※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

陸戦型ガンダム

RX-79(G) GUNDAM(G)
RX-78の余剰部品を流用して生産された、先行試作量産型ガンダム。

装備

種類 武装名 タイプ 攻撃力 弾数 リロード 備考
主武装1 100mmマシンガン 連射 65 100 180
主武装2 ミサイルランチャー 誘導 300 9 180
主武装3 180mmキャノン 砲撃 650 3 180
副武装 閃光弾 閃光 0 1 210
格闘 ビームサーベル 攻撃回数3 280
SPA 一斉射撃 キャノン砲連射

初期ステータス

チューンPT 4000pt
HP 1400/3200 バランサー 34/71
装甲 9/35 旋回速度 22/42
機動性 15/30 射撃攻撃 3/17
スラスター出力 40/70 射撃精度 2/20
スラスター速度 28/45 格闘攻撃 3/18
レーダー性能 20/48 格闘精度 3/30

機体特徴

性質の違う3種の武器を持ち、ジム系より一回り高い性能を誇る。
近距離では閃光弾で硬直させてからの格闘攻撃、
中距離では誘導ミサイルやマシンガンでの射撃戦、そして遠距離は曲射可能なキャノン砲と
全距離に対応可能で幅広い戦い方ができ、豊富な武装は使い応えがある。
またチャージキャノンは非常に強力である。

出自

OVA「機動戦士ガンダム 第08MS小隊」より
RX78ガンダムの規格検査に落選した余剰パーツで組み上げられた、別名量産型ガンダム。
山岳部や密林等の車両展開の厳しい場所での運用を想定され、コア・ブロックシステムや宙間戦闘用装備等が撤廃されている。
またガンダムのパーツを流用している為、高い性能を秘めているが、
規格落ちのパーツを使用している事もあり、機体毎に性能のバラツキが激しい。
その為にリミッターを登載し、性能を落とすことで機体の均一化が計られている。

固定武装の他に予備兵装コンテナを搭載可能で、複数の大型火器を格納・携行可能で、武装の種類も豊富。
全部で20機ほど作られたが、機体の性質上補修用パーツが少なく、陸戦型GM等の現地調達パーツで補修&改装された機体が多い。
原作で隊長のEz-8やカレンの乗ったジム頭などは典型である。