ガンダムX DESTINY 第一話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

895 名前:『ガンダムDX、行くぜ!』投稿日:2006/07/05(水) 20:10:18 ID:???

『過ちは繰り返すな』
その言葉が、耳の奥でまだ消えない―――――


==========================

アスランは、叫んだ。叫び、自分の姫の手を取った

「こんなところで君を死なせるわけにいくか!!」

慣れた手つきでパネルをたたき、アスランはモビルスーツを起動させる
かつて、慣れ親しんだザフトの機体。世代が変わっても基本は変わらないようだ

ザク・・・・ユニウス条約締結後、プラントで開発された次世代モビルスーツ
モニターに示されたスペックは、かつての友が使っていたMS、ストライクガンダムをも上回っている

(どうする・・・・?)

ピッ、ピッ、ピッ、ピッ・・・・・

パネルに入力しながら、アスランは瞬時に思考をめぐらせた
プラントのデュランダル議長と、オーブ代表カガリ・ユラ・アスハの非公式会見の途中、
突如起こったこの混乱状態。謎のモビルスーツが出現し、周囲は破壊の嵐に襲われた
この混乱状態における、アスラン・ザラ絶対の最優先事項、それは姫の生存
自分の背中にしがみついている、オーブ代表、カガリ・ユラ・アスハの生存
断じて争いに介入することではない。オーブ所属の自分が下手にMSを撃墜すれば、それは外交問題になりかねない

(逃げることだ)

ガシャン・・・・・・

にぶい地響きをあげ、ザクは立ち上がった


==========================


896 名前:Xキャラ→種死世界 『ガンダムDX、行くぜ!』投稿日:2006/07/05(水) 20:11:31 ID:???


==========================

オペレーターのメイリン・ホークは思わず血相を変えて叫んだ

「インパルス!? 発進が遅れています! どうしたんですか!?」
『そんなこと言ったって! 合体調整がずれてたんだよ!! プログラムを修正する、少し待ってくれ!』


そして、『運命』も、ずれた


==========================



897 名前:Xキャラ→種死世界 『ガンダムDX、行くぜ!』投稿日:2006/07/05(水) 20:12:37 ID:???


==========================


ブィン・・・フィンッ!

アスランとカガリを乗せた、ザクの目前をビームサーベルがかすめていく
アスランのプランはもろくも崩れ去った
ザクが起動したのは、よりによって新型・ガイアガンダムの目の前だったのだ
そのおかげで目をつけられ、いきなり戦闘状態に巻き込まれる羽目になる




(なんで・・・・ガンダム!? どこが作った・・・誰が動かしてる・・・・!)

アスランの胸に湧き上がる疑問。その謎を解くより、ガイアの攻撃の方が早い

迫り来る、ビームサーベル。自機のザク、押されている。性能差、明らか、つまり苦戦

「ッ・・・・! カガリ・・・・!」

叫ぶ。敗北の予感がする

「うわ・・・アスラン!」
カガリの声。振り返れば
「もう一機・・・!?」
また、新たなガンダムが背後から迫ってくる



898 名前:Xキャラ→種死世界 『ガンダムDX、行くぜ!』投稿日:2006/07/05(水) 20:15:29 ID:???

ザシュゥ!

突如あらわれたザフトの新型機・カオスガンダムのビームサーベルに、
アスランのザクは腕を無残に切り落とされた

(パイロットでカバーできる戦力差じゃないッ! このままじゃ負ける!?)

アスランが思った、その瞬間だった

フィィィィィン・・・・・・

聞きなれない音がした。まるでレーザーの発射されるような音だが、奇妙に静かな音だった

空。そう、空からその音がする

アスランは不覚にも空を見上げた。よそ見は戦闘の最中にやることではない
アスランほどのパイロットが、不覚にもその禁を破って、空を見上げた

そこにあったのは、一機のMS
背には巨大なキャノン砲と思われるものを二つも背負い、全体的に重量感を感じさせるMS
顔は、ガンダムだった
それがガンダムダブルエックスと呼ばれるものであることを、この世界の人間は知らない


==========================



899 名前:Xキャラ→種死世界 『ガンダムDX、行くぜ!』投稿日:2006/07/05(水) 20:17:59 ID:???

==========================


最初は光に包まれた
次に目を開けた時、世界は変わっていた

「ここは・・・・・どこだよ!?」

ガンダムDXのコクピットで、Gコンを握り締めながら、ガロード・ランは目を見開いた

(エスタルドじゃない・・・・!?)

フリーデンクルーは、新連邦軍と戦うエスタルドに、傭兵のような立場で所属していた
ガロードはエスタルドと新連邦の決戦の機運が高まる中、単独偵察に出ていたのだ
日没まで前線にいたが大した異変も見られないので、ガロードはエスタルドに帰ろうとした
その帰り道を、突如異変が襲ったのだ

月から、光が落ちてきた

サテライトキャノンは月からのガイドレーザーを受け、次にマイクロウェーブをチャージしてから発射する
だから月から光が落ちてくるのは、このガンダムDXという機体にとっておかしくないことのはずだった
しかし今回、受けた光は少し違っていた
マイクロウェーブの受信操作はしてないし、なにより受けた光の量が膨大だった
そして急にガンダムDXの操縦ができなくなり、次に世界は変わっていたのだ

「戦・・・・・場・・・?」

ガロードはモニターに広がる光景を、呆然とした瞳で見つめた
そこにあるのは、もうもうと立ち昇る煙。破壊された施設たち。戦闘中のMSと、逃げ惑う人々だった

そこは紛れもなく戦場だった

==========================



900 名前:Xキャラ→種死世界 『ガンダムDX、行くぜ!』投稿日:2006/07/05(水) 20:20:10 ID:???

==========================

ザクの腕を切り落とし、ガンダムDXを視認した瞬間、
カオスガンダムパイロットのスティングは通信回線を開いた

「ガンダムがもう一機!? どういうことだ・・・・あんな機体の情報は・・・・ アウル! こっちに来い!」

自分たちが受けた命令は、ガンダムの強奪だ
しかしパイロットの乗ったガンダムを捕獲するには戦力がいる
スティングはアビスガンダムを呼ぶことにした

「ステラ・・・・!」

スティングが通信回線を閉じた瞬間、ステラのガイアがガンダムDXに向かって行くのが見えた

==========================





901 名前:Xキャラ→種死世界 『ガンダムDX、行くぜ!』投稿日:2006/07/05(水) 20:21:33 ID:???

==========================

ガシュゥン!

迫り来るガイアのビームサーベルを、DXはハイパービームソードを抜き放ち、受け止めた

「なんだよ! いきなり、おまえら! 新連邦か!?」

ガロードはスピーカーに通信を切り替え、周囲へと思いっきり叫ぶ

エスタルドにガンダムがいるなんて話は聞いたことがないから、
相手が新連邦である可能性は高いとは思う
しかしガロードはさっきから違和感を感じていた
ニュータイプ能力がどうこう、という違和感ではない。普通の人間が感じる、普通の違和感である

(まるで・・・・・)




902 名前:Xキャラ→種死世界 『ガンダムDX、行くぜ!』投稿日:2006/07/05(水) 20:23:30 ID:???







世界が変わってしまったような









903 名前:Xキャラ→種死世界 『ガンダムDX、行くぜ!』投稿日:2006/07/05(水) 20:25:12 ID:???


ガロードは胸に浮かんだ想いをあわてて打ち消した
先ほどの呼びかけにも関わらず、目前のMSは攻撃の気配を止めない

「問答無用かよ!」

ガロードはガイアガンダムをにらめつけ、覚悟を決めた


==========================




904 名前:Xキャラ→種死世界 『ガンダムDX、行くぜ!』投稿日:2006/07/05(水) 20:26:04 ID:???

==========================

ガシィィン!

ソードインパルスの合体が完了した。演習でイヤと言うほど繰り返したことだった

「また戦争がしたいのか、あんたたちは!」

インパルスガンダムパイロット、シン・アスカは戦場に降り立ちながら、叫んだ

インパルスの背からレーザー対艦刀の『エクスカリバー』を引き抜き、合体させ、構える
しかしそこで見たのは奇妙な光景だった

==========================



905 名前:Xキャラ→種死世界 『ガンダムDX、行くぜ!』投稿日:2006/07/05(水) 20:27:37 ID:???

==========================

(こいつ・・・・操縦は上手いけど、なんか慣れてない!)

ガロードはコクピットで奇妙な確信を持った。それがガイアガンダムとの戦いの感想だった

ガシュゥン!

DXのハイパービームソードと、ガイアのビームサーベルがぶつかり合う

「ソードの出力は、こっちの方が上なのに! まだ格闘戦にこだわるように見せて・・・・!」

ぐぐっと、DXがガイアのビームサーベルを押し込んでいく。瞬間、ガイアの形が変わった

ガシャン! ビュゥゥゥン!

突如犬のような形になったガイアの背から、ビームが放たれる

「ミエミエの罠なんだよ! その手のガンダムとはイヤというほどやってるからなァ!」

上空にブーストし、それを避けた。同時にバスターライフルを引き抜き、ビームを放つ

バシュン、ドゴォォン!

犬のようなガイアの右前足が、粉微塵になって砕け散る

「もういっちょッ!」

バシュン、ドゴォォン!

さらのガイアの左前足が、粉微塵になった。その衝撃でガイアは地に落ち、力ない老犬のように横たわる

しかし援軍が飛来し、犬の前に立ちふさがった
カオスガンダム、アビスガンダム
その名をガロードが知るよしもないが、ガンダムタイプに油断が禁物なのはいやというほどわかっている

「まとめて面倒見てやるよ! ガンダムDX、行くぜ!」

==========================



906 名前:Xキャラ→種死世界 『ガンダムDX、行くぜ!』投稿日:2006/07/05(水) 20:28:26 ID:???

==========================

ガイアガンダムは圧倒された。カオスに乗るスティングには、少なくともそう見えた

「持って帰るガンダムが、撃墜されちゃ意味ないだろ!」

幸い、ガイアのスラスターは破壊されてないようだ。なら空は飛べる
スティングは謎のMS、ガンダムDXを捕獲しようという考えをすぐに捨てた
そういう生半可な考えでやりあえば、自分がやられる相手だということを、
背後に横たわるガイアが雄弁に教えてくれている

その時、空から一機にMSが舞い降りた。巨大な対艦刀を手に持ち、そして、その顔は・・・・

「もう一機ガンダム・・・・!? どうなってるんだ!」

ソードインパルス。秘密裏に建造されたそれは、カオスのデータにない謎のガンダムだった

『どーすんの、スティング! あんなの予定にないぜ! ステラももう役立たずになっちまったしよ!』

アビスから、アウルの通信が飛び込んでくる。

「逃げるしかないだろ。追撃されるのを覚悟してな!」
『冗談! 相手も二機、こっちも二機! それをステラ抱えて逃げるのかよ!』
「相手の体勢が整うまでに逃げるのが得策だろう! ステラ!」

スティングが通信回線を切り替える

「ステラ、動けるな!」
『うご・・・・ける』

どこか負傷したのか、うめくようなステラの声が聞こえた

「よし、逃げるぞ!」

==========================



907 名前:Xキャラ→種死世界 『ガンダムDX、行くぜ!』投稿日:2006/07/05(水) 20:29:29 ID:???

==========================

ソードインパルスが、カオスガンダムに切りかかっていく

「敵じゃないのか?」

突如あらわれたソードインパルスにガロードは戸惑いつつも、敵を攻撃していることに少し安堵した

(敵の敵は味方、ってか?)

エスタルドにガンダムが建造されたという話はやはり聞かないが、そんなことは忘れてDXを動かす

バシュン、バシュン、

バスターライフルでけん制しながら、もう片手にあるハイパービームソードでアビスに斬りかかる

ビームソード、避けられた。相手のビーム。避ける。ライフル、放つ。
アビスが両肩の装甲でビームをガードした瞬間、
後方にいたガイアガンダムがMS形態になり、大空高く飛び上がった。中破してるため、やや不恰好だった


(逃げる・・・・・?)

ガロードがそう思ったとき、アビスが両肩の装甲を開いた。

(ヤバ・・・・・!)

なにというわけでもない。長いMS戦闘の経験が、ガロードに危機を感じさせた。同時に、飛ぶ
その直感は正しく

バショォォォォ!

いくつものビーム砲が、アビスの両肩から放たれていく
それは凄まじい威力で、後方の施設や、起動しかけのMSをいくつも破壊していった

その隙にアビスも飛び立ち、インパルスと戦っていたカオスも離脱していく



908 名前:Xキャラ→種死世界 『ガンダムDX、行くぜ!』投稿日:2006/07/05(水) 20:30:45 ID:???

「終わった・・・のか?」

深く息をつき、ガロードはつぶやいた。追撃するつもりはもちろんない、状況もわからないのだ
モニター越しに飛び立った三機のガンダムを見つめる。インパルスがそれを追い、
さらに別のMSもガンダムを追撃していく。
ガロードが傷を負わせたガイアガンダムの動きは悪く、出力が上手く出ないようで、
他の二機がそれをごまかしごまかし逃げているようだ

                    • !!

瞬間、モニターを見つめるガロードの目が大きく見開かれた

三機のガンダムを追撃するMS群の中にそれはいた
見覚えのある、一つ目のMA。カニを思わせるようなシルエット

「ゲテモノガンダム・・・・・!?」

それは、オルバ・フロストの愛機、ガンダムアシュタロンだった

MA形態のアシュタロンから放たれたビーム砲が、ふらふらのガイアを狙う
ガイアは出力不足でうまくよけられない。直撃かに見えた
しかしアビスが突如ガイアの前に出て、ビームの直撃を受ける
その隙は致命的で、アシュタロンはMS形態に変形したかと思うと、
アビスの両腕を背後からカニの腕でがっしりとつかみ、捕獲したのだった・・・・・

「君!」

呼びかける声がする
思わぬ機体の出現に呆然としていたガロードは、その呼びかけで我に返った
モニターを見ると、一人の青年が手を振っている。コクピットを開けろと手で伝えていた

「なんだ・・・・誰だよ、アンタ?」
「アス・・・・いや、アレックス、という。君、ザフトのパイロットか? さっきは危ないところを・・・・」
「ザフトって・・・・はぁ? ザフトってなんだよ」

ガロードは空を見上げ、アシュタロンを見た。アビスをしっかりと捕獲したそれは、近くの戦艦に帰っていくところだった

             つづく

==========================
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。