※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

96 名前:for63(鬼畜に付き注意)[sage] 投稿日:2006/09/08(金) 12:09:39 ID:aIguWU9Q 「…もう…やめてぇ…」 聞こえない。 「…ひぐっ…」 ベッドの上のルイズは涙で目を腫らし、必死にその涙を手の甲で拭っていた。 学生服は引き裂かれ前を露わにし、スカートは脱がされて、下着などは部屋の隅に投げられている。 「アンタ…なんで…」 「さてね…犬だから獣にでもなったかな…」 サイトの目に憐れみなどない。あるのはルイズを犯す思考だけ。 ルイズの全身には至る所にサイトの欲望がかけられていた。 その小さな胸に。 その端正な顔立ちに。 その柔らかな桃色の髪に。 一番浴びせられているのは、 「ほら、こっちに向けろよ」 「いやぁ…」 無理矢理ルイズの脚を広げると、そこに体を割っていれた。 彼女の大事な場所から流れ出ている液体は間違いなくサイトの精液。最早破瓜の痛みなど忘れさせる位に注ぎ込み、犯し尽くした。 サイトはソコに両手の人差し指と中指を差し込み、広げる。 「もうユルくなっちゃったかな…?」 「酷いわ…酷いわよぉ…」 ヌルヌルとした内膜はルイズの愛液とサイトの精液が塗りたくられ、白濁した液体にまみれている。その奥には、サイトの精液が溜まっていた。 ルイズの膣にサイトの精液で池が出来たように、大量に注がれている。

97 名前:for63(鬼畜に付き注意)[sage] 投稿日:2006/09/08(金) 12:10:50 ID:aIguWU9Q 既に子宮一杯に注がれているのだろう、膣まで溜まっているのだ。 「赤ちゃんが…出来ちゃう…」 「そりゃいいや。俺の子供産めるように毎日使って慣らしてやるよ」 チャプチャプと音を立てるルイズの中に満足し、サイトは股間に血が集まるのを感じた。 「栓…しないとな」 「ひぐっ!」 再びルイズを貫く。サイトに何度も貫かれた穴は最初に比べればすっかり緩んでいたが、サイト専用と言わんばかりの絡み付きを見せた。 しっかりとルイズの腰を掴み、何度も打ち付けていく。 「ひゃぐっ!ひぐっ!」 「またイキそうなんだろ?」 その間にもグチャグチャと二人の接合部分は音を立てていく。

幾度と無く打ち込まれたルイズの瞳は虚ろになった。 「ルイズ?」 「は…ひぃ…?」 「俺の肉奴隷にならないか?」 「ひゃ…はぁ…にく…どりぇい?」 「俺が言えばすぐにルイズはこの穴を差し出すんだ」 「…ひゃ…しょんな…」 「その代わり、毎日こんなに気持ちいい事してやるし、ずっと俺の側にいられるぞ?」 「…サイトのしょば?…」 「ああ、ずっとお前を愛してやる…」 「ホント?…愛してくりぇりゅの…?」 サイトは唇を貪った。 「こんなキスもいつだってしてやるさ…」 「美味しい…サイトのお口美味しいよぉ…」

98 名前:for63(鬼畜に付き注意)[sage] 投稿日:2006/09/08(金) 12:11:53 ID:aIguWU9Q ルイズはサイトの唇を貪り返し、その唾液を奪うようにして飲み込んだ。 「どうなんだ?ルイズ?」 「私…サイトの…肉奴隷に…」 「なるのか?」 「なるよぉ…だからもっと…私を好きになって…愛して」 ルイズは恍惚とした表情でサイトに答えた。 「ああ…分かった。じゃあいつも中で出していいよな?」 「私サイトの赤ちゃん産むから…いつでも使っていいから…」 「好きだよ。ルイズ…」 溢れ出さんばかりにサイトの欲望がまた、ルイズの中で炸裂した。

「私今…外も中もサイトので一杯…」 全身に浴びせられた液体でルイズは満足していた。 体のドコに触れてもサイトの液体でヌルヌルであり、また、膣からはとめどなく精液が流れ出している。 そんなルイズをサイトは後ろから抱きしめていた。 「お前は俺のモノだからな…」 そう呟くと再び唇を貪り合う。

数日後 「ルイズ?」 「ん?」 「休み時間…」 「分かったわ…」 授業の合間にサイトは「要求」した。

滅多に使われないトイレの個室で 「ん…」 ルイズがスカートを向けてめくり上げれば、そこには小さな白く、美しいお尻が存在した。すぐに下着をずりおろしサイトに向ける。 「いいわよ…今日はどれにするの?」

99 名前:for63(鬼畜に付き注意)[sage] 投稿日:2006/09/08(金) 12:13:17 ID:aIguWU9Q 「ん?そうだな…」 既に全ての穴はサイトにより開発されている。サイトの事を考えるだけでルイズは穴を「支度」できるようになっていた。 後ろ向きのルイズのお尻の割れ目に手を入れ、タテスジを二本指で割る。 「もうビショビショ…」 「早くして…休み時間が終わっちゃう…」 「急かすなよ…それに…」 ガバッ 両方のお尻に手を当て大きく開かせた。露わになる、もう一つの穴。肛門。 「ヒクヒクしてるぞ…」 「アンタがいつでも出来るようにしとけって…」 「いい子だなルイズ」 ルイズの背中越しに口づける。 「ん…サイトぉ…」 「さて…どっちにしようかな…」 自らのモノを取り出し、膣と尻穴に上下させるようにして交互に肉棒をあてがっていく。 「ど・ち・ら・に・し・よ・う…」 「意地悪しないで…早く…」 「早く、何?」 「サイトのオチンチン…頂戴…」 最近は卑猥な言葉を言えるようサイトは「教育」した。地球の色々な言葉を教え込んだのだ。 「じゃあ、使いたい方の穴で自分でいれてみて?」 「うん…」 慎重にルイズはお尻の割れ目にサイトのそれを飲み込ませていく。 「なんだ…ケツの方か…」 今サイトの亀頭に当てられているのは後ろの穴だった。 「ん〜!」 ルイズの様子がおかしい。

100 名前:for63(鬼畜に付き注意)[sage] 投稿日:2006/09/08(金) 12:14:17 ID:aIguWU9Q 「どうしたんだ?」 「届かない…」 どうやら前穴を使いたいのに身長差で届かないらしい。懸命にルイズ自らお尻に両手を当てて両穴を丸出しにしてみるものの、当たるのは後ろの穴だけ。 「届かないよぅ…」

ズブッ 「ひゃぁ!」 サイトはルイズの腰ごと持ち上げ、突き刺した。 「おまんこがいいんならそう言えばいいのに…」 「あ…りがと…サイト…」 ルイズは壁に手をつき、腰を打ち付けていく。 「昨日の俺のが…まだ溜まってるぜ…」 「サイト用の穴だもん…」 まだサイトは出していないにも関わらず、白濁した液体が溢れ出していく。 「この調子なら…ホントに子供できちゃうな…」 「いいの…サイトの子供が出来たってサイトが私を愛してくれるなら…だからサイト…」 「ん?」 「私を嫌いにならないで…おまんこもお尻の穴もいつでも使っていいから…」 締め付けを強くしようとルイズは自らのクリトリスを弄り始めた。 「あ…ひゃ…」 「また…キツっ…ルイズ…」 ジワジワと締め付けをキツくしていく。 「ん…子宮とサイトのオチンチンがキスしてる…」 「じゃあこっちもだ…」 無理やりルイズを振り向かせ、唇を奪う。

101 名前:for63(鬼畜に付き注意)[sage] 投稿日:2006/09/08(金) 12:16:20 ID:aIguWU9Q 「ルイズはいいな。二カ所もキスしてもらえて…」 「あは…嬉し…」 サイトは限界を感じて強く腰を打ち付けていく。 「でる…ルイズ!」 「サイト…出して!」 再び溢れんばかりの欲望をサイトは吐き出した。

繋がったままルイズは余韻に浸っていた。 「サイト…」 後ろを向き、サイトの顔を覗く。 彼のその唇の端が、歪んだ。 「へ…」 「よっと…」 ルイズの両腕を掴み、引き寄せる。 「へへ…これで抜けないよな…」 「あ…」 サイトに抱えられて漸く入った穴だ。その上、両手首を捕まれている。オートバイに見立てれば、ハンドルがルイズの腕と思えばよい。 前輪がルイズの脚、後輪がサイトの脚にあたるだろう。ただ接合部は、快楽の中心。 「このままトイレの外まで歩け…」 「え…そんな…」 既にサイトのソコは力を持ち、ルイズを再び貫いている。 二人の繋がり目からはとめどなく愛液と精液が垂れ、床を濡らしていた。 「人には見つからないさ」 「でも…」 「授業に間に合わないぞ」

「ん…」 ヨタヨタとルイズは歩き出す。サイトはわざと遅れながら進み、何度もルイズを貫きながら進んでいく。 「またキツくなってきた…」 「こんなの無理…」 二人の混ざった液体を滴らせながら進んでいく。

何とかトイレを脱出すると、サイトから解放された。 ルイズは下着を履き直す。 「しっかり締めてないと溢れるぜ」 キュッ ルイズは出来る限り股間に力をいれ、内股で歩きだした。サイトの肩を借りて。

「今日俺、お前より遅れて帰るから…」 「え…」 「シエスタのトコじゃない。ただの剣の練習」 「…」 「だから……の格好で待ってるんだ」 「…分かった」 「今晩も…な?」

サイトの欲望は止まらない。

どっちかって言うと滅茶苦茶ルイズって言うか奴隷ルイズ…一応…for>>63。希望通りじゃなかったらゴメン。では次のシチュへ…希望があったらまたどんどん書いてってくれ。じゃ、また。