※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

504 名前:220 1/2[sage] 投稿日:2006/11/17(金) 00:49:22 ID:x/Xf1jFU つルイズが死(この時点でまずい)

「時々思い出してしまうんです…」 「私もです…」 かつての相手はもういない。ただし、かつての相手を今の相手に重ねた訳でもない。 「あなたとこうなるなんて、夢にも思いませんでした」 「そうですね…でも今は…」 いつもとは違う、いつもより幾らか純白に近いドレスを着た彼女は、こう言った。 「幸せですわ」 「アン…」 「それに…」 コルセットでは無い、お腹にゆとりを持たせたドレスはその証である。 その腹をなで下ろしながら、いたずらっぽく笑う。 「こんなお腹にしたのは、どなたでしょう?」 「いや…参ったな」 サイトは頭を掻いた。

例え使い手がいなくなっても、サイトの力は何故か消える事は無かった。 その「力」が理由でサイトはアニエスの後任、最も有能な護衛としてアンリエッタの警護についたのだ。 しかし、アニエスが女性だったせいか、彼女の仕事はアンリエッタと二人きりの時が多く、したがってサイトの仕事もアンリエッタと二人きりの物が多かった。

ある日の事、女王が毎晩寝酒をしている事を、止めようとしたサイトは思い切って酒を取り上げ、酒に酔ったアンリエッタを取り押さえた。

507 名前:220 1.5/2[sage] 投稿日:2006/11/17(金) 00:57:07 ID:x/Xf1jFU

その時の事だ。 サイトが組み敷いたアンリエッタの目に、涙が浮かんだ時の事。 「どうせ…私は…」 「おやめください!姫様!」 「なによ…あなたならわかるでしょう?愛する人もおらず…心の拠り所もなく…」 「…でも」 「あなたも殿方なら、私くらい犯してみては?」 「え…?」 「私の準備は出来ています」 「そんな無茶な…」 「出来ないのですか?あなたは昔の人も振り払えないのですか?」 「…」 「私はどれだけされても構わないというのに…貴方と言う方は…」 「…違う…」 「はい?」 「振り払える…忘れてみせる…」 「何を…きゃああ!」

それから、サイトの記憶は飛んだ。 気が付いた時には、引きちぎられた寝間着と、蹂躙された胸、唇。 何よりも、その痕が徹底的にみられたのは繋がった場所。犯人はわかっている。 「…すみません」 先に口を開き、謝罪の言葉を述べたのはアンリエッタだった。サイトの方が放心していたのだ。 「私…そんな事言うつもりは無かったのに…」 「俺は…なんて事を…」 「良いのです…良いのです…ですから」 「…」 「今度は…サイトさん。あなたの気持ちで…私を抱いて頂けませんか…?」 これが、思いの通じた時だった。

505 名前:220 2/2[sage] 投稿日:2006/11/17(金) 00:50:53 ID:x/Xf1jFU 以来、二人きりの時間を見つけては恋人らしく振る舞い、交わる時にはお互いを気遣い、そして。

「順番が逆でしたわ」 「え?」 「本来なら…夫婦の契りを結んだ後に婚姻するものですから…」 「…」 「あ、いえ、サイトさんだけが悪いのではありませんよ。私も節度があった筈です」 悪いとは思いながら、結局は結婚の運びとなり、サイトは逆にホッとしている。 もしこれで結ばれなかったら、この子はどうなっていただろうかと思うからだ。 「サイトさん?」 「はい?」 「二人っきりの時間、後少ししかありませんよ?」 「はぁ…」 確かに式は迫っている。が、時間にすれば後一時間近くある。 既にサイトはタキシードを着、いつでも出られるのだ。何を急ぐのだろうか。と、サイトは思う。 「だから…」 甘い匂いがサイトの鼻をついた。アンリエッタの目はどう見ても何かをねだっている。 「ここで…ね?」 「ここで…ですか?」 「胸が張って苦しくて…それもどうにかしてもらいたいですし…」 「お、俺が?」 「ええ。あんなに触られたんですもの。大きくなりますわ」 「はあ…」

以前より大きくなった胸が、中にミルクを蓄えている事を象徴するように揺れた。

「では…どうぞ」

なにか目覚めた?…orz