※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

567 名前:サイト×アンリエッタ 1/2[sage] 投稿日:2006/10/28(土) 10:05:01 ID:M4wAFLba 「ん…」 「ここじゃ…まずいんじゃ…」 「野暮な事は…言わないで下さい…」 女王の間。例え城を失ったとしても、女王の玉座がある以上ここは女王の間である。 やはり、一国の主と言うには粗末なもので、石造りの床に絨毯が敷かれ、その絨毯の先に一際立派な玉座がある、だけの部屋である。 本来はそれでも護衛の兵二、三人は配置されている筈だが、今は…

「んふ…」 サイトが玉座に押し込まれるようにして座っていた。 体全体を彼に密着させ、その膝の上に乗り、唇をついばんでいるのはアンリエッタである。 「もう…わたくしに飽きてしまわれたのですか…?」 「いいえ…今でも大好きです…」 「嬉しい…」 本当はすぐにでもドレスを脱いで、全身の肌をサイトに触れあわせたい。 しかし、今は一応公務中だ。それ程の時間は無かった。 「キスだけじゃ…俺…」 「わたくしも…」 もどかしい思いに捕らわれて、二人の制御は徐々に効かなくなって来た。 ただ、水音がいたずらに興奮させていくだけである。

アンリエッタは一度サイトから離れ、長いスカートの下から下着を取り出していく。 サイトからは見えないが、おそらくその中が何も無くなってから、アンリエッタは再びサイトの膝の上に乗る。

568 名前:サイト×アンリエッタ 2/2[sage] 投稿日:2006/10/28(土) 10:06:08 ID:M4wAFLba サイトの方もチャックを下げ、ソレを取り出して待ち構えていた。 チュプ… 「あん…」 「んぅっ…」 ゆっくりアンリの体温が、サイトのソコに染みていく。 その長いスカートの下で、二人は確かに繋がっているのだ。 「すみません…本当ならお胸を使って差し上げるのに…」 「いえ…これだけで充分です…」 アンリエッタはサイトの肩に手を置き、下から突き上げる熱に身を任せていた。 何より、サイトの顔を見られるのが嬉しかった。

「いつ…」 「…は?」 「いつ…誰が亡くなるのかわかりません…だから…こんな場所でも…」 アンリエッタは弁解したかった。この場所で行為に及んだ事を。ウェールズにしても、ルイズにしても、思いが完全になる前に逝ってしまった。 だから、目の前に愛する存在がいると我慢が出来なかったのだ。 「わかってますよ…」 「あぁんっ!」 アンリエッタの熱が高まっていく。それはすぐ、下半身の締め付けと言う形でサイトに知らせられた。 「俺だけはずっといます」 「あ…ありがとう…」 アンリエッタは常に、中を望む。 孕んでも良いのだ。愛する者との間ならば。そう思っていた。 この時、アンリエッタの頭の中に民の事は無い。

「はぁ…はぁ…」 「ん…」 アンリエッタはサイトの胸に縋るようにして倒れ込んだ。 胸の中にある彼女を、サイトは撫でてやる。 「今日も…」 アンリエッタは上目使いに、サイトの顔を見た。 サイトはその顔を見下ろす。 「今日も…夜は…」 「はい…わかってますよ…」 今だけは軽いキスで応える。 そうされると、アンリエッタは瞼をストンと落とし、サイトの胸の中で眠りにつくのだ。 (女王様…姫様…アン…) サイトはその寝息を聞きながら、背中を撫でる手を止めなかった。 華奢な、温かで、柔らかな背中。

この後、サイトが状況を思い出し、アンリエッタを起こしたのは五分後の事である。

ルイズが…いないorz