ブルーディスティニー1号機

RX-79BD-1 GM BLUE DESTINY
EXAMシステムの実験用機体。その見た目から蒼い死神と呼ばれる。

装備

種類 武装名 タイプ 攻撃力 弾数 リロード 備考
主武装1 100mmマシンガン 連射 65 100 144
主武装2 ビームライフル 3連射 200 15 144
副武装 腹部ミサイル 誘導 400 6 150
格闘 ビームサーベル 攻撃回数3 350
SPA EXAM 速度上昇

初期ステータス

チューンPT 3000pt
HP 1300/2900 バランサー 36/53
装甲 7/28 旋回速度 20/33
機動性 13/30 射撃攻撃 3/15
スラスター出力 30/80 射撃精度 1/12
スラスター速度 20/45 格闘攻撃 3/17
レーダー性能 10/25 格闘精度 3/25

機体特徴

EXAM搭載機の一つ。正式名称は『GM BLUE DESTINY』。
その名が示す通り機体性能は完璧にジムそのもの。陸ガンがベースのハズなのに・・・弱い。
胸部ミサイルは強いのだが、その頃にはジムスナイパーⅡがいるため役に立たないだろう。
EXAMは確かに強いのだが通常性能が弱すぎる。不憫な機体である。

ちなみにEXAMの効果は、
  • 機動性&スラスター速度4倍
  • ビームライフルが4連射になる
  • 攻撃を受けてもよろけない
  • どんなに高い所から着地しても直に次の動作に移れる(バランサー能力∞)
の4点のようだ。

出自

セガサターン『機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY』に登場。
フラナガン機関より地球連邦に亡命してきた
クルスト・モーゼス博士によって開発された。
最初は陸戦型ジムにEXAMシステムを搭載する予定だった。
しかし機体性能(特にジェネレーター)がシステムに追いつかなかったため、
EXAMシステムを搭載した頭部はそのままに、
陸戦型ガンダムを改修して使用されることになった。
つまりは蒼いジムヘッドである…はずなのだが、
このゲームでは明らかに陸戦ジムの性能である。
バランサーはやや高性能だが…
機体色が蒼なのは前述のゲーム説明書によると、
ブルーディスティニー担当の技術士官、アルフ・カムラの趣味
(元々の設定ではクルスト博士の趣味、小説版ではクルスト博士にとってニュータイプの象徴(≒NT(マリオン・ウェルチ)に見えた宇宙の色)。
どうもこのゲームの担当者は自社の作成したMS設定(元ネタとなったゲームを開発する際に、当時の開発者とサンライズ担当者の間で決定されている)に関する資料整理に手抜きをしすぎる傾向がある)。

ユウ・カジマはこの機体を駆り、EXAM発動中にたった一機で
敵ミサイル基地を壊滅させたこともある。
しかしキャリフォルニアベース掃討戦において、ニムバス操るイフリート改と対戦。
機体性能の差で辛くも勝利するが、その際にEXAMシステムが搭載された頭部を破壊されてしまった為、機体は破棄された。

なお、EXAMシステムの原作の発動時間は300秒(5分)しかない。
この機体にはリミッターが設けられている為である。