※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

466 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2006/07/24(月) 01:49:07 ID:o8OTcO06 彼は息をするのも忘れ、その感覚に身を任せていた。 そっと唇が離れる。糸となった唾液が名残惜しそうに二人の間をつないだ。

才人は暴走する思考のなか、わずかに残る理性で考えていた。 安宿の二階、壊れた扉はわずかに開き、階下の談話が聞こえている。 しかし、その音も己の鼓動の高鳴りに容易に打ち消されてしまうのだった。 「今宵だけでよいのです。恋人になれと申しているわけではありません。 ただ、抱きしめて、口付けしてくださいまし。愛する、あなたの手で…」 「俺は王子さまにはなれませんよ…」 「誰もそのようなことは、申しておりませんわ。 私はあなただからお願いしているのです」 彼女の目はまっすぐに才人を見つめていた。 そこには迷いも疑いもなく、ただ意志だけかこめられていた。

467 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2006/07/24(月) 01:50:07 ID:o8OTcO06 「知ってるでしょう?僕はこっちの世界の人間じゃない。 こっちの世界にとどまり続けることはできないのです」 「わかっています。ですから、今宵だけでも…」 再び二人の唇は重なり合った。今度は、お互いが貪りあうように 熱い口付けを交わしあう。 この時、才人の頭は真っ白になった。 「姫さまっ!」 彼女の身体をベッドに押し倒しながら、彼は彼女の下を執拗に吸い上げた。 息をしようといったん口を放しても、すぐに彼女の方から唇を合わせてくる。 そして彼は静かに彼女の双丘に指を伸ばした。 「はぁ、うぅん」 指先が少し触れただけで彼女の口からは甘い吐息が漏れる。 「結構感度がいいんですね。少し触っただけで 服の上からでも中心のでっぱりがわかるようになりましたよ」 「あぁ、そのようなことを言わないでください。 これは仕方のないことなのです、あなたの指が触れる度に 私の身体は電撃がかけたように跳ねるのです」 才人はほくそ笑みながらその感覚を楽しんでいた。

468 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2006/07/24(月) 01:50:52 ID:o8OTcO06 しばらく触れるか触れないか瀬戸際に指を這わせていた才人であったが 突然、その立ち上がった乳首に服の上からかじっりついた。 「はっ、はあぁぁぁん。」「もしかして姫さまイっちゃったんですか? 服の上から触っただけでイっちゃうなんて、経験豊富?」 「うぅ、そんなことはありません。 ただ、あなたのことを思うと女としての私が目覚めるのです。 毎夜その疼きを止めようとするうちにこのような身体に…」 そのセリフを聞いた才人は心に何かが満たされるようだった。 おもむろにブラウスの前のボタンを強引に外しその胸を鷲掴みにした。 「うっ、痛い…」 「姫さまが俺のことをそこまで思ってくれてるとは知りませんでした もう、僕は止まれそうもありません。明日の朝日を二人で眺めましょう」 その時、彼のなかで何かがちぎれた。具体的に言うと桃色とかである。 才人は一気に彼女のスカートを巻き上げるとショーツを横にずらし 彼の剣を彼女に突き立てた。 「ひっ、ひあぁぁぁ」 「うっ、姫さまのなか、まるで初めてのようにきついです」 「正真正銘初めてですっ!はぁっ、まさかこれほどの痛みとは… もうっ、少しっ、やさしくしてくださいまし」 しかし才人は問答無用に剣で滅多刺しにした。 「うぅ、ひどい。」 しかし、次第に彼女の声も熱を帯びたなめまかしいものにかわっていった。 「姫さま感じているのですか?もしかして、やっぱりこっちのけあり?」 胸を思い切り握られ初めてであそこを滅多刺しにされそれでも彼女は感じていた。 「さいと、さまぁ」 「そろそろ限界です。出しますよ」 「あぁ、私もイってしまう。出してください、私の中に はっ、はぁぁぁぁぁぁん」 才人の剣にはピンク色の液体がまとわりついていた。 「初めてなのに中出しされてイクなんて、ずいぶん淫乱なんですね」 「あぁ、あなたにそんなことを言われると、身体がまた疼いてしまいます。 月はまだ上ったばかり。今宵だけの宴を楽しみましょう」 彼女はいまだ濡れた才人の剣にかぶりついた。

469 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2006/07/24(月) 01:51:46 ID:o8OTcO06 朝、出会った才人とルイズは寝不足で目に隈を作っていた。 「ねぇ、あなた何してたの?」 「いや、ずっと姫さまの護衛を…」 「嘘つき」 「えっ?」 「私にしか中だししないって言ってたくせに。嘘つき」 「何で知ってるの?」 「私たちが忍び込んだ宿屋の、隣の部屋から声が聞こえてきて 見てみたら扉が少し開いてて、姫さまと才人が…ウッ…」 「おまえ、それ見てよく乱入してこなかったな。」 「しようとしたらアニエスに止められて。 才人私の前で三回も他の女に中だしした。 胸に挟んでもらってた。やっぱし胸が大きい女の子がいいんだ」 「いや、一番はルイ…」 「嘘つきっ!もう犬を一人にさせるもんかっ! 今日は一日中スキンシップの日なんだからっ!」 ただ、背中の剣だけがすべてを見ていた。

470 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2006/07/24(月) 01:55:15 ID:o8OTcO06 はい、終了。お疲れさまでした。俺的体感速度一分です。 前述の通り批評文句受付中です。おもしろくなくてもGJと書いていただくと やる気が出ます。スルーが一番怖いです。お目汚しすみませんでした。