※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

409 名前:虹のあとで[sage ] 投稿日:2006/09/26(火) 19:44:45 ID:NT2Y1rVz 「なんだかなあ」

才人は拍子抜けしていた。 オルレアンの屋敷から帰ってから丸一日。 『続きは学院で』とか言っていたタバサは、帰ってすぐに疲れのためか、部屋に帰って寝てしまった。 開放された才人は、特にすることもなく中庭で素振りなんかしていた。

「最近こればっかだね相棒」 「相手のいない戦闘ってなんて素敵なんだろう!」 「…ものすごい隠喩だなソレ」

そうやってしばらく汗を流していると、さすがに疲れてきた。

「今日はこの辺で上がるかー」 「あんまりヤりすぎるとやつれるしねえ」 「…どういう隠喩だよソレ」

水場で髪にまとわりついた汗を流し、寮の入り口の階段を上がる。 すると。

どんっ

入り口から飛び出てきた、何かにぶつかった。 その何かは才人に弾き飛ばされ、床に転がる。

「お、おい、大丈夫かタバサ!」

それは、あれから姿を見せない、タバサだった。 タバサは数秒床に仰向けにすっころんでいたが、いつもの鉄面皮で上半身を起こした。 そして周りをきょろきょろと確認すると、眉を軽くへの字に曲げて、不機嫌そうな声で、

「シャルロット」

自分を指差し、そう言う。 そういや、二人きりの時はそう呼べって言ってたっけ。

「ごめん、シャルロット」

才人に名を呼ばれ、タバサの頬に朱が指す。 そして視線をつい、と外すと、何やら懐から小さな冊子を出し、ページを繰って確認する。 …よし。

「どーした?」

タバサの行動に何か不振なものを感じ、才人はタバサに語りかける。 タバサは一度おほん、と咳払いすると、才人に向けて両手を広げて見せた。

「…抱っこして」

空気が固まった。

410 名前:虹のあとで[sage] 投稿日:2006/09/26(火) 19:45:47 ID:NT2Y1rVz

タバサの読んでいた小冊子は、『年上を落とす48手』。開いていたページは、『出会い頭にぶつかった場合』のコーナー。

「…何読んでんだよお前」

そう呆れた才人の腕の中で、タバサは真っ赤になりながらも物凄く嬉しそうだ。 タバサは今、才人に『抱っこ』されて、タバサの部屋に向かっている。 才人はあの直後、完全に固まったが、トマトより真っ赤になって泣きそうになっているタバサを見て、思わず抱き上げてしまったのである。

「ったく、しょーがねーなーもう」

タバサの腕は才人の首に回され、才人の右手はタバサのお尻の下に、左手は背中に回され、タバサの大きな杖を抱えている。 鍛えられた才人の腕は、タバサ程度の体重ではビクともしない。 っていうか、軽いなこいつ…。 たぶん、ルイズより軽い。ひょっとすると、デルフリンガーとこの杖を合わせたより軽いんじゃなかろうか。

「シャルロット、ちゃんと飯食ってるか?」

余りに軽いので、才人はひょっとするとこいつ栄養失調なんじゃないか、と心配になる。 タバサは、才人の耳元で応える。真っ赤になった顔を見られたくないので、顔は合わさない。

「…ちゃんと食べてる。一日二回」

朝と昼だけ。夜は本を読むので忙しいし、普段から動くほうではないのでお腹もすかない。 …軽いはずだよ。

「ちゃんと三回食え。じゃないと大きくなれないぞ」

タバサは才人の胸板と密着している自分の胸を見て言う。

「サイトは大きいほうが好き?」

意味が違う。 違うけど。

「好きって言ったら夜も喰うか?」

才人は質問に質問で返す。 タバサは少し考えた後、

「うん」

と頷いた。 サイトが大きいのが好きなら、頑張って大きくなる。 こないだのアレで、成長したら大きくなるのは証明された。 …がんばる。 そんな話をしていると、いつの間にかタバサの部屋の前についていた。 才人はタバサを床に降ろそうとしたが、タバサは才人の首に手を回したまま、イヤイヤをする。 どうやらまだ降りたくないらしい。

「あのなシャルロット。降りてくれないとドア開けらんないんだけど」

するとタバサは、手を離して床に下りると、ドアを開けてまた才人の前までとてて、と戻ってきた。 そして赤い顔で両手を広げて、

「…部屋の中まで抱っこして」

どうやら抱っこが気に入ったらしい。 やれやれ、と思いながらも、仕方なく才人はタバサを抱き上げ、部屋の中まで運んだ。

411 名前:虹のあとで[sage ] 投稿日:2006/09/26(火) 19:47:03 ID:NT2Y1rVz

タバサは部屋の真ん中にきてようやく、才人の腕から下りた。

「…ありがと」

タバサは才人から目を逸らしながら礼を言う。頬がまだ少し赤い。 少しからかってみる。

「まさか、抱っこが好きなんてな。甘えんぼさんだなシャルロットは」

みるみるうちにタバサは赤くなり、ついっ、と背中を向けてしまう。 かなり久しぶりの『抱っこ』が気持ちよかったのは本当。だけど…。

「…だから」

必死に搾り出したような小さな声で、タバサがそれだけ言う。 よく聞こえなくて、才人は聞き返す。

「何?」

その言葉に、タバサは振り返って言い切った。

「甘えんぼうなのは、サイトにだけだから…」

眼鏡の下の目が潤んでいる。才人の中のワーニングサインが点灯する。 そ、そういえば、『お礼』の件がまだ終わってなかった…。 ゆ、油断したぁー! もう手遅れである。 タバサは才人に歩み寄ると、きゅ、と才人を抱きしめた。

「お礼、受け取ってくれる…?」

そして、甘えるような瞳で、下から才人を見上げる。 い、いかん、タバサに手出したらマジで俺犯罪者だって! …前のアレはタバサが無理やり、だったので不問とします。

「お、落ち着けって!」 「落ち着いてる」

言ってタバサは才人から身体を離す。 ぱさっ 衣擦れの音とともに、下がったタバサの足元に、紺色の布が落ちる。 いつの間にスカート脱ぎやがったコイツ! その白いブラウスの下からは、半透明のキャミソールが覗いている。 その下には、白い肌に映える、白いレースのショーツ。 上目遣いに才人を見上げ、恥ずかしそうに言葉を繰り出す。

「が、頑張る…」

何を頑張る気だーーーー! 心の中で突っ込んでいる隙に、タバサはぺたん、と才人の足元にひざまづき、ぱんぱんに張り詰めた才人の股間に手を伸ばす。 ちょいまちちょっと待ていきなりそーくるか! 慌てて腰を下げようとするが、ソレより前に、タバサの白い指がジッパーを降ろしていた。 その隙間から、才人がぽろん、と飛び出す。

「ちょ、ちょっと待て!」 「待たない」

そう言ってタバサは、その小さな唇を才人の先端に押し当てた。

412 名前:虹のあとで[sage] 投稿日:2006/09/26(火) 19:48:50 ID:NT2Y1rVz 「うぁっ」

突然の感触に、才人の口から思わず声が漏れる。 才人自身へのキスの反応で気をよくしたタバサは、竿や裏筋にもキスをする。 しかしそれはおずおずと唇を押し付けるだけのもので、シエスタの奉仕やアニエスのしごきに慣れた才人のモノには通用しない。 キスが効いていないと悟ったタバサは、いよいよ次の行動に出ようとする。 …これを、咥えるの…? タバサは恐る恐る口を開き、その先端を呑み込もうとする。 しかし、才人はその頭を掴み、タバサを引き剥がす。

「さ、サイト…?」

唇の端から透明な粘液を垂らしながら、タバサは才人を見上げる。 そのタバサの唇を、才人が強引に奪う。

「んむぅ…」

そのままタバサの唇を割り開き、舌でタバサの口内を犯す。

「ん、んん…」

突然のディープキスに、タバサの思考が白く染まる。 才人はタバサの身体から力が抜けたのを確認すると、唇を離した。

「ふぁ…」 「ホントにいけない子だな、シャルロットは」

才人はそう言って、脱力したタバサを抱き上げ、ベッドに腰掛けさせる。

「いけない子には…お仕置きが必要だな」

言って、あっという間にタバサのショーツを剥ぎ取る。

「あ、ダメっ」

慌てて秘所を押さえようとするタバサだが、一瞬早く才人の右手がそこを覆った。 そこには産毛すら生えておらず、つるつるとした感触が陶器のようだ。 才人は右手でタバサの秘所を覆い、中指を割れ目に沿ってくにくにと動かす。 そこは、にじみ出た粘液で湿っていた。

「…ゃっ…」

思わず出そうになる声を、右の袖を噛むことで必死に堪える。 左手は倒れそうになる身体を支えるのに使う。 タバサの秘所は、今や才人の手に完全に支配されていた。

「お仕置きだからね?優しくなんかしないよ」

そう言って、一気に中指を折り曲げ、指でタバサを犯す。

「…んくっ…」

タバサの顔が羞恥と快感と、軽い痛みに歪む。 僅かに湿っている程度のタバサの中に、才人の指が無理やり割り込む。 処女を失っているとはいえ、まだ回数の浅いタバサの中は、中指だけでもきつい。 才人は中指を入れたまま動かさず、代わりに人差し指と薬指でタバサの恥丘を柔らかくもみしだく。

413 名前:虹のあとで[sage ] 投稿日:2006/09/26(火) 19:49:34 ID:NT2Y1rVz 「…っふ!…」

袖を必死に噛み締め、タバサはその快感に耐える。 才人は柔らかなそこの感触を楽しみ、徐々に溢れてくる雌の証を指に絡ませる。 くち…くち… やがてタバサのそこが、明らかな水音をたてはじめる。

「お仕置きなのに感じてるのか?本当にいけない子だな」

耳元でそう呟く才人に、タバサは袖を咥えたままイヤイヤをするだけだ。 恥ずかしさと快感に、その頬を上気しきり、口から溢れた唾液で袖はすでにずぶ濡れだ。 その目が一瞬見開かれ、背筋がビクン!と跳ねる。袖口から口が離れ、唾液のアーチが宙に舞う。 才人の親指が、充血した肉の真珠を柔らかく押し潰したのだ。

「…は…うあ…」

タバサの身体が脱力し、才人の肩に身体を預けてしまう。 そしてすぐに、その口から声が漏れ出す。

「…や…止め…も…」

絶頂に達した後も才人の指は止まらず、タバサの秘所を責め続けていた。

「お仕置きだからね。シャルロットの言うことは聞いてあげない」

才人は言って、今度はさっとタバサの前から身体を退かす。 才人の肩に寄りかかっていたタバサは、思わず前かがみになって両手をベッドサイドについてしまう。 ふと、股間から送られてくる快感が止んだ。 見ると、才人の顔がタバサの太股の間にあった。 気づいた時には、才人はタバサを啜り上げていた。 すでにその桃色の花弁からは、蜜が滴るほどに溢れ出ていた。 ぢゅるるるっ! 才人は、出来るかぎり淫らな音をたて、タバサの花弁を吸い上げた。

「ふぁぁぁぁぁぁっ!」

口を塞ぐことすらできなかった。 背筋が跳ね、羞恥と快楽に意識が飛ぶ。 才人は花弁を啜るだけでは飽き足らず、小さなタバサの膣道を、舌で犯し始めた。 溢れ出る蜜を掬い出し、できるだけ音をたてて啜る。 ちゅる、ちゅるるっ その音にタバサの脳が揺さぶられ、快感が高まっていく。

「らめ、らめぇっ!」

水色の髪を揺さ振り、飛んでいきそうな意識を必死に繋ぎとめる。 しかし、才人は非情だった。 膨らみ、包皮から頭を出したタバサの中心を、唇で甘噛みしたのだ。

「−−−−−−−−−−−−−っ!!」

声を出すことも許されず、タバサの意識は白濁した。

414 名前:虹のあとで[sage ] 投稿日:2006/09/26(火) 19:52:34 ID:NT2Y1rVz 目を覚ますと、才人の胸を枕にしていた。 自分の身体を確認すると、逝った時のままだった。 どうやら才人はあの後、逝った自分を抱くことはせず、そのまま抱きしめて添い寝してくれていたらしい。

「…意地悪」

すやすやと眠るその寝顔に、タバサは抗議する。 もちろん反応はない。

「…ばか」

タバサの心の中に、だんだん悔しさがこみ上げて来る。 本当は、本で学んだテクニックで才人をめろめろにし、そのまま事に及ぶつもりだったのだ。 ところが才人は予想より遥かに手ごわく、軽く手玉に取られてしまった。

「…すけべ」

しかし、すやすやと眠るその顔を眺めていると、そんな事はどうでもよくなってくる。 いつもルイズは、こんな気分で才人といるんだろうか。 少し羨ましい。

「…頑張るから」

そう言って、タバサは眠っている才人に口付けた。

股間から感じる妙な感触に目を覚ますと。 タバサがおフェラの真っ最中だった。

「何やってんだタバサー!」

思わず突っ込むと、タバサは才人の一物から口を離し、怒ったような顔で言った。

「シャルロット」

忘れてた。

「い、いやそうじゃなくてだなシャルロット!なにやってんだって!」 「…頑張る」 「何をだーーーーーーーーー!!」

サイトが気持ちよくなるまで、とりあえず今は修行。 タバサは才人の抗議を無視し、起きぬけで元気いっぱいな才人を再び口に含んだ。 タバサの『お礼』はまだ終わらないらしい。〜fin

415 名前:あとがふ byせんたいさん[sage ] 投稿日:2006/09/26(火) 19:55:48 ID:NT2Y1rVz あらかじめ断っておきます。

お兄さんは断じてロリコンではありません<説得力皆無 某絵師様のサイト見てて、タバサのイラストにナイス電波受けたもんで<言い訳 まあ、タバサ外伝も出るしってことでっ(逃げ

ttp://ja001.sukiwikiweb.com/zero/pg/%E8%99%B9%E3%81%AE%E3%82%80%E3%81%93%E3%81%86%E3%81%AB.html の、続きです一応。読む前に読んでおくと幸せになれるかもです?