※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

469 名前:比翼連理[sage] 投稿日:2008/01/18(金) 22:00:05 ID:0r9Vi4PN


「ん、ふぅ、んん……」


 灯を落とした暗い部屋の中に押し殺した喘ぎが漏れる。  毛布にもぐって響きを抑えているはずのそれは、その中で反響する。  その内に篭った彼女の耳には、どうにも大きく聞こえて仕方ない。


 この居室の外には、距離はわからないが、誰かしらが控えているに違いなかった。  その誰かに聞かれてしまったら……このような、いやらしい声を聞かれてしまったら、 一体どうなってしまうだろう。  もし、その誰かが、騎士の自尊心もない、若い男だったら。  その若い情欲のままに、おもうさま嬲られてしまうかもしれない。


 それでも、下着に当てた指は湿った部分を強く押さえたまま、離せずにいる。  彼女の熱っぽい瞳は、なにか浮かんででもいるかのように、虚空をじっと見据えていた。


「く、ぅ……ウェールズ、さま……」


 その名は、この唇で呼んではいけない名前。  もう……呼ぶことの出来ない名前。


 アンリエッタの心は未だ、彼と共に在れた短い短い時の中にあった。  例えば、初めて出会った日。湖畔で誓った言葉。  その先の回想も、幸せで甘酸っぱい……忘れ得る事のない、素敵な思い出が続く。  自然、目元や口元がゆるみ、柔らかな微笑みが浮かぶ。  欲に染まった頬と潤む瞳を合わせれば、少女のそれというより、妖艶な笑みに見えた。


 ……しかし、共に過ごせた幸せな時間は、ほんの僅かな時間のこと。  思い返していると、しばし後には彼の最期の瞬間に辿り着いてしまうのだった。  優しいパステルカラーに彩られていた世界は、そこで一転、凄惨な深紅に染まる。  アンリエッタはぎゅっと目を閉じた。……だが、その色はいつまでも消えない。



 そもそも、アンリエッタという名の少女は、弱かった。  女王などという立場に立てるような気性ではなかったし、そのような立場になるなど、 考えたこともなかった。


 その小さな掌には広すぎる街。この瞳に映すにはあまりに遠大な国土。  飢えと身分差に苦しむ平民。誇りを忘れた哀れな貴族。  真意の知れない外の国々。そして、今やどれほど憎んでも足りないレコン・キスタ。


 王の冠という物は、まだ少女の色を残すアンリエッタには、あまりにも重かった。  あの日、重すぎる冠を振り捨てて、ウェールズと逃げると決めた時。  口でなんと言ったところで、やはり自分はどこかほっとしていたに違いなかった。  自ら、重責から逃げ出したわけではない。  自ら、この冠を投げ捨てたわけではない。  ……そう、愛しいウェールズの言動を、自他への言い訳にしなかっただろうか?  否とは、とてもいえない。


 彼を思い返すと、終いにはそんな罪悪感と悲痛に苛まれた。  しかし、どんなに忙しく公務をこなそうと、彼を思わぬ日は一日とてなかった。


 そんな日々はいつしか、心痛を手淫で慰めるという術を彼女に教えてしまったのである。



「あぁ……あふ……ウェー、ルズ、さまぁ……」


 ただ強く押さえていただけの手は、いつの間にか撫でるような動きをしていた。  下着はいつの間にか溢れた淫液にぐっしょりと濡れている。


 ただの罪悪感ではすまない。  自分はこのような浅ましく卑猥な行為に、彼を思い浮かべている。  誇り高く逝った彼を、こんな時に思っているのはなんと愚劣な事だろう。


 そう思えば思うほどに、下腹の甘い疼きは増していく。  それがまた罪悪感にかわり、浮かんだ罪悪感は更に腰を疼かせる。  この行為はすでに無限回廊と化していた。


 ……眠れぬ夜の眠れぬ理由は、一体なんだっただろう。  その境はいつしか溶け合い、今ではもう、どちらともつかないのだ。


 すっかり熱く充血した秘芯を、指の腹でぐりぐりと押し潰し、アンリエッタは呻く。  ……声を、出してしまいたい。  いやらしい声を出して、そして、それから?  わからない。どうなってしまうかなんて、わからない。  むしろ、どうなってしまうかわからないから、声を出したい?


「ぁ……っ、は、あぁ…………あぁんっ」


 あと少し。もう少し。ほんの、少しだけ、大きく。  心の中の悪魔の囁きが、僅かずつアンリエッタを煽っていく。  それからふと、扉に意識を向けた。そこに控えている騎士は誰だろう、と。


 ……意識の中に浮かんだウェールズが、霧がかかったように揺らいだ。  その髪と瞳の色が、トリステイン人には少ない、黒に変わる。


 脳裏に浮かんだのは、幼馴染が喚んだ使い魔。  彼女の代わりに七万もの大群と戦い、一時は生死不明になった彼。  先日近衛騎士に任命した……才人の姿であった。


 ルイズ・フランソワーズの傍にいるはずの彼が、ここを守っているはずがない……。  そんな冷静な判断は、すぐさまどこかへ飛んでしまった。  今にも意識が飛んでしまいそうなその瞬間、浮かんだのは安宿で才人の傍にいた時間。  ……それこそが、彼女を最後の一線まで押し上げる刺激になった。


「くぁ、んふぅ……さ、サイト殿……っ! ……あっ! あぁぁっ!」


 快楽の荒波にびくびくと身を震わせる。  しかし、彼女が浮かべた表情は、淫らなそれではなく、愕然としたものであった。  未だ激しい呼吸に、はだけた胸が大きく上下する。


 …………わたくし、どうしてしまったというの?  ウェールズさまを忘れて、他の誰かを愛すると誓ったあの日から……まだ、どれほども たっていないというのに。  永遠に愛すると、そう誓っていたというのに。


 このような時に思い浮かべるのは、手を許すという程度の事ではない。  真実このような関係になっても悪くない、と心のどこかで考えていなければありえない 事に違いなかった。  ……少なくとも、アンリエッタはそう思った。


 本人も気づかぬ内の、大きな変化。困惑と恐怖に胸が苦しくなる。


 今……今この時、わたくしが会いたいと望んでいるのは……誰?  ウェールズさま? ……それとも……。


 見開いた瞳の奥からは澄んだ雫が次々に溢れ、淫らな行為に上気した頬を零れ落ちた。


 無数の死と贖えぬ罪が渦巻いた戦乱と、その後の多忙な日々……。  脆弱な彼女の心は緩やかに、しかし確実に軋み、歪みつつあったのである。




「……ずいぶんとお疲れのご様子だな、女王陛下は」


 苦渋の表情を浮かべ、陛下の居室の前を守っていたのはアニエスであった。  異変に気づいて早々に人払いをしたのは、はたして正解だったようだ。  しかし、このような嬌声を聞き続けるのは、同じ女性の身にしても辛い。  室内の声に共鳴するように、下肢にじわじわと忍び寄った痺れを、気力で抑える。  それでもしばらくすれば耐えかねて、アニエスはまだ静かにならない部屋の前を離れた。


 手近な窓に歩みより、桟にそっと指をかける。  そして、月をすっかり覆い隠してしまった暗雲を見上げた。  その光景はまるで、今の陛下を表しているようにアニエスには思えた。


 切っても切れぬ縁の象徴とされる、夜空に並ぶ比翼連理の双つ月。  ……ならば、その片割れを失った月は、どうなるのだ?  この空のように、残された月までも、暗雲に飛び込んでしまうのではないだろうか。


 切っても切れぬというのは……逆に言えば、片割れのみでは存在できないという事だ。  片翼で飛ぶ鳥など、この世には存在し得ないのである。


 ……貴殿はなぜ、生き延びてくださらなかったのだ。  このままでは何もかもが壊れてしまうかもしれませぬぞ。  陛下とて無垢な輝きを失い、冷徹な主君か、虚ろな操り人形と化してしまうやもしれぬ。


 貴殿はそれでもよいとおっしゃるか?  貴殿はそれでも、王家の為、名誉の為に死んだ事は正しかったとおっしゃるか?


 ……答えを返そうにも、貴殿はもう、この世には在らぬのだな……。


 会ったこともない、名と立場しか知らない彼に、心の中で問い続ける。  それから深くため息をついて、アニエスは頭を振った。


 ……いや、私こそ、彼を理由として逃げようとしているのかも知れぬ。  今、女王陛下を守り支えるのは、我らのお役目ではないか。  ……そうだ。陛下は幾重にも重なるご心労にひどくお疲れなのだ。  この辺で一度、気分転換になる何かがあればよいが……。


 窓の側をはなれ、再び部屋の前に戻ると、室内は静かになっていた。  これ以上彼女の痴態を耳にせずにすむと知り、アニエスはほっと息をついた。


 ……アンリエッタがウェールズとは異なる名を呼んで果てたのは、ちょうどアニエスが 部屋の前を離れている間だったのである。  彼女の耳にそれが聞こえなかったのは、はたして幸いであったのかどうか……。



 それは、スレイプニィルの舞踏会の、少し前の出来事。





(レスで頂いたご指摘を受けて、掲載時に一部修正。ありがとうございます。)