対△7六飛

対7六飛



途中図から後手が△7六飛としてきた場合について説明する。
恐らくこれが一番多い手だろう。
先手は1歩を取らせるかわりに、どんどん駒組みを進め5筋へと畳み掛ける。

途中図からの指し手
△7六飛 ▲5六歩 △3四歩 ▲5五歩
△8六飛 ▲4八銀 △8二飛(第5図)


△7六飛に先手は▲5六歩と突くのがポイント。

後手は△3四歩と一旦ゆさぶりをかける。
こちらから▲2二角成はここでは落ち着かれてしまうので、▲5五歩と拒否する。
そして△8六飛と一旦飛車を戻す。ジッとしていると▲7七銀などで飛車を追われて危険だ。
△8六飛の所で△6二銀や△7二銀という手を指すと。
▲8二歩(参考2図)で一瞬で悪くなる。


先手は▲4八銀と駒を繰り出していく。
後手も△8二飛と飛車を定位置に。
戻さないと先手から▲8四歩と打たれ飛車を包囲されてしまう。

第5図からの指し手
▲5七銀 △6二銀 ▲7七桂 △4二玉 ▲5六銀
△3二玉 ▲5八飛(結果図)


▲5七銀の狙いは、▲5六銀~▲5八飛と中飛車にする事。
先手の駒は5筋へと固まっていくのに対し、後手はこれといった手がない。
△6二銀と5筋に備え、玉を囲っていくぐらいしかない。
先手は▲5八飛と回り結果図となった。

結果図以下
△4二銀には、▲4五銀と出て次に△3三銀に▲5四歩と仕掛ければよい。
△5二金左と5筋を備えた場合には、一旦▲8四歩と飛車を封印してから。
以下△7四歩 ▲4五銀 △3五歩 ▲3四銀 △4二銀 ▲5六飛と浮き。次の▲2六飛を狙えばよい。

1歩損を解消したら先手は▲6九玉と銀冠に囲っていくのも良いだろう。


因みに途中図から


△7六飛 ▲5六歩 △8六飛 ▲4八銀 △4二玉
▲5三銀 △3二玉
と8六に飛車を置いて安心していると。

▲7五角(参考3図)


という手が生じたりする。
5三の地点に利きがなく、飛車が8六にいる場合はこんな筋もあるので覚えておいてほしい。