■メニュー
よくある質問
小ネタネタ集声優
編集用コメント

武器道具入手
ショップ情報

■スキル:一覧評価
■クラス
クラス能力値
クラスチェンジ
専用グラフィック
■キャラクター
仲間にする方法
初期値限界値
┣ 評価:本編DLC
子供ユニット
カップリング考察
支援会話可能キャラ表
キャラ別運用法
シミュレータ
 ┗ iPhone版

本編攻略
010203
0405060708
0910111213
1415161718
1920212223
2425
外伝攻略
0102030405
0607080910
1112131415
1617181920
212223
DLC攻略

■システム
マイユニット
難易度・モード
フリーマップ
支援効果
地形効果
各種計算式
みんなの部屋

■通信
すれ違い通信
お知らせリスト
配信チーム
配信アイテム
配信マップ
配信デュアル
名声ボーナス

■会話集
┣ 戦闘会話集:本編外伝
┣ 支援会話集:一覧
LVUPショップ
あいさつ散り際
┣ キラキラ:支援その他
エピローグ集
異伝会話集

■その他
表類(テスト)
AA
異伝のコラ画像集
マップ再現(テスト中)

合計: -
今日: -
昨日: -
現在: -

ここを編集
支援会話集 ルフレ(男、俺)×ンン


通常


支援C

【ンン】
わ!
木の実がたくさんなってますです!

【ルフレ】
ンン、あの木の実は食べられるのか?

【ンン】
もちろんですよ。
すっごく甘くておいしいですよ。

【ルフレ】
ほぅ、そうなのか。
では、少し採っていこうか。

【ンン】
はい! それに葉っぱはちょっと
苦いけれど、まあまあおいしいです。

【ルフレ】
…は、葉っぱ?

【ンン】
それに根っこは、ずっと噛んでると
汁が出てきますし、
噛んでる間は、
お腹空かないから便利です。

【ルフレ】
根っこ…

【ンン】
でも、あんなにたくさん実がなっているの
初めて見ました。うれしくなっちゃいます!
わーっ! あっちにもたくさんなってます!

【ルフレ】
ンン…お前はいったい、
どんな食生活を送ってきたんだ…?


支援B

【ルフレ】
なあ、ンン?

【ンン】
なんですか、ルフレさん?

【ルフレ】
この前、
根っこ食べたと言っていたが…

【ンン】
はい、食べてましたよ。
根っこだけでも、あればいい方でした。

【ルフレ】
そ、そうなのか…

【ンン】
それに、あそこにある草の葉っぱ。
アレも食べられますよ。ほら。
…もぐもぐ。

【ルフレ】
そ、それは雑草だぞ、ンン!

【ンン】
平気平気。毒はないですから。
案外おいしいのでルフレさんも
食べてみたらいいですよ?

【ルフレ】
ンン…。
世の中には、もっとおいしいものがあるぞ。

【ンン】
そうですか? 食べられるものは、
何でもおいしいと思いますけど?
あ、あっちになってる実もちょっと
渋いけど、慣れると食べられますよ?

【ルフレ】
ンン…お前のために、何かしてやりたいな。


支援A

【ルフレ】
ンン、今ちょっといいか?

【ンン】
はい。どうかしましたか?

【ルフレ】
実は、ちょっと俺、料理をはじめたんだ。
これ、食べてみてくれないか?

【ンン】
えっ!? 私に作ってくれたですか!?
うれしいです!

【ルフレ】
ああ。口に合えばいいんだが。

【ンン】
いただきますです! …モグモグ。

【ルフレ】
………

【ンン】
わ、わわわっ!!!
な、なんですかこれ!?
わ、私、こんなにおいしいもの、
食べたことありませんよ!
うん! すっごくおいしいです!!

【ルフレ】
よ、良かった…!

【ンン】
でも…ルフレさんって
きおくそーしつ、なんですよね。
それなのにお料理ができるんですか?

【ルフレ】
あ、ああ。少し、勉強したんだ。
…失敗もしたが、
ようやく普通の味になったから、
ンンに食べてもらおうと思ってな。

【ンン】
ルフレさん、私のために…
ありがとうございます。
とってもうれしいです!

【ルフレ】
ああ、喜んでくれたみたいで、
僕も嬉しいぞ!


支援S

【ルフレ】
ンン、今日も新しい料理を作ってみたぞ!
食べてくれないか?

【ンン】
もちろんです!

【ルフレ】
良かった。さあ、どうぞ。

【ンン】
…モグモグ。これ、おいしいです!
今までもおいしかったけど、
今日のが一番かもしれません!!

【ルフレ】
そうか、よしっ!

【ンン】
…あの、ルフレさん…
ど、どうして…ルフレさんは、
こんなに私に優しくしてくれるですか?

【ルフレ】
…え?

【ンン】
食事を作ってくれるって、私にとっては
すごく大きいことなのです。
食べられるものが少なかった
未来の世界では、
食べ物をもらえるだけで、本当に…
本当に…幸せな気持ちになるのです…
それに私はマムクートだから
たくさん食べないと
お腹が空いて
死んでしまいます…
そんな私にこんなおいしいものを
作ってくれるなんて…本当に嬉しいのです。

【ルフレ】
…ンン。

【ンン】
それに、ルフレさんは
きおくそーしつなのに…
自分が大変なのに、どうして
こんなに私に優しくしてくれるんですか?

【ルフレ】
そうだな…
最初はな、ンンがあんまりおいしいもの
知らないのかと思っていたんだ。
でも、そのうち、ンンに喜んでもらえるのが
すごく嬉しくなってきてな…

【ンン】
ルフレさん…

【ルフレ】
…ンン?

【ンン】
あの…えと…ルフレさん…
この戦争が終わっても、
また私の食事を作ってくれますですか?

【ルフレ】
ああ。ンンが良ければ、いつでもな。

【ンン】
良かったです!!
私、ルフレさんが大好きです!

【ルフレ】
ああ、ありがとう。
俺も…好きな人に作ろうと思ったからこそ、
おいしい料理が作れたのかもしれないな。

【ンン】
…そうですよ、きっと。
えへへ…!

【ンン】

私…あなたのこと、大好きなのです!
もう…あなたを、
…離しませんですよー!


親子


支援C

【ンン】
はぁ…お母さんにも困ったものです。
いつもいつも遊んでばかりいて、
まるで緊張感がないんですから…

【ルフレ】
どうしたんだ? ンン。
そんなにため息ついて。

【ンン】
あ…お父さんですか。
いえ、お母さんはなんであんなに
子供っぽいのかと思いましてですね。
お母さんたら、ろくに軍の手伝いもせず、
遊んでばかりいるですよ?

【ルフレ】
はは、そんなことでため息ついてたのか。
何だかお前の方が母親みたいだな。
ま、ノノはああいう性格だから
仕方ないんじゃないか?

【ンン】
もう。お父さんがそんな風に甘やかすから
お母さんがいつまで経っても
子供っぽいままなんですよ。

【ルフレ】
うっ…

【ンン】
というか、お父さんはお母さんの
どこが良かったですか。
あんなに子供っぽいのに、
よく女として見れましたですね。
それともアレですか? お父さんは
幼い少女しか好きになれないのですか?

【ルフレ】
ぶ――――っ!!
お、お前…父親に対して何てことを…!

【ンン】
うろたえるなんて怪しいです。
さては図星なのですね!?

【ルフレ】
そ…そんなことないぞ!?
俺は色っぽい女の人だって大好きだ…って
何を言わせるんだよ!

【ンン】
ふーん…。
ならばますます怪しいのです。
お父さんはなぜお母さんを選んだですか!
さぁ白状するです!

【ルフレ】
そ、そんなこと娘に言えるかよ!
勘弁してくれー!

【ンン】
あっ! 逃げるとは卑怯なのです!
待てです―――!!


支援B

【ンン】
お父さん! やっと捕まえたですよ。
さぁこの前の続きを聞かせるです!

【ルフレ】
ンンか…お前もしつこいなー。
俺が何でノノを選んだかなんて
娘に言うことじゃないだろうが…

【ンン】
いーえ! 教えて欲しいのです。
男女の馴れ初めが気になるのは
女子として当然のことなのです!
お父さんは女心がわかってないのです。

【ルフレ】
その歳で女心を語るのか!?

【ンン】
女性に年齢の話をするなんて
失礼なのですー!

【ルフレ】
ぐっ…!
また一人前な発現を…!!
ンン! あまりしつこいと
父さん怒るぞ?!

【ンン】
…………!!
ご…ごめんなさい、なのです。
私が…悪かったですよ。
お父さんを…困らせてしまうなんて。

【ルフレ】
えっ…いや、
わかってくれればいいんだが…

【ンン】
…なら良かったです。
私、ちょっと聞きわけのない子でしたね。

【ルフレ】
ンン…?

【ンン】
お父さんの時間を取って悪かったのです。
それじゃ、私は退散するですよ。

【ルフレ】
お…おい、待て!

【ンン】
なんですか?

【ルフレ】
い、いや…ちょっと拍子抜けしてしまって。
その、やけに諦めが良すぎるというか…

【ンン】
あんまりしつこいと怒ると言ったのは
お父さんなのです。

【ルフレ】
いや…それはそうなんだけど。

【ンン】
大丈夫です。我慢するのは慣れてますです。
こんなこと、未来では
日常茶飯事だったですから。
それじゃお父さん、
今度こそ失礼するのですよ。

【ルフレ】
あっ…おい!!
……ンン。


支援A

【ルフレ】
ンン…

【ンン】
あっ、お父さん。こんにちはです。
何か私にご用なのですか?

【ルフレ】
…あのさ。お前…この間
『我慢するのに慣れてる』って言ってたけど…
あれってどういうことなんだ?

【ンン】
あぁ…あれは、私が
よそのお家で育ったからですよ。

【ルフレ】
よそのお家って…俺たちは?
ノノはお前の傍にいなかったのか?

【ンン】
はい。私は物心ついた時から
お父さんもお母さんもいなかったです。
だから、お父さんの軍にいた人のお家に
引き取られて、育ててもらったですよ。
…でも、私は人間じゃないですから、
最初はあまり歓迎されなかったんです。

【ルフレ】
ンン…

【ンン】
でも、そのうち私は人の顔色を
読むことを覚えたです。
言われる前にお手伝いをしたし、
屍兵からお家を守ったりもしました。
役に立ってさえいれば、みんな嫌がらずに
私の面倒を見てくれたです。
手のかからない、いい子だって
そりゃーもう大絶賛だったですよ?
でも…我慢することも多かったです。
遊びたいって言えなかったり、
寂しいって言えなかったり…
特に、お父さんとお母さんの話は
何だか口にしちゃいけないような気がして…
うぅっ…ずっとずっと…
聞けずにいたんです…ぐすっ…

【ルフレ】
…………

【ンン】
だからこの時代に来た時は、
いっぱいお父さんとお母さんの話を
聞こうと思ったです…。
でも…お父さんの迷惑になるなら私は…

【ルフレ】
…もういい、ンン。
もういいんだ…父さんが悪かった。
お前が聞きたいんだったら、
母さんとの馴れ初めでもなんでも言う。
寂しいんだったら一日中でも
傍にいてやるから…
だから…俺の前ではもう何も
我慢しないでくれ…

【ンン】
うぅ…本当なのですか…!?
う、嬉しいのです…
ありがとうです…お父さん…

【ルフレ】
いいんだよ、ンン。
…ほら、父さんに何でも聞いてみろ。

【ンン】
じゃあ…お母さんへのプロポーズのセリフを
白状するのです…

【ルフレ】
あぁ…いきなりハードルが高い…





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー