※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

605 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2006/10/30(月) 01:05:55 ID:yTVM4+Wz 今日もサイトさんはボロボロ… 「いってぇ…」 頭に出来たコブをさすりながら、私の部屋にやって来た。もう就寝時間なのに、「ご主人様」を怒らせた為、寝床が無いという。 いいなぁ… そんなやりとりも毎晩出来るミス・ヴァリエールが羨ましく思う。 たまにしか無いチャンスだ。 「痛かったですか?」 こんな夜遅くでも、ちゃんと手当てしてあげた。サイトさんに触れる機会なんかそんなにないのだから。 でも…いつもボロボロだったら… サイトさんは…いつも私の側に居てくれるのかな… とりあえず、私のベッドの奥側に寝かせてあげた(押し込んだ)。 私がその隣に転がり込む。 「シ、シエスタ?」 「いつも…」 「…?」 「いつもミス・ヴァリエールとは一緒に寝てるんでしょう?」 「…」 やっぱり黙った。わかってる。一番はあの人なんだ。 でも、二番でも… 「二番目でも…」 「え?」 「二番目でもいいですから…私を愛してくれませんか?」 「…シエスタ」 あ… 後でミス・ヴァリエールに怒られてしまいますよ… 好きにしてくれていいですけど…子供だけはちょっと… サイトさんの子供なら…もう少しだけ…待って下さい…

私…無駄にお胸が大きいから、おっぱい沢山出ると思います。 って、そうじゃなくって。 今は…サイトさんと… 「シエスタ…」 「サイトさん…」 何でも許してしまう。お胸でも、その…ソコでも。 サイトさんならあげてしまいたい。 「ここに…どうぞ…」 私もいやらしい。こんなトコ…サイトさんに見せてる。指で、開いてる。 「…いくよ」 「はい…」 中の感覚なんてどうでも良かった。サイトさんが応えてくれる事に、意味がある。 あったかくって、でも中は熱いのが入ってて… 私も動いてます。サイトさんが…気持ちよくなればいいな… でも、加減を間違えちゃうと、 「…あ」

やっちゃった。 サイトさんの子供ならいいですけど、 もう少しだけ…私まだ一応…そういう歳じゃないと思います… 「…シエスタ?」 「はい…」 「ごめん…中で…」 「いいんですよ…サイトさんなら…」 それでもやっぱり…サイトさん…好きです…

甘えん坊のお父さんになるかな? 今でも私の…おっぱいを可愛がってるし… あっ…乳首はダメ…です…

ネタに近い…正直スマン