GAVA角対棒銀

GAVA角対棒銀


初心者が必ず出会い、苦しむ戦法といえば原始棒銀。
しかしGAVA角には原始棒銀は通用しない。
この時点で、初心者にもオススメできる戦法ではないだろうか?
口先だけではどうとでも言えるので、具体手順を示していく。


初手からの指し手
▲7六歩 △3四歩 ▲2二角成 △同銀 ▲7八金
△8四歩 ▲7五歩 △8五歩 ▲7七金 △7二銀(第1図)


第1図までは特に解説は必要ないだろう。
△7二銀が原始棒銀を臭わせる手。
この手を見たら、飛車は8八に振ろう。
ここから棒銀退治が始まる。

第1図からの指し手
▲1六歩 △1四歩 ▲8八飛 △8三銀 ▲3八金
△8四銀 ▲7六金 △4二玉 ▲7七桂(第2図)


飛車を▲8八飛と振り、棒銀に備える。
▲3八金は、後々の△4五角を防いでいる手。
△8四銀に対して▲7六金も必然。
ちなみに△4二玉の所で、△9五銀と無意味にでると▲7七桂で△8四銀と戻るハメとなる。
後手は飛車と銀の2枚に対し、先手は飛車と金と桂の3枚で8筋を受けている。

第2図の時点で、既に後手の8四の銀は動けず立ち往生している。
△9五銀と動いてみても、▲8五金でひどい目を見る。

第2図からの指し手
△3二玉 ▲5八玉 △3三銀 ▲9六歩 △9四歩(第3図)


後手は仕掛ける事ができないので、△3八玉と寄る。
先手には色々な手があるが、GAVA角の方針で▲5八玉とする。
別に▲4八銀~▲4九玉~▲3九玉~▲2八玉と金美濃に囲ってジックリ指しても良い。
後手側からの仕掛けは絶対にないからだ。
▲9六歩と△9四歩の交換は、後手の△9四角を防いだ手。
突き返してこなければ、▲9五歩としてよい。
次から先手の反撃が始まる。

第3図からの指し手
▲8六歩 △同歩 ▲同飛 △7二金 ▲8五歩
△9三銀 ▲6八銀(結果図)


▲8六歩と突くだけで後手の棒銀は終わっている。
△同歩 ▲同飛と進んだ局面で、△8五歩は▲同桂で一歩損で無意味。
この歩が打てないとなると、△7二金と進入に備えるしかない。
▲8五歩と先手に歩を打たれ、△9三銀と渋々戻った時点で後手の棒銀は失敗となった。
先手はこの後、ジックリ指しても手に困る事はない。
▲3六歩~▲2八角と打ち込んでジックリ攻めるなり。
▲6六歩~▲6七銀と6筋からも圧迫したり。
▲4八銀~▲4九玉~▲3九玉~▲2八玉と金美濃に囲っても良い。

こうも簡単に棒銀を崩せるGAVA角は、初心者にはうってつけの戦法ではないだろうか?