■メニュー
よくある質問
小ネタネタ集声優
編集用コメント

武器道具入手
ショップ情報

■スキル:一覧評価
■クラス
クラス能力値
クラスチェンジ
専用グラフィック
■キャラクター
仲間にする方法
初期値限界値
┣ 評価:本編DLC
子供ユニット
カップリング考察
支援会話可能キャラ表
キャラ別運用法
シミュレータ
 ┗ iPhone版

本編攻略
010203
0405060708
0910111213
1415161718
1920212223
2425
外伝攻略
0102030405
0607080910
1112131415
1617181920
212223
DLC攻略

■システム
マイユニット
難易度・モード
フリーマップ
支援効果
地形効果
各種計算式
みんなの部屋

■通信
すれ違い通信
お知らせリスト
配信チーム
配信アイテム
配信マップ
配信デュアル
名声ボーナス

■会話集
┣ 戦闘会話集:本編外伝
┣ 支援会話集:一覧
LVUPショップ
あいさつ散り際
┣ キラキラ:支援その他
エピローグ集
異伝会話集

■その他
表類(テスト)
AA
異伝のコラ画像集
マップ再現(テスト中)

合計: -
今日: -
昨日: -
現在: -

ここを編集
支援会話集 ルフレ(男、僕)×マーク(女)


親子


支援C

【マーク】
父さん!
こっち、こっち!

【ルフレ】
なんだい…?

【マーク】
いいから、いいから。
ちょっと話があるの。

【ルフレ】
ふーん…今は手が離せないから
こっちで話してくれないかな?

【マーク】
えっ!
それはちょっと…。

【ルフレ】
なんだ、話があるって言ったのは
そっちじゃないのかい?

【マーク】
じゃ、じゃあ…
ちょっと待ってね。
…………
よーし…この落とし穴に
父さんを誘いこんで…と。
ふぅ…お待たせ。

【ルフレ】
…ん?

【マーク】
あっ!?

【ルフレ】
…落とし穴とは古典的だね。

【マーク】
うぅ…
どうして私の策が見破られたの?
絶対にわからないよう
念入りに偽装してあったのに!

【ルフレ】
よくできた落とし穴だけど
仕掛ける本人が顔に出すぎだよ。
なにかある、と思わせること自体が
策の内くらいでないと。

【マーク】
つ、次こそは
父さんに勝ってみせるわ!
だからこれ…埋めるの手伝ってくれない?
誰かが落ちたらケガしちゃうわ。

【ルフレ】
どこまで深く掘ったんだよ。
やれやれ…。



支援B

【ルフレ】
あれ?
どこにやったかな、あの本…

【マーク】
父さん、
戦術書を探しているんでしょう?

【ルフレ】
ん? よくわかったね。
…って、まさか…

【マーク】
そう、戦術書を隠したのは私。
父さんに見つけられる?

【ルフレ】
…それがマークの
次の挑戦ってわけか。

【マーク】
戦術書は
野営地の中にあるからね。
今回の隠し場所は自信があるの。
制限時間は日が暮れるまででどう?

【ルフレ】
…いや、そんなにいらないよ。
もうわかったから。

【マーク】
嘘っ!?

【ルフレ】
マーク、その手に持っている
鞄の中身を見せてくれないか?

【マーク】
…はい。

【ルフレ】
やっぱり。
これで勝負は僕の勝ちだな。

【マーク】
どうしてすぐにわかったの…?

【ルフレ】
マークは僕のこと
よく知ってくれている。
僕にとって、この戦術書がどんなに
大事なものなのかも知っているはずだ。
だったら、万一誰かに持ち去られたり
傷がついたりする場所には隠さない。
自分の目が確実に届き、
かつ死角になる隠し場所となると…

【マーク】
…完全に読まれちゃったわね。
私、まだまだだなぁ…

【ルフレ】
じゃあ、今日の勝負はこれで終わり。
マーク、こっちに来て。

【マーク】
え…?

【ルフレ】
戦術書をいっしょに読もう。
策の立て方を勉強したいんだろう?

【マーク】
うん…!


支援A

【マーク】
ここまで敵をひきつけておいて…
この山に置いた兵を突撃させる!

【ルフレ】
…それだと、ここをこうすれば…
ほら、挟み撃ちにされるよ。

【マーク】
あーっ…また父さんに負けた…。

【ルフレ】
盤面の戦でよかったじゃないか。
これが実戦なら死者が出ていた。
軍師はみんなの命を預かる者…
ひとつの過ちが仲間を危機にさらす。
その責任の重さ、求められているものの
大きさに押しつぶされないようにね。

【マーク】
そうね…ありがとう、父さん。
もう一度戦術書を読み直してみるわ。
そして、次こそ
父さんに勝ってみせるから!

【ルフレ】
戦術に関しては
まだまだ負けるつもりはないからね。
僕はいつでも受けて立つ。
再挑戦を楽しみにしてるよ。
それじゃ、今日の授業はここまで。

【マーク】
うん。じゃあ、また明日!

【ルフレ】
…危ない危ない。
もう少しで読み負けるところだった。
父親として、もうしばらく高い壁として
立ちはだかっていてやらないと。
僕も成長を止めるわけにはいかない。
もう一度戦術書を読み直すか…





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー