■メニュー
よくある質問
小ネタネタ集声優
編集用コメント

武器道具入手
ショップ情報

■スキル:一覧評価
■クラス
クラス能力値
クラスチェンジ
専用グラフィック
■キャラクター
仲間にする方法
初期値限界値
┣ 評価:本編DLC
子供ユニット
カップリング考察
支援会話可能キャラ表
キャラ別運用法
シミュレータ
 ┗ iPhone版

本編攻略
010203
0405060708
0910111213
1415161718
1920212223
2425
外伝攻略
0102030405
0607080910
1112131415
1617181920
212223
DLC攻略

■システム
マイユニット
難易度・モード
フリーマップ
支援効果
地形効果
各種計算式
みんなの部屋

■通信
すれ違い通信
お知らせリスト
配信チーム
配信アイテム
配信マップ
配信デュアル
名声ボーナス

■会話集
┣ 戦闘会話集:本編外伝
┣ 支援会話集:一覧
LVUPショップ
あいさつ散り際
┣ キラキラ:支援その他
エピローグ集
異伝会話集

■その他
表類(テスト)
AA
異伝のコラ画像集
マップ再現(テスト中)

合計: -
今日: -
昨日: -
現在: -

ここを編集
支援会話集 ヘンリー×ブレディ


親子

支援C

【ブレディ】
さぁ、紅茶が入ったぞ、父さん。
えーと…これは何とかいう地方で採れた
何とかいう茶葉だな。まぁ、高いやつだ。

【ヘンリー】
ん~…

【ブレディ】
なんだ、何か足りないのか!?
茶菓子か!? スコーン的なアレか!?
ちっ…あいにく今日はそこまで
用意できていない。すまないな、父さん。

【ヘンリー】
あのさ、ブレディ~…

【ブレディ】
なんだよてめぇは! 早く飲めよ!
紅茶は冷めるとおいしくないんだぞ!!

【ヘンリー】
そうなんだ~。
じゃ、いただきます!
………それでさ~、ブレディ。

【ブレディ】
あぁ?

【ヘンリー】
なんで僕たち、こんなところで
優雅にお茶なんかしてるのかな~?

【ブレディ】
なんでって…父さんの日課なんだろ?
昼下がりに紅茶を飲むの。

【ヘンリー】
あはは、なに~? その日課~。
僕は普段そんなことしてないよ~。

【ブレディ】
なにぃ!? じゃあさっき母さんが
『お父さんの日課に付き合ってきて
差し上げなさい』って言ったのは嘘かよ!

【ヘンリー】
僕に紅茶を飲む日課がない限り、
そういうことになるね~。

【ブレディ】
あの野郎ーーー!
俺で遊びやがったなーーー!

【ヘンリー】
マリアベルは、君に何を言ったの~?

【ブレディ】
…いや、父さんは気にしなくていい。
俺は今から母さんに話をつけに行く。
父さんはゆっくり茶でも飲んでいてくれ。
じゃあな!!

【ブレディ】
…忘れてた。ポットにはこれをかぶせておけ。
紅茶が冷めにくくなる。

【ヘンリー】
ははは、面白い子だね~。


支援B

【ブレディ】
この前は悪かったな、父さん。

【ヘンリー】
この前って…あぁ、紅茶のことかぁ。
あんなの、謝ることじゃないよ~。
ブレディとゆっくり話ができて、
僕は楽しかったんだし~。

【ブレディ】
なら良かったけどよ…
結局一人で茶をさせちまったからな。
今日は詫びの気持ちを込めて、
バイオリンを演奏しようと思う。

【ヘンリー】
え…?

【ブレディ】
父さんに謝る時はバイオリン演奏が
必須だと聞いたんだが…

【ヘンリー】
何その謝り方~?

【ブレディ】
バイオリンで立て続けに三曲演奏したのち
その場で宙返りをすれば
父さんは手を叩いて大喜びする、と…

【ヘンリー】
それが本当なら
僕はとんでもないアホだよ~…
ブレディ、よく聞いて~?
僕はそんな謝罪を受けたことは無いし、
宙返りを見て大喜びしたことも無いよ~。
またマリアベルに遊ばれたんだよ、君は。

【ブレディ】
はぁあ!? またかよ!!
あの野郎、一度ならず二度までも…!

【ヘンリー】
ブレディ、待って~。

【ブレディ】
…んだよ、父さん。

【ヘンリー】
せっかく僕のところに来たんだし~、
今日はゆっくり話でもしようよ。
それに~、こんなことでもないと君、
僕と話しになんか来なかったでしょ~?

【ブレディ】
……ちっ。母さんのやつ、
こうなることを読んでやがったな…
ふん。あいつの思惑どおりなのは
気に食わねぇが…
父さんと話すのは、悪くない。

【ヘンリー】
あはは、良かった~。


支援A

【ブレディ】
…それでな、母さんの奴
他のことでも俺をおちょくりやがって…

【ヘンリー】
ふふ…

【ブレディ】
んだよ、父さん。
今のはまだ笑うトコじゃねぇぞ。

【ヘンリー】
あはは、ごめんね~。君と仲良くなれて
良かったなと思ったら、つい~。
初めて君を見た時は、正直
『この子が僕の息子?』と思うほど
怖い顔してたから~。

【ブレディ】
悪かったな。こんな怖い息子で。
ま、本当に気に入らねぇんだったら
『本物』をもっと上手く教育してやるこった。

【ヘンリー】
本物って…この時代の君のこと~?

【ブレディ】
あぁ、そうだよ。
俺はあんたの本物の息子じゃねーからな。

【ヘンリー】
………
…ブレディ。

【ブレディ】
…何だお前、なんつー顔してんだよ。
俺に気ぃ遣う必要なんかねぇよ。
俺は他の奴みたいに
この時代の自分に嫉妬なんかしない。
所詮は別物だ。本物が産まれたら、
俺のことを忘れちまっても恨まねぇよ。

【ヘンリー】
それ、本気で言ってるの~?
せっかく仲良くなったのに、
息子が産まれたからポイなんて事…
僕は絶対しないからね。
確かに君は僕の本当の息子じゃない。
でも、他人だなんてことはもっとない。
ブレディは僕の大事な友達で、
僕が決めた最初の息子なんだから~。

【ブレディ】
………父さん。
…んだよ、泣かないでおこうと思ったのに。
何てこと言いやがんだ…
父さん…忘れてくれって言ったのは嘘だ。
…覚えててくれよ。俺のこと。
俺と友達になったこと。
俺みたいな奴がいたこと。…いいよな?

【ヘンリー】
ふふ、当り前だよ~。
忘れられるわけないからね~。
覚えてるよ、ずっと。未来で死んじゃった、
君の本当のお父さんの分までね~。

【ブレディ】
…あぁ。
…もし俺より先に死にやがったら、
墓に嫌というほど紅茶をかけた上に
バイオリンで三曲演奏して
宙返りをしてやるからな。覚悟しろ。

【ヘンリー】
あはは! それは、
絶対に死ぬわけにいかないね~。





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー