※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ブルーディスティニー3号機

RX-79BD-3 BLUE DESTINY(3)
EXAMシステムを搭載したブルーと呼ばれるシリーズの3号機。

装備

種類 武装名 タイプ 攻撃力 弾数 リロード 備考
主武装1 ビームライフル 3連射 230 15 120
副武装 腹部ミサイル 誘導 400 6 150
格闘 ビームサーベル 攻撃回数5 280
SPA EXAM 速度上昇

初期ステータス

チューンPT 4000pt
HP 1400/3200 バランサー 36/53
装甲 9/35 旋回速度 25/45
機動性 16/37 射撃攻撃 4/20
スラスター出力 50/80 射撃精度 2/25
スラスター速度 30/48 格闘攻撃 4/20
レーダー性能 30/60 格闘精度 5/37

機体特徴

EXAM搭載機の一つ。BDシリーズで唯一白いので、蒼が嫌いな方でも使える。
ガンダムの後に出る割に弱い。スラスター速度が低いのが特に目立つ。
それをEXAMで補えという事なのだろうか・・・使い続けるには不安の残る性能。

副武装のミサイルはスラスター中発射不可だが、高威力でIフィールド機にも対応できる。
ボタン長押しで発射方向を変えることにより、壁の後ろからの発射なども一応可能。

限界突破した暁には、まずスラスター周りをフルチューンしてみよう。
そしてEXAMを発動しチャージブースト。究極のスピードを体感できる。

出自

セガサターン『機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY』に登場。
最初は2号機の予備パーツとして存在していたが、
ニムバスとの戦いで1号機を破壊され、また2号機も奪取されたために急遽組み上げられ、宇宙にてニムバスとの再戦に挑む。
結果はまたしても相打ちで両機ともに大破。
ニムバスは死亡、ユウは奇跡的に一命を取りとめ、部隊の仲間に救助されている。
クルスト・モーゼス博士の手に渡ることなく実戦投入されたため、機体は白のままである。

尚、この機体も1号機と同じくリミッターが設けられている