サイコミュザク

MSN-01 PSYCOMMU-ZAKU
サイコミュシステムのデータ収集のために、ジオングの完成以前に運用された試験機。

装備

種類 武装名 タイプ 攻撃力 弾数 リロード 備考
主武装1 サイコミュアーム 3連射 100 5 300 5発同時発射
副武装 サイコミュアーム サイコミュ 100 5 300 5発同時発射。
自機の左上に展開。
+方向キーで敵機に飛ばす
格闘 グラップル 攻撃回数2 400 右+左/副装発射時右*2
SPA 一斉射撃

初期ステータス

チューンPT 4000pt
HP 1600/3400 バランサー 48/99
装甲 10/40 旋回速度 3/16
機動性 17/38 射撃攻撃 4/22
スラスター出力 50/80 射撃精度 4/32
スラスター速度 45/59 格闘攻撃 2/12
レーダー性能 70/99 格闘精度 2/17

鹵獲ステージ

ア・バオア・クー攻略戦(連邦)>宇宙要塞ア・バオア・クー

機体特徴

正直あまり強くない。サイコミュアームでのオールレンジ攻撃は魅力的だが、NT・宇宙専用という制約の多さに見合わない性能の低さ。
攻撃力は100×5発なので実質500と、一発の威力はバズーカ並に大きいが、弾数少ない&リロードが遅い。なのでサイコミュアームを飛ばして牽制したり、上手く使わないとただの動く的になる。
チューンを施していけばそれなりに使えるかもしれないが、それもジオングが出るまでの話であり結局存在意義すら疑われる悲劇の機体。

ヒント

腕を周囲に展開させ、「格闘→格闘」と続けて相手を寝かせた後、
すかさずサイコミュを撃ち込めば複数回当たってそこそこの威力になります。
これまたジオングでも可能なのだが・・・

出自

「機動戦士ガンダム MSV」
正式名称は「サイコミュ高機動試験型ザクII」。
MS-06NT ニュータイプ実験用ザクから始まったジオン軍の一連のNT試験機の、高速機動時の試験機体。
これら機体の実験データをもって、ジオン軍は後にジオングを造り上げる事となる。