※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

触れ合う手と手 触れ合う唇 わたしはあなたと離れたくなかった

たとえあなたに帰るべき場所があったとしても

わたしを守るあなたの背中 もう二度と見られない

あなたが側にいないのならば わたしは二度と笑わない

わたしはわたしの宿命(さだめ)を歩む あなたがいないたったひとりで