※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 ここチクトンネ街の表通りでは、今日はいつにも増して人が溢れていた。  それもそのはず、今日は半年に一度の大安売りの日。各地の人々が普段は高くて手を出せない品を求めてやってき ているのだ。はるかアルビオンから来た者やゲルマニアから来た者も見受けられる。  そんな中、サイトとアンリエッタはおろおろと周りを見渡し、今にも泣き出してしまいそうな少年を見つけた。 「あら?ぼく、どうしたの?」  アンリエッタはしゃがんで少年に目線をあわせ、問いかける。 「パパとママが…」 「はぐれちゃったの?」  目尻に涙をためて頷く少年。 「サイトさん、どうしましょう…」  サイトは少年を背中側から抱き上げ、そのまま自分の肩に座らせた。 「そこから父ちゃんと母ちゃん、見えるか?」  肩車をしてもらい目線の高くなった少年は辺りを見渡すが、探している人物は見つからないのかしゃくりあげるのみだ。 「ちょっと歩いてみようか。噴水の辺りまで行けば見つかるかもしれないし」 「そうですね」  同意したアンリエッタに左手を差し出す。 「……?」 「はぐれるといけないから、手を」 「は、はい」  赤くなりながらもその手をサイトに預けるアンリエッタ。そんな様子を見て、肩の上の少年が笑みを見せる。 「わー、お姉ちゃん、まっかっかだー」   ソレを聞いてますます赤くなるアンリエッタ。 「も、もう…ところで、僕のお名前は?」 「カイ」  『いい名前でしょー』と誇らしげに少年は答えると、サイトの頭を小さな手でぺしぺしと叩く。 「こ、こら、暴れるんじゃない」 「ねーねーお兄ちゃん、あっち、あっち行って」  少年の指差す方向には、何軒もの露店が並んでいた。その中から良い匂いが漂ってくる。  『しゃーねーなー』と呟きながらも3人が向かうと、そこではフードを目深に被った人物が座っており、その足元では 小さな人形たちがさまざまなダンスを披露していた。 「ほー、アルヴィーじゃねぇか」 「アルヴィー?」  デルフの声に、辺りを見渡しながら興味津々に聞き返すカイ。 「ここだよ、ぼうず」 「わっ!剣が喋った!」 「おりゃあ、インテリジェンスソードのデルフってんだ。よろしくな、ぼうず」 「うん、よろしくね、デルフのおじちゃん!」  その言葉に噴出す2人。 「おじちゃんだとよ、デルフ」 「…笑うない!どうせおりゃあ年寄りさぁね」 「そんなにいじけるなって、デルフ」 「ねぇねぇ、デルフのおじちゃん。そのアルなんとかって何ー?」 「アルヴィーってのはな、簡単に言やー魔法が掛かってて自分で動く人形の事だ」 「へーかっこいいね」  カイが目を輝かせて眼前のアルヴィーのダンスを見つめていると、デルフは声を潜めて言い出した。 「相棒、そこの隣の露店で何か買いな」  その声はサイトにしか聞こえていないようで、カイは先ほどと同じくアルヴィーを見てはしゃいでいる。  隣のアンリエッタも同様にダンスを見て微笑んでいた。 「…何かってなんだよ」 「何でもいいから、取り合えず適当に買ってみな」  的を得ぬ説明であったが、仕方無しに言われるがままに隣の露店を覗く。  地面に広げられた布の上に、以前ルイズに買ったペンダントと同じような貝殻で出来たイヤリングを見つけ、ソレを 買おうと手に取ったその時、店主が意外そうにサイトに声を掛けた。 「おや、兄さん使い手かい?」 (使い手?そういえば前にもそんな事言われたよな。あれは確か…)  ――そうだ、デルフと初めて出会ったときだ  サイトが思い出したとき、背中からデルフが喋りだした。 「おう、久しいな」 「やっぱデルフだったか。久しぶりだな、おい」  剣と店主が顔を綻ばせて懐かしがっているのは、どう贔屓目に見ても異様な光景であったが、サイトからすれば 些細な問題だった。それよりこの店主と自分の剣が知り合いだったという事の方に驚いていた。 「デルフ、知り合いか?」 「ああ。だがまあ話すと長くなるんでな、後で教えてやるよ。それよりも、俺達と一緒に来ないか?」  デルフの言葉に店主は『いいねー、退屈してたとこだったんだよ』と頷くと、一本のナイフを差し出した。 「…は?」 「受け取んな、相棒」  訳が分からないまま、差し出されたナイフを受け取る。  と、突然目の前の店主が慌てふためいて涙目になる。 「ひっ、き、騎士さま、何を…」  彼からしてみれば、目が覚めたらいきなりナイフを突きつけられてるのだ。混乱して当然だ。  しかしサイトも事情はまだ知らされていないのだ。いきなり態度が変わってしまった店主を見て、彼も混乱してしまう。 「店主、驚かせてすまねぇな。別にあんたをどうこうする気は無いから安心しな。  ところで、このナイフに合う鞘は有るかい?」  サイトに代わって言葉を発するデルフ。  しかしそれらしき物は見つからず、結局手近にあった布で刃の部分を覆う事になった。

 暫く楽しそうにダンスを見ていたカイだったが、ふと鳴り響く鐘の音に耳を済ませサイトに訴えた。 「お兄ちゃーん、お腹空いたー」  サン・レミの鐘は12時を示していた。 「そういえば、もうそんな時間なんですね」  アンリエッタの声に同意するかの様に、彼女の腹の虫が小さく鳴く。 「お、アンの腹も鳴いてるね」 「も、もう…サイトさんの意地悪」  赤くなってそっぽを向く彼女の目に、カイを探す一組の男女の姿が映った。 「あれ、カイ君のご両親じゃない?」  言われた方向を見ると、確かに彼の名前を呼びながら慌てた様子で歩いて来ている。 「パパーママー」 「カイ!」  サイトは彼を下ろすと、少年は母親に抱きついた。 「カイ…カイ…心配したのよ、もう…」 「あのね、このお兄ちゃんとお姉ちゃんが連れて来てくれたの」  少年の言葉に彼の両親は頭を下げようとし、サイトの羽織っているマントに気付く。 「こ、これは騎士さま。息子のご無礼、ど、どうぞお許し下さい」  慌てふためく2人。 「あ、いや…別に大した事してませんから」  頭を掻きながら照れくさそうに言った後、少年の髪をクシャクシャと撫でる。 「よかったな、父ちゃんと母ちゃん見つかって」 「うん!サイトお兄ちゃん、ありがとー」 「貴方さまが…あの、シュヴァリエ・サイトさま?」 「ええ、まあ」 「お噂は聞いております。この度は息子が大変お世話になりまして…なんと御礼申し上げて宜しいやら…」  シュヴァリエ・サイトの噂は平民達の間でも広まっているらしかった。  その噂とは――  東の地“ロバ・アル・カリイエ”の更に東方、人類の未踏の地から数々の武器を自在に操る一人の平民が王立魔 法研究所―通称:アカデミー―の新兵器開発部門“ゼロ機関”に研究者兼協力者としてトリステインに招かれた。 こちらで生活をするうちに出来た仲間を助ける為、また護る為に戦士として戦に参加する。アルビオンが侵攻してきた 際には、竜の羽衣を纏い、自身がアカデミーで開発した新兵器“フェニックス”をも使い撃退。さらにはアルビオンへの 遠征の際、敵軍の卑怯な手段により窮地に陥ったトリスタニア・ゲルマニア連合軍を無事に撤退させる為、単身で敵 軍に乗り込み、数万とも数百万ともいえる敵兵を滅した後、捕虜になるも無事生還を果たす。また他には、仲間を救 う為に先住魔法を操るエルフに対し、単身で挑み勝利を収め無事に救出に成功した。  ――という内容らしい。  かなり曲解されて伝わっているようだが、噂とは得てしてそういう物である。  「奥様にも、大変ご迷惑をお掛けしました」 (お、奥様だなんて…) 「大丈夫ですよ。そんな事気にするような人じゃありませんから、この人」  奥様と言われた事に気を良くしたのか、アンリエッタはサイトの腕に自身のそれを絡ませながら言い放つ。  その言葉に益々頭を垂れる2人を見て何を思い付いたのか、そのままサイトから少し離れ、カイの母親と小声で二言 三言交わし戻ってくる。そしてサイトの手を取ると『こっちです』と引っ張って行った。