※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

460 名前: ココロのキズナ(1/2) [sage] 投稿日: 2007/12/30(日) 21:22:57 ID:e5M3/THW わたしはあいつのご主人さま。

あいつはわたしの使い魔。

初めはそんだけの関係だった。

あいつが、わたしの前に立って

ゴーレムや魔法なんかからわたしを守ってくれた。身を挺して。

使い魔はご主人さまを守るもんでしょ。

初めはわたしの言いつけを守ってるんだけなんだと思ってたの。

だけどね。違ったの。

あいつ、わたしのこと好きって言ってくれた。

あいつにとってわたしはご主人さま以上の存在だったの。

わたしは・・・?

わたしにとってあいつはなんなの?

だたの使い魔?――ううん。違うの。

じゃぁコイビト?――ちちちち違うもん。

・・・じゃぁスキナヒト?――ちちち違う・・・

・・・・・・うそ。

ホントは・・・ホントは・・・スキ。

でも言えない。

言っちゃいけない。

あいつは、わたしの世界とは違うとこから来ちゃったの。

あいつは、いつか帰らなきゃいけないの。

スキって言っちゃったら、あいつが帰りたくなくなっちゃうんだから・・・

461 名前: ココロのキズナ(2/2) [sage] 投稿日: 2007/12/30(日) 21:23:28 ID:e5M3/THW

・・・・・・うそ。

スキって言っちゃったら、わたしが帰したくなくなっちゃうの。

わたしにとってあいつはココロの全て。

わたしのココロのキズナのすべて。

でも、あいつの帰る方法が見つかっちゃった・・・

どうするの?わたし。

どうしたいの?わたし。

やっぱり・・・帰してあげるわ・・・あいつを。

・・・・・・うそよ。

ホントは帰したくはなかったわ。

でも。

会える。絶対。 また会ってみせる。必ず。

サモン・サーヴァントを何百回唱えようと

必ずサイトの目の前にゲートを開いてみせる。

わたしとサイトのココロのキズナ。 始祖のルーンにも負けないんだから。