでしょうか?」

 考えたくない事実だが……

「俺はシリアルだと思っている」 「は? しかしっ、あの桁はっ!」

 甘い!

「国内の行方不明者が、例年どれだけの数になると思っている!!」

 彼と同程度のスキルの持ち主が、あの数居るのだとすれば……クーデターすら容易い。  街中を行く一見普通の少年が、一斉に国会議事堂に突進するさまが男の脳裏に浮かんだ。

「あの数は十分に可能だ」 「じゅ、十進数だとは限りませんしね」

 そうだな……少なくとも気休めには成る。  燻る煙草をもみ消しながら、男の推論はまだ続いた。

「あの種類の銃を用意できる国は限られている」 「アメリカか……ヨーロッパのどの国か……」 「違うな……」

 ならば、あんな所で容易く発見されるはずは無い。

「日本だ」

 持込が難しいとはいえ物資の流通量は世界屈指で、検閲も……

「外交官が噛んでいるかも知れんな」

 二人の背筋を冷たいものが這い上がった。

(自分たちの手に負えない事件なのではないか?)

 そう考えては見ても、他に回せば揉み消されるとしか考えられなかった。

「し、しかし、そんな資金や行動力を持つ組織なんて……」

 部下の現実逃避に、男は止めを刺した。 290 名前: えむえむあ〜る 6/7 [sage] 投稿日: 2007/12/26(水) 00:21:02 ID:kN8yWABH 「なっ……EUでカルト指定を受けている、あそこですかっ!」 「あぁ……例の『会』だ」

 宗教法人の登記を受けているくせに、政治に干渉する有り得ない団体。

「し、しかし……」 「資金、人員、人脈、あそこなら十分に可能だろう」

 不透明な資金で、武器を買い。  豊富な人員で隠蔽活動をする。  訓練地などの問題も、政治家を多数抱える『会』ならば……

 考えれば考えるほど有り得る事態に、部下が言葉を失っていた。

 男もまた……語る事が尽きていた。

(……さて……どうするか……)

 先の見えない戦い。  それでも、自身の正義を信じ、残りの人生をかけて巨悪と戦うか。

 硬く目を瞑り、一心に悩む。

 が、答えは簡単に出た。

 ――考えるまでも……無いな。

 自分がこの職業を選んだ理由。

「行くぞ」

 部下を従え、男は初めて直接平賀少年を尋問する事にした。  何が有っても真実を探る。その決意と共に。

 ――留置所にて

「うー、暇だなぁ……」

(TVもねー、ネットもねー、漫画もねー  これって、基本的人権とか、いーのか?)

 外部の情報に触れるのを制限するため、サイトには新聞すら与えられていなかった。

(あーでも、銃持ってて捕まったら、こんなもんなのかなぁ?)

 無知ゆえに、サイトはひたすら耐えていた。  ハルケギニアでの日々が無ければ、耐え切るのは不可能だったに違いない無為な日常  緩慢な毒の様にサイトを侵すソレに、心が壊れそうになる寸前。

 ――見覚えの有る光が、サイトの前に現れた。

 『帰れる』サイトの心に有ったには、その想いだった。  故郷に帰ってすぐの投獄。

 ――最早サイトにとっての故郷は、日本ではなく。

「待ってろよ! ルイズっ」 291 名前: えむえむあ〜る 7/7 [sage] 投稿日: 2007/12/26(水) 00:21:36 ID:kN8yWABH  ヨルムンガルド10体に、使い手とエルフが一人づつ。

 ロマリアとガリアの戦力差は明白だった。

 ヨルムンガルド一体を倒すのに、エルフ一人を倒すのに、  ルイズ――使い手一人と、サイト――ガンダールヴ一人が必要だった事を考えると、  ガリアの投入した戦力は、『大人げ無い』としか言いようの無いものだった。  ヴィットーリオの策は、単に質量の差に敗れた。

 策で埋められる戦力差など、高が知れていたのだ。  唯一の勝ち目はジョゼフを殺すことだが、使い手がジョゼフだと知れたときにその手段は封じられた。

 じわじわと弄られ消耗しきった使い手と、三分の一にまで数を減らしたロマリアの国軍にとって、最後の希望は一つしかなかった。

 ―-ティファニアの使い魔。  語ることすら……そう歌われる、彼女の使い魔にすべてを託す。

 必死で説得された彼女がやっと唱えた、『サモン・サーバント』そして現れたのが……

「サイトっ?」 「ただいま……テファ?」

 ゲートから飛び出したサイトを迎えたのは、大きなおっぱいだった。  少し離れた所にルイズを見つけると、自分を無理やり追い返した事実に思い当たり、  すこーしだけ、意地悪をする事にした。   「テファ……俺、ルイズに捨てられちゃったから、これから使い魔としてよろしくな」 「え? ちょっ……あの……サイト?」 「さぁっ、いまこそコントラクト・サーバントだっ!!」

 詠唱も無しで、テファの唇を奪おうとするサイトに、勢い良くぶつかった物が有った  <始祖の魔道書>……分厚くてとても痛い。

「あああ、あんたねぇぇっっっ」 「なーんーでーすーか『元』ご主人様! 俺はこれからおっぱいと共に生きるんだから、 ほうっておいてくださーい」

 ――いつもはおとなしく受けていたルイズの暴行を、今日のサイトは軽々と避ける。 ルイズをしつこくからかいながら、この機会に自分の立場を確固な物にしようと……

 ――虚無を使い、サイトが立ち去った後を見ながらヴィットーリオは悩んでいた。

『自白剤を用意しろっ』 『この器具はどうでしょうか? 効果的な尋問が望めるかと』 『……うむ、この道具の使い方は分かるか?』

 ジュリオと共に、異界を覗く。

「聖下、追い返したらたのしそーだなー、とか思ってません?」 「……う〜〜ん、どうしようか?」 「「追い返すのも面白そうだよね?」」

 ロマリアの使い手と使い魔は余興が大好きな為、  サイトが調子に乗りすぎるのは、非常に危険なのだけれど……