※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

最近タバサの様子がおかしい。 キュルケはそう感じていた。 本を読んでいるときに話しかけても上の空なのはいつものことなのだが、最近、話しかけた瞬間にその本を閉じてしまうことがままある。 以前なら、誰が話しかけようが読書を中断することなんてなかったのに。 それに最近、タバサの表情が緩くなった。 前は面白い冗談を飛ばしても頬の一つも緩まなかったのに、最近は面白いことを言うと、微笑んだりする。 それがまた可愛かったりするわけで。 まあ、いいことなのだろうが、親友の自分がその変化の原因を知らないことが何か気に喰わない。

「調べちゃおうかしら」

キュルケの中の『微熱』が騒ぎ始めていた。

虚無の曜日。 本来なら、タバサは自室に篭りきり、読書に没頭している日である。 ところがその日は、タバサは朝から自室の扉を開けて外に出てきたのだ。

「ドコ行くのかしら」

廊下の角から顔だけ出し、タバサの動向を見守る。 タバサの手には何冊かの本が抱えられている。図書室に返却にでも行くのだろうか? タバサはそのまますたすたと階段の方へ歩き出す。 キュルケはタバサに気づかれないように、できるだけ距離を開けて尾行を開始した。

タバサが向かったのは、ヴェストリの広場。 図書室とはぜんぜん方向が違う。 タバサは広場の適当な場所に借りてきた椅子と机を置くと、机の上に持ってきた本を置いて、読書を始めた。

「何?野外で読書するだけ??」

これではいつもと変わらない。 まあ確かに、今までのタバサならわざわざ屋外に出て本を読むようなことはしなかっただろうが。 しかし、しばらくするとキュルケにもその理由が分かった。

『おー、早いなタバサー』

なんと、ルイズの使い魔が現れ、タバサに声をかけたのだ。 しかも、タバサは声をかけられると、本を閉じて、なんと才人に向かって微笑みかけたのだ。

『おはよう』

なるほど!そういうことね! キュルケの中のセンサーがビンビン反応する。 タバサはサイトに恋してる。 だから、あんな風に変わったのだ。才人に気に入られるために。 んもー、かんわいいじゃないのっ。 今は自分にはジャンという恋愛対象がいるため、ぶっちゃけルイズの使い魔なんて今はどうでもいいのだが、ヴァリエールのものが奪われる様を見るのはこれツェルプストーの伝統であるからして。

「お姉さん、全力で協力してあげるわっ」

とりあえず、現状を把握することが大事だ。 キュルケは観察を続行することにした。

少しすると、才人は上着を脱いで剣を手に取り、いきなり素振りを始めた。 どうやら才人の日課らしい。 その傍らでは、タバサは黙々と読書を続けている。

「…なんなのこの煮え切らない雰囲気」

もっとこー、視線を絡ませるとか、会話するとかー、しないと進展ないわよ! とか植え込みの陰で思っていると、不意にタバサが立てかけてあった杖に手を伸ばす。 すると、風が才人の足元をすくい、すってんころりん、と転ばす。

『こらタバサ、やったなあ!』

才人はすぐにタバサの悪戯だと気づき、タバサに食って掛かる。 …子供かよ! 思わず心の中で突っ込むキュルケ。

『…シャルロット』

不機嫌な声で、タバサがそう言うのがキュルケにははっきり聞こえた。 …なんですと? タバサは食って掛かってきた才人に、あからさまなむくれ顔でそう言った。

『いやでも』 『今二人きり』 『いちおーオレもいるけどなー』

…待てぃ。 ってことは、サイトとタバサは、『二人きりの時はシャルロット(本名)で呼んでね♪』な仲にまで進展してるってコト? いつの間に!やるじゃないあの子ってば! ワクワクしながらキュルケが覗き見していると。

「なにやってんのキュルケ」

背後から聞きなれた声が聞こえた。

「げ。ラ・ヴァリエール」

そこにいたのはルイズ・フランソワーズその人だった。 まずい。親友と使い魔の逢引なんか見たら、この嫉妬魔人は問答無用で暴れかねない。

「なに?なんか面白いものでも」

こういうときに限ってこのオタンチンはー! 言って、ルイズは、キュルケの覗いていた植え込みの向こうを覗こうとする。 自分の使い魔のこととなると妙に鋭いルイズであった。

「なななな何もないわよ!ちょっとギーシュが地面に埋まってるだけ!」

ひゅ〜〜〜〜〜、どか。

どこからともなく降ってきたギーシュが、ルイズの背後の地面に頭から突き刺さった。

『地面とキスして頭冷やしなさいっ!』

塔の高みから、モンモランシーの怒声が降ってきた。

「…埋まってるわね」 「…見事に」 「見てないで助けてくれよレディたち〜〜〜〜」

くぐもった声でそう訴えるギーシュだが、それに応える酔狂はここにはいない。

「なに?ギーシュの浮気現場でも覗き見してたってわけ?相変わらず下世話ね」 「そそそそーよ!終わったみたいだし帰ろうかしら〜。ふんふ〜ん」

言ってその場でわざとらしく足踏みなどしてみせる。 ルイズが三白眼でそれを見つめる。

「…怪しいわね」

言って、神速の動作で植え込みの向こうを覗き込んだ。 まーーーずーーーいーーー!! 普段トロくっさいのになんでこういう時だけこの子ってば!!

「?何もないじゃない」 「へ?」

ルイズの言葉に、キュルケが二人のいた場所を見てみると。 見事に誰もいなかった。

ヴェストリの広場を出た二人は、女子寮に向かっていた。 もちろん才人がタバサを『抱っこ』して。 『シャルロット』で呼ばなかった罰だそうだ。

「…誰かに見つかったらどうすんだよ」

才人の言葉に、才人の肩の上で今にも雪崩を起こしそうなくらい崩れた笑顔でタバサが応える。

「へいき」 「…いやオレが平気じゃないんだけど…」

こんなとこ見つかったら間違いなく、『ロリコンサイト』だの『お兄ちゃん属性世界一』だのの通り名がついてしまう。

「じゃあこうする」

言ってタバサは杖を軽く振る。 すると二人の身体が浮き、女子寮の屋根に到達する。 そしてもう一度ルーンを唱えると、周囲の景色が青く歪んだ。

「これで、外からは見えない」

どうやら幻術で、周囲から見えなくしたらしい。 そしてタバサは、んー、と才人の身体に全力で密着する。

「お、おいタバサ」 「シャルロット」

怒ったようなタバサの声が、才人の耳を直撃する。

「…2回も間違えた」

完全に拗ねている。

「わ、悪かったよシャルロット」 「…もう許さない」

…声が笑ってるんですけど…。

「いいって言うまでこうしてて」

言ってタバサは、才人の胸に顔を埋める。

「はいはい、しょうがないなあ…」

才人は小さな子供にそうするように、抱きついてきたタバサの髪を優しく撫ぜた。 タバサは、これ以上ないくらい嬉しそうな顔で、その手に頭を預けた。 今回の虚無の曜日は、長くなりそうである。  〜fin