※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

150 名前:オムツタバサ ◆qrZtCzv0Ak [sage] 投稿日:2006/11/24(金) 17:02:56 ID:/QzySgdP 虚無の曜日、トリステインの城下町をタバサと才人は歩いていた。 才人の両手には大量の紙袋にはいった荷物がある。 結論からいうと、勝手に部屋に入った事と、おねしょの事(タバサが悪いのだが)で一日荷物もちをすることになったのだ。 夏の日差しと合わさって非常に重労働だ。 ちなみに、ルイズに関しては、タバサが大きな買い物をしたくて男手が必要なのだと説明して、しぶった顔をしていたが、なんとか了解を得ることができた。 「次はあっち」 大量の荷物に押しつぶされんばかりの才人を尻目に、タバサは次の店へと向かおうとする。 「なんだよ、確かに無断で部屋に入ったのは悪かったけどさ。鍵くらい掛けとけばいいじゃんか……そうすりゃおねしょを見られることも――――いやうそ!何でも無いです」 ぶつぶつと文句を言っていた才人だったが、タバサが杖を握り締めて振り返ったのを見て口を噤んだ。 結局、丸一日を買い物に費やすこととなった。 太陽はもう傾いている。 赤い光を浴び、夕日が目にしみるぜ、などと痺れた両手に力を入れながら思っていた。 そこで才人は、ふと道端の露店に置いてある物が目に入った。

手に持った荷物を置き、それを手にとる。 「お、にいちゃん。目が高いね!それは異世界のマジックアイテムだぜ!効果は……」 「ちょっと黙ってくれ」 説明をしようとした商人を制す。せっかく説明しようとしたのに、気分の悪くなった商人だが、才人のマントに付けられたシュヴァリエの称号を見て何も言わないことにした。 才人は手に取ったそれを確かめる。外側は防水性に優れた素材で覆われているが、内側には肌触りのよい柔らかい透水性素材。

おおおおおおちつけ才人、こういう時には素数を数えるんだッ!

急に立ち止まった才人を、タバサは怪訝に睨む。サイトのマントをくいくいと引っ張り、行こうと意思表示をする。 「あ、あぁ、悪いちょっと待ってくれ。おい、おやじこれ売ってくれ」 シュヴァリエの年金で得たお金をポケットから取り出して商人に渡す。 「へぇ、……旦那も好きですねうへへ」 商人は、才人とタバサに交互に目をやり、にやにやといやらしい笑いをしながら商品を紙袋につめた。

151 名前:オムツタバサ ◆qrZtCzv0Ak [sage] 投稿日:2006/11/24(金) 17:03:33 ID:/QzySgdP 学院に戻ると、すでに日は暮れていた。二人はタバサの部屋に戻り、買ってきた荷物を床に置く。 食事の時間も過ぎ、あとはもう寝るだけである。 そこでタバサがようやく労いの言葉を発した。 「今日はありがとう」 この言葉だけで感無量である。いや、決して俺はロリコンじゃないよ?自分より幼い子の喜ぶ姿は好きだけどロリコンじゃないよ?

そこで才人は意を決したようにタバサに質問した。 「タバサ、聞きたいことがある。前に俺が見てしまったアレのことなんだけど、頻繁にあるのか」 タバサは何も言わない。部屋の温度が3℃ほど下がった気もするが、気のせいだろう。 「いや、別に貶してるわけじゃないんだ。ただ、もしそうだとするなら俺に解決策がある」 その言葉にタバサはピクっと反応した。 これはいける!言え、言ってしまえ俺! 「実はこれなんだけど」 そこで才人は先ほど露店で買った物をタバサに見せる。 「これは俺の世界のマジックアイテムで、これを装着していればもうアレに悩まされることは無いんだ」 いつの間にかタバサは興味津々に、才人が手に持ったそれを見つめている。 「本当?」 「本当!」 「じゃあ着けてみる」 「いや、ただ、これを装着するには非常に困難な手順がありまして、その……なんていうか……俺にしか無理なんです!」 「あなたに従う」

ベッドの上で、下半身に何も付けていないタバサが寝そべっている。 才人は、手に持ったそれを丁寧に開封する。 実は詳しい付け方なんて知らない。けれど、手に持ったそれを強く意識すると、左手のガンダールヴの証が輝きはじめた。 なるほど、これもある意味武器だ。こういう物を使って興奮する大人だっている。いや、俺は違うけどね。 そういう人種にとっては、効果抜群の武器だろう。 使用方法がはっきりと脳に浮かび上がってくる。 タバサに腰を浮かせるように足をそろえて持ち上げ、それをもぐりこませる。 次に足を開かせ、三分の二ほど残った部分をへそ少し下のあたりまでかぶせる。 最後にお尻のほうにあるマジックテープを、腹部の両端で留めて完成だ。 「こここ、これで完成です」 ベッドの上には、オムツ姿のタバサが寝そべっている。 装着されたオムツをぺたぺたと触りながら、本当にこれで大丈夫なのかと思っているようだ。 「じゃ、じゃあ俺はこれで、あああ朝にまたくるよ」 部屋を出て行こうとした才人を呼び止める。 「サイト………ありがとう」

才人は部屋を出たその足で、オムツ姿のタバサを目に焼き付けて、トイレの個室に駆け込んだ。

152 名前:オムツタバサ ◆qrZtCzv0Ak [sage] 投稿日:2006/11/24(金) 17:04:39 ID:/QzySgdP 彼はああいったけど、本当にこれで大丈夫なのかな。 自分の下半身に着けられたそれをぺたぺた触りながら思った。 彼が部屋を出て行こうとする。 恥ずかしい格好させられたけど………うん、私のことを気遣ってくれたんだし、わざわざ自分のお金で私に買ってくれたんだし。 「サイト………ありがとう」 とだけ言っておいた。

パジャマに着替えてベッドに入る。 下半身に違和感があるけど、アレをしちゃうよりはマシだ。 そう思いながら眠りについた。

その夜、また夢を見た。 ラグドリアン湖で私と彼が遊ぶ夢。 親友のキュルケもいる。 彼の主人も、薔薇を口にくわえた金髪も、同じ金髪の縦巻きロールも居る。 岸辺では喋る剣とこっぱげが何か話をしている。 沢山の気が置けない人たち。その中で、私も楽しそうに笑っていた。 ひとしきり水遊びを楽しんだところで、目が覚めた。

水の夢を見ると大抵おねしょをしてしまう。 今日も、そうなのかな………、と暗鬱に思いながら布団の中に手を入れてみた。 そこは濡れていなかった。 変わりに彼が着けてくれたマジックアイテムの中が少し暖かい。 お漏らしはしてしまったみたいだけど、布団やパジャマのズボンはまったく被害がない。 すごい!こんな物があるなんて!彼の居た世界の魔学力は世界一ではないだろうか。

そこでドアがノックされた。

ベッドから出てドアを開けると、彼が立っていた。 まだ朝早い時間だというのに、彼は私のところへ来てくれた。 そんな彼の事を嬉しく思いながら部屋へと招き入れた。

153 名前:オムツタバサ ◆qrZtCzv0Ak [sage] 投稿日:2006/11/24(金) 17:06:23 ID:/QzySgdP 朝早くに目が覚めた。 何故ならば、俺にはまだ課せられた任務があるからだ。

汝に問う。オムツプレイの醍醐味とは何ぞや。 オムツを履かせることか?否。それはただの過程である。 オムツを履かせることに対する羞恥心?否。俺は決して恥ずかしくない。 オムツを着けた少女の恥じらいの観察?否。この世界ではオムツに対する恥じらいは望めない。

オムツプレイの醍醐味、それは!一晩たって、ぐしょぐしょに濡れたオムツを脱がせるその瞬間である! 自分の放出した尿を見られるという羞恥に満ちた少女の表情を楽しむ事が!! そして汚れた下腹部をきれいに!キレイに!!綺麗に!!!拭きあげてやる事こそがオムツプレイの最大の醍醐味だと言えよう!

装着に関しては誤魔化せても脱ぐのは自分でしてしまうかもしれない。そのタイミングを逃さぬよう、俺は朝早くからタバサの部屋の前で待機する。

部屋の中で音がした、おそらくタバサが目を覚ましたのだろう。 隊長殿!任務を開始します!!生きて戻れぬやも知れません、けれど、やらなくちゃいけないことがあるんだぁぁ、男の子にはぁぁぁぁ!!!

部屋に入ると、タバサをベッドに横にさせる。 ベッドに横になったタバサは、顔を背けて足をひらいた。恥ずかしいらしく、頬に赤みが差している。 これだ!これを見たかったんですぅぅ!俺は!

両側のマジックテープを剥がしてオムツを捲くる。 内側の柔らかい透水性素材の部分が黄色く変色していた。 用意しておいたトイレットペーパーを手に取り、股間に残った雫を丁寧に拭きあげる。

君たちは、オムツを脱がした女の子の処理の仕方をご存知だろうか? こう、一見ただ拭くだけに思われるが、実は違う。 尿のみの場合、下から上へ拭くのだ。そうすることで秘所が汚れなくなる、が、大の時には逆に上から下へと拭かなくてはならない。 理由は言わずもがな理解してくれるだろう。 ん?なんで俺がそんなことを知っているかって? ガンダールヴの能力が教えてくれたんだよっ!!

尿を綺麗にふき取ると、両足を抱えて腰を持ち上げオムツを引き抜く。 折りたたみ、マジックテープで封をしてあとは捨てるだけだ。 それを捨てようとベッドから立ち上がると、タバサに後ろから抱きつかれた。

「今日の夜も、それを着けてほしい」

154 名前:D_K ◆qrZtCzv0Ak [sage] 投稿日:2006/11/24(金) 17:07:44 ID:/QzySgdP おもらし小説完結編

やっぱりタバサはお漏らしっ娘!