■メニュー
よくある質問
小ネタネタ集声優
編集用コメント

武器道具入手
ショップ情報

■スキル:一覧評価
■クラス
クラス能力値
クラスチェンジ
専用グラフィック
■キャラクター
仲間にする方法
初期値限界値
┣ 評価:本編DLC
子供ユニット
カップリング考察
支援会話可能キャラ表
キャラ別運用法
シミュレータ
 ┗ iPhone版

本編攻略
010203
0405060708
0910111213
1415161718
1920212223
2425
外伝攻略
0102030405
0607080910
1112131415
1617181920
212223
DLC攻略

■システム
マイユニット
難易度・モード
フリーマップ
支援効果
地形効果
各種計算式
みんなの部屋

■通信
すれ違い通信
お知らせリスト
配信チーム
配信アイテム
配信マップ
配信デュアル
名声ボーナス

■会話集
┣ 戦闘会話集:本編外伝
┣ 支援会話集:一覧
LVUPショップ
あいさつ散り際
┣ キラキラ:支援その他
エピローグ集
異伝会話集

■その他
表類(テスト)
AA
異伝のコラ画像集
マップ再現(テスト中)

合計: -
今日: -
昨日: -
現在: -

ここを編集
支援会話集 リベラ×ジェローム


親子


支援C

【リベラ】
ジェロームさん。

【ジェローム】
…何だ、お前か。
私に何か用か?

【リベラ】
いえ…特に用は無いのですが…

【ジェローム】
ならば声などかけるな。
私はお前と馴れ合うつもりはない。

【リベラ】
そ、そうですか…

【ジェローム】
そうだ。

【リベラ】
ふぅ…。前から思っていたのですが、
あなたは私と再会したのに
ルキナさんのように『お父様!』などとは
呼んで下さらないのですね…

【ジェローム】
…ふん。お前は私の父親ではない。
私の父親はとうにこの世を去った。
お前は、私の父によく似た別人だ。
別人を父と呼ぶ筋合いなどないだろう。

【リベラ】
まぁ…それはもっともなのですが…
もう少し心を開いてくださっても…
…いえ、しかしこれはきっと
親の愛情に飢えているだけなのです。
さぁさぁ、ジェロームさん。
私にもっと甘えてくださって良いのですよ?

【ジェローム】
…バカげたマネを…

【リベラ】
あぁ神よ…我が子にバカと言われました…

【ジェローム】
言いたいことはそれだけか?
ならば私はもう行くぞ。
私は今からミネルヴァちゃんの
世話をするのだ。

【リベラ】
ミネルヴァ…ちゃん?

【ジェローム】
はっ…! なな何でもない!

【リベラ】
へぇー…


支援B

【リベラ】
ジェロームさん、ミネルヴァちゃんの
お世話はちゃんとできましたか?

【ジェローム】
お前…! この前のこと
まだ覚えているのか…!
言っておくが、私はいつもその呼び名で
ミネルヴァを呼んでいるわけではないぞ!

【リベラ】
あら、この前のこととは何でしょうか?
これはセルジュさんがそう呼んでるいるので、
私もそう呼んでみただけなのですが?

【ジェローム】
あっ…!

【リベラ】
ふふ、ひっかかりましたね。
可愛いところもあるのではないですか。

【ジェローム】
…………

【リベラ】
そ、そんなに睨まないで下さい…!
わ…私が悪かったですよ。
神に誓って、もう同じことは致しません!
だから…許して下さいませんか?

【ジェローム】
……仕方ないな。

【リベラ】
ありがとうございます。
それにしても今の怒り方、
セルジュさんにそっくりでしたね…

【ジェローム】
何か言ったか?

【リベラ】
いえ。それより、向こうにいらっしゃるのは
ジェロームさんのミネルヴァですか?

【ジェローム】
あぁ。私の大切な相棒だ。

【リベラ】
あぁ…怖さに磨きがかかっていますね…。
凶悪さが増したとでも言いましょうか…

【ジェローム】
何を言う。あんなに可愛い飛竜は
未来でもそうはいなかったぞ。
はぁ…あの鋭い眼差し、輝くうろこ、
鋭い牙…どれをとっても可愛い…って、
何を言わせるのだ!!

【リベラ】
あなたが勝手に言いだしたのでは…?

【ジェローム】
くっ…! 行くぞ、ミネルヴァ!

【リベラ】
面白いですね、ジェロームさんは。


支援A

【リベラ】
こんにちは、ジェロームさん。
今日もミネルヴァと一緒なのですね。

【ジェローム】
なんだ? またお前は
私をからかいに来たのか…?

【リベラ】
いえ、そろそろ私のことを父さんと
呼んでくれるのでは、と思いまして。
先日はかなり本音を
話して下さったようですし。

【ジェローム】
…本音だと?

【リベラ】
『ミネルヴァちゃん、可愛いー』と
仰っていたではありませんか。
あの時のあなたの顔といったら、
まるで天使のような笑顔で…

【ジェローム】
!!! …ミネルヴァ!
こいつを少し脅してやれ!!
…………
…………ミネルヴァ?

【リベラ】
…ミネルヴァは私を脅しませんよ。
彼女は私の、大切な家族ですから。
よしよしミネルヴァ、私のことを
覚えていて下さっているのですね。

【ジェローム】
ミネルヴァ…
ミネルヴァは、
そいつのことを家族と認めるのか?
そいつは、お前の知る私の父とは
別人なのだぞ。…それでも。
…………そうか。

【リベラ】
あの…? ミネルヴァは
何と仰っているのですか?

【ジェローム】
ふっ。家族だと言うわりには
ミネルヴァの言葉を理解できぬのだな。

【リベラ】
うっ…

【ジェローム】
まぁ良い。ミネルヴァはな、
お前のことを家族だと認めると言った。
ミネルヴァは未来で私を支えてくれた、
大切な存在だからな。
こいつがお前を認めると言うのなら、
私も…いくらか考えを改めることにする。
別人などと言ってすまなかったな、
…父さん。

【リベラ】
!! ジェロームさん…!
いま私のことを、何とお呼びに?

【ジェローム】
くっ…! もう二度と呼ばん!
行くぞ、ミネルヴァ!

【リベラ】
お待ち下さいジェロームさん!
もう一度! もう一度だけ頼みます…!

【ジェローム】
しつこいぞ!!





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー