※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ブルーディスティニー2号機

RX-79BD-2 BLUE DESTINY(2)
EXAMシステムを搭載した試作機。特殊部隊が連邦軍から強奪した機体。

装備

種類 武装名 タイプ 攻撃力 弾数 リロード 備考
主武装1 ビームライフル 3連射 230 15 120
副武装 腹部ミサイル 誘導 400 6 150 2発同時発射
格闘 ビームサーベル 攻撃回数5 350 突き*3+蹴+蹴
SPA EXAM 速度上昇

初期ステータス

チューンPT 5000pt
HP 1400/3200 バランサー 48/71
装甲 9/35 旋回速度 25/45
機動性 17/37 射撃攻撃 4/20
スラスター出力 40/80 射撃精度 2/25
スラスター速度 34/48 格闘攻撃 4/20
レーダー性能 30/60 格闘精度 5/37

機体特徴

ジオン側のEXAM搭載機。
同じくEXAM搭載だが格闘特化のイフリートやジム準拠の性能である連邦の1号機よりは性能的に使い易い。
が、EXAM機の常としてニュータイプは搭乗不可なので注意。
△1押しで突き*3が出るのでハメ格闘しやすい。

出自

セガサターン『機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY』に登場。
フラナガン機関より地球連邦に亡命してきたクルスト・モーゼス博士によって開発され、機体性能のためジムヘッドとなった一号機とは異なり、始めから陸戦型ガンダムをベースに開発された。
機体色が蒼なのは前述のゲーム説明書によると、ブルーディスティニー担当の技術士官、アルフ・カムラの趣味(元々の設定ではクルスト博士の趣味、小説版ではクルスト博士にとってニュータイプの象徴(≒NT(マリオン・ウェルチ)に見えた宇宙の色))で、ジオンに奪取された後、ニムバス・シュターゼンの趣味により肩の色を赤にされた。
尚、この機体にはリミッター(発動時間300秒)が搭載されていない