GAVA角基本図までのポイント

基本図までのポイント


初心者には、序盤のGAVA角の一手一手の意味を理解して欲しい。
ここではその簡単な解説をしていく。
是非棋譜に並べて理解して欲しい。



初手からの指し手
▲7六歩 △3四歩 ▲2二角成 △同 銀 ▲7八金(第1図)
GAVA角は、3手目に角交換をする。
理由は当然、振り飛車の阻止と角を手持ちにしてGAVA角の骨子▲2八角を打つ狙い。
▲2二角成に△同飛と無理矢理飛車を振る手には、▲6五角があり成立しない。

後手の△同銀の後、▲7八金が重用。
GAVA角を指すならば必須の一手。
ここで▲7八金とせずに、▲8八銀とする手もあるのだが。
そうなると、参考1図のような展開になっていく。

これでも別段悪いと言うわけではないのだが、後手からの△4五角の筋が生じやすい事。
参考図でも△4五角と打たれると▲7六角と打たざるをえない。
あまりここには角を打ちたくないのが、本音である。
▲7六銀と上がると△8六歩と突かれるという問題があり、多少指しにくい感じだろう。
ここでは▲7八金をお勧めしたい。後々▲7七金と上がるが、これは△4五角の筋がない。
打たれても▲3八金で問題ない。

第1図からの指し手
△8四歩 ▲7五歩(第2図)

さらに重要な手が▲7五歩。
この歩を突かなければ、GAVA角を指す資格はないと言っても過言ではない。
▲7五歩の狙いは。

  • ▲7八飛と飛車を振った時に、△4五角に▲7六角を用意。
  • 将来▲2八角と打った後、すぐに▲7四歩と角筋を頼りに仕掛ける事ができる。
  • 相手の桂馬を使いにくくする。

おおよそこの3つの狙いがある。
▲7五歩はGAVA角の絶対手である。


第2図からの指し手
△8五歩 ▲7七金 △6二銀 ▲1六歩 △1四歩(第3図)

図が多いなとイライラされるかもしれないが、基本を抑えるためなので我慢して欲しい。
ここでのポイントは▲1六歩。
一見何気ない手に思えるかもしれないが、GAVA角では実は重用な端歩。
狙いは1つ。

  • 2八の角に▲1七角の覗きを用意する。

なんだそれだけか。と思われるかもしれない。
しかしGAVA角は、それほどまでに角を大切にする戦法。
手詰まり模様になった時にも、▲1七角という筋は役に立つ。
相手の様子見という意味も含めて、指しておいて損はない。


第3図からの指し手
▲7八飛 △3三銀 ▲3八金 △6四歩 ▲5八玉 △6三銀
▲3六歩 △4二玉 ▲2八角(基本図)

次に▲7八飛と飛車を振る。
ここでのポイントは、相手に棒銀の気配を感じたら▲8八飛。
こうしておくことで、後手の棒銀を不発にする事ができる。
だが基本的には、▲7八飛が良いだろう。
将来7筋を攻める将棋になりやすいので、7筋に飛車がいると当然破壊力が増すのだ。

以下の▲3八金~▲5八玉は中住まい囲い。
大駒の打ち込みに強く、素早く完成できるのが強みだ。
さらに、この▲3八金は▲2八角と打った時に角頭をガッチリと守っている。
非常に重要な金だ。

後手の△6四歩~△6三銀は7八の飛車に備えたつもり。
しかしGAVA角にとっても、角筋を遮断されていて気持ちが悪い。

▲3六歩と角を打ち込む準備を整え、▲2八角と打つ。
この▲2八角がGAVA角の骨子。これが指せれば一人前だ。
これでGAVA角基本図までたどり着いた。
しかし大変なのはここからで、いかに2八の角を生かすかが勝負となるだろう。



最後にポイントをまとめておく。

  • 3手目角交換。
  • 角交換後は▲7八金。
  • その後は、すかさず▲7五歩!
  • 角に命を吹き込む▲1六歩。
  • 囲いは中住まい