邪聖剣ネクロマンサー


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

RPG

スクリーンショット

左から、オープニング、開始(街)


左から、仲間選択(5人の中から2人選択。最後まで変えられないので注意)、ステータス画面


左から、フィールド、雑魚敵との戦闘


左から、魔法は買わないと使えない、バロン+ロミナは元名人曰く「一番きつい組合せ」


左から、ドラゴンクエストⅡを超える長さのパスワード、敵の魔法使いは経験値の割りに強い


左から、ダンジョン(松明システム。ロミナは終盤まで放置した方が楽)、ダンジョン敵(この顔見たら逃げ)


左から、杖復活イベント、戦闘終了画面(ロミナに上げる経験値はない)


左から、次の大陸、嫌な敵


左から、全滅(ペナルティは少ない)、バロンのステータス(脳筋)


左から、中盤の敵の経験値がインフレ、カモ(弱くても杖と防具さえあれば楽勝)


左から、最後の大陸のカモ、タイトルの武器(攻撃力500.インフレ最高潮)


左から、ロミナは大器晩成(バロンはこの時期お荷物)、這いよる混沌


動画,リンク

攻略サイト (かなり難しいので攻略サイトを)


その他

ハドソンが開発したRPG、当時としては優れたグラフィック
一応ラヴクラフト大先生の名作クトゥルフ系のRPGだが、怖くない(MOTHERの方が怖い)

仲間選択によって大きく難易度が変わる、上のパーティーはマニア向け
ライム+マイスト、ライム+カオスが良い。

魔法は買うだけじゃだめ、知力(INT)が一定以上達してないと使えない仕様になっているのも注意
上では紹介してないが、武器防具屋も当然ある。

続編が携帯電話アプリに登場した(続編の音楽 古代祐三 大先生だったり)。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。