※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

格闘技とストリートファイトを融合させた作品。とにかく戦闘の自由度が高く、落ちてる瓶で殴ることもできれば、投げ技から寝技にもちこんで仕留めることもできる。技が豊富なこともあり、スレ内での評価も高かった。弱点はロードの長さ。
公式
http://www.japan.ea.com/ffny/


139名無しさん@お腹いっぱい。2005/07/25(月) 17:22:17 ID:6m2xpLGP
134
Def Jam ファイト・フォー・ニューヨークがおすすめ。

さまざまなスタイルを組み合わせて自分の格闘スタイルというか、流派?みたいのがつくれる。
空手、合気道、カポエラ、ムエタイ、アマレスなどいろいろ。壁にたたきつけてKOすることもできるし、
三角絞めで落とすこともできる。
ちなみにこのゲームも>>126や>>131で話題になってるEAってメーカーの作品。

140名無しさん@お腹いっぱい。sage2005/07/25(月) 17:56:39 ID:sGaSumda
デフジャムの連続ヒザ攻撃、PRIDEのゲームのシウバよりも戦慄のヒザ小僧だよ。
あれは格闘技ってより喧嘩だから、俺はハイアン作ったけどね。

このゲームは、やってて一番痛そう。
141名無しさん@お腹いっぱい。2005/07/25(月) 18:37:40 ID:6m2xpLGP
140
ゲームであそこまで血を流しながら闘うのははじめてみた希ガス。

1431392005/07/25(月) 20:34:46 ID:6m2xpLGP
142
最初っから選べるのは4種類だけだけど、ストーリーを進める中でどんどん
格闘技を合成していくことでつくれる・・・って俺が言わなくても公式に書いてあるか。まあ、俺は当分の間このスレにいるのでなんかDefJamについて解らないことができたら
聞いてくださいな。

1581432005/07/26(火) 15:10:00 ID:svan2gPG
149
DefJamの主人公は、ノールールの戦いを勝つことで、自分の所属するマフィアの縄張りを増やすことを目指している。>>149さんがあげてるなかでは育成ゲームとしての色合いが強いと思う。最初の主人公をエディットするところでは主人公の顔の輪郭や目の色、声の種類まで選べる。で、ストーリーの中では、髪型や服装、刺青もできる。アクセサリーは
眼鏡、指輪、時計とか。種類が多いから、ギンギラギンのアクセサリーで身をかためてみたり、
ヒップホップな感じにしたりとか幅広い。
 で、普段は試合したりジムいったりしながらして過ごす。ちなみに試合場もリングの上だったり
クラブのバーだったりとこれまた色々。内容だけど、格闘技の種類が多い。しかも、漫画にしか
出てこないような技を使うやつをつくることもできるし、PRIDEっぽい動きをするリアルな格闘家
も作れる。しかも、足や腕、頭など部位ダメージもあり。