アレックス

RX-78NT-1 ALEX
ニュータイプ専用の機体としてオーガスタ研究所で開発されたモビルスーツ。

装備

種類 武装名 タイプ 攻撃力 弾数 リロード 備考
主武装1 ビームライフル 3連射 270 15 120
副武装 ヘッドバルカン 連射 10 30 150
格闘 ビームサーベル 攻撃回数5 400
SPA 一斉射撃 ガトリングガンとヘッドバルカン連射

初期ステータス

チューンPT 6000pt
HP 1900/4800 バランサー 89/99
装甲 13/40 旋回速度 28/61
機動性 25/50 射撃攻撃 4/23
スラスター出力 60/88 射撃精度 5/45
スラスター速度 59/79 格闘攻撃 4/27
レーダー性能 45/85 格闘精度 6/50

機体特徴

主兵装がビームライフルのみというのが痛いが、性能は一年戦争世代では非常に高い。
格闘が5回なので強く、限界HPも申し分ない。
SPAはアームガトリングによる一斉掃射。主武装でガトリングが無いのが謎。

出自

OVA「0080ポケットの中の戦争」より
NT-1の形式番号通り、NTとして覚醒したアムロ専用に開発された機体。
NT研究の遅れた連邦製なのでサイコミュ兵器等の搭載はされていない。
しかしコクピットにグリプス戦役時に標準となるリニアシートを採用するなど
後のMSに先駆けた部分も存在する。
アムロに受領される前にサイド6にて稼動実験を行っていたが
ジオン特務部隊サイクロプス隊のザクFZと相打ちとなり、破壊される。